七変化・桂花團治


f0050534_14290267.jpg









f0050534_14164697.jpg









f0050534_14164622.jpg
















f0050534_14164530.jpg
f0050534_14164567.jpg










f0050534_14175550.jpg












f0050534_14155003.jpg














f0050534_14154923.jpg















f0050534_14154955.jpg













f0050534_14154921.jpg














f0050534_14154999.jpg














f0050534_14154951.jpg

FUJIFILM X-T1+55~200mm 50~140mm 電子無音シャッター使用


 桂花團治師匠の撮影で毎回苦労することがある。それは笑わないこと、というか笑えないこと。撮影が寄席でお客様にご迷惑をおかけしないために全部手持ちで撮影しております。だから笑うとぶれてしまうので笑えないです。でもときどき、高座のあがっている花團治さんと目が合うと「何とか笑わせてやろう」というのが目配せでわかります。
でも桂花團治師匠を撮影していて、毎回笑いそうになるのがお顔の表情の七変化です(人の顔を見て笑って、お前の顔はどんなもん何だといわれると面目がないですが)人間ここまで、表情が変化するのかとまいどまいど撮影の度に、見とれてしまうことがあります。その瞬間が写真家として一番危険です。なぜかって?だって見とれてシャッター押さなかったら、シャッターチャンスを逃すことになるからです

そんな七変化を演じる、桂花團治師匠の3代目桂花團治襲名披露・東京公演が8月2日に国立演芸場でございます。ぜひその変化ぶりを生でご覧ください。詳しくは下のHPリンクよりご覧ください






by masabike | 2015-07-09 14:27 | 台湾 | Comments(0)
<< 視点 龍の舞Ⅱ石鎚山山系 >>