家宝


f0050534_09351748.jpg

FUJIFILM XQ1


昨晩、桂花團治師匠の撮影から戻りました。昨年1月から師匠とお付き合いさせていただいております。今回は襲名もひと段落したので、お恥ずかしい話ですがミーハー的にサインを頂戴いたしました。それも師匠にご無理言って「蝶六さん」と「花團治さん」と両方いただきました。実は人生で芸能人のサインを頂戴するのは初めてです。もううれしくて家宝にいたします。それにしても花團治さんのサインの言葉「露草の露、身に光るものなし」良いお言葉です。肝に銘じます。意味は朝露は自ら光るのではなく、朝に光、周りからの光で照らしていただいて初めて光るもの、そのような意味合いです。そういえば写真家でも最近は変な色の光を出す人が増えて、周りから見て真に輝いている人が少ないように感じます。いつもこの色紙を見て肝に銘じたいです



by masabike | 2015-05-19 09:41 | 落語 | Comments(0)
<< 花團治師匠 コンセントレーショ... 桂 花團治師匠 襲名披露公演 ... >>