3代目 桂花團治襲名東京国立演芸場講演


f0050534_10210866.jpg










f0050534_10210839.jpg










f0050534_10210899.jpg











f0050534_10210936.jpg
東京襲名披露、大看板の皆様が花團治師匠の応援に駆けつけました。関西からは桂春之輔師匠、笑福亭鶴瓶師匠 桂春雨師匠それから桂治門さん、ちんどんさんの獅子座さん、そして東京からは大御所 柳亭市馬師匠。まさに東西の笑いの神様が一堂にかいした襲名披露でした


f0050534_10195613.jpg








f0050534_10195694.jpg

口上は毎度おなじみ春雨師匠の司会進行でしたが、さすが国立演芸場、厳粛な?進行でした笑
幕が上がる前は、いつもながら独特の緊張で針1本おとせないぐらい静まりかえっておりました

でも口上の間、1分間だけお客様の撮影がOKの撮影タイムがありました。多分国立演芸場初の試みだと思います


f0050534_10195637.jpg











f0050534_10195749.jpg










f0050534_10195805.jpg










f0050534_10195762.jpg


この日すべてが桂花團治師匠のために用意されました。新たなる落語の星の出かもしれません

f0050534_10195678.jpg

電子無音シャッターを、花團治師匠襲名の時に合わせて開発していただいた富士フイルムさんからも花輪が飾られていました

f0050534_10322493.jpg

会場ではX-T1で撮影した作品も展示しました(プリント提供 富士フイルムイメージングシステムズ)

f0050534_10195731.jpg
関西からもサポーターの皆さんが!


f0050534_10473546.jpg











f0050534_10473576.jpg




襲名披露のトップバッターは関西から応援の桂治門さん。目力のある落語家さんです。


f0050534_10195721.jpg






f0050534_10195714.jpg

桂春雨師匠、暑さに負けず頑張る春雨師匠。

f0050534_10362826.jpg
高座を降りた後、口上までの間に血糖値の補給?

f0050534_10210946.jpg






f0050534_10210824.jpg
いつも手の所作が素晴らしい桂春之輔師匠です。絵になる方です
この日の演目は十八番の「死ぬならいま」です


f0050534_10210885.jpg


今回は東京の大看板市馬師匠もご出演されました



f0050534_10210907.jpg

お中入り後はちんどんさん獅子座さんが明るい演技で、花團治師匠の出番を盛り上げます

f0050534_10210933.jpg












f0050534_10404043.jpg











f0050534_10210988.jpg

花團治師匠もこの日はお得意の「皿屋敷」終わって降りてきて汗だくだくです



f0050534_10214242.jpg
FUJIFILM X-T1 16mm 23mm 90mm 16~55mm 55~200mm 50~140mm 電子無音シャッター使用


大入り満員で大成功の国立演芸場公演、最後に鶴瓶師匠が「花團治師匠は来年も、国立で独演会をしますよ」と口上でおっしゃっていたのがうれしかったです。
花團治師匠はじめ大看板の師匠の皆様、スタッフサポーターの皆様どうも大変お疲れ様でした



僕も撮影終わりヘロヘロでした





by masabike | 2015-08-04 10:49 | 落語 | Comments(0)
<< 3代目桂花團治襲名披露 打ち上... 夏の旬 >>