敦賀 桂花團治襲名公演 播州皿屋敷

f0050534_11001648.jpg









f0050534_11001618.jpg








f0050534_11010211.jpg


FUJIFILM X-T1+55~200mm 電子無音シャッター使用

先日の敦賀での襲名公演、夏に合わせて花團治師匠の演じられたのが怪談話「播州皿屋敷)、怖い怪談をコミカルにするところが上方落語の面白さだと思います。この日は花團治師匠はいつも以上に熱が入っていたと見えて、途中から汗だくでした。やはり米朝師匠も何度も上がられた歴史ある高座、力が入られたのだと思います

途中で襲名の口上がありまして、左寄り桂治門さん、桂春蝶さん、桂花團治さん、そして桂春之輔師匠です

口上は、意外と厳粛と思いきや、かなりいじられます。とくに花團治さんはいろいろな人生の歴史を歩まれているので、いじられどころ突っ込みどころ満載で面白いです。8月2日、東京公演の口上がどうなりますか、大変楽しみですがご本人は怖いでしょうね(笑)




by masabike | 2015-07-29 11:08 | 落語 | Comments(0)
<< 日本刀の切れ味 敦賀寄席 桂 花團治師匠 >>