桂 花團治師匠 襲名披露公演 大阪・繁盛亭

f0050534_09091024.jpg



FUJIFILM X-T1+16~55mm


昨日、大入り満員で桂 花團治師匠の大阪・繁盛亭での襲名公演が終了しました。4月20日の池田市での船乗り込で襲名披露イベントがスタートして約1ヶ月大変お疲れ様でした。昨年の4月からしっかり密着して撮影させていただきました。

今回の襲名はいろいろなことが初めてづくしで、ある意味関西落語会での革命的な襲名でした。実は昨日と一昨日の襲名口上は一般の人も撮影がOKとなりました。通常は絶対に撮影禁止ですが、やはりあたらしい師匠の名前と顔をお客様に知っていただこうという試みでした。機能の襲名の口上は左から、桂 春雨師匠 桂 春之輔師匠 桂 花團治師匠
桂春蝶師匠 桂 小春團治師匠でしたが、口上の司会を務めていた春雨師匠が「これから数分、どうぞ皆様のカメラで花團治師匠をお撮り下さい」と数分間の撮影がOKとなりました。また襲名する噺家さんが口上の間に顔を上げてみせるというのも異例。

それ以外にも68年ぶりに行われた船乗り込、艶やかな襲名の幕、口上の間に顔を見せるそして撮影もOKと今回は初めてづくしが多かったです。でも新しい落語の時代が始まった気がしてとてもうれしく撮影していて楽しかったです。ぜひ関西の皆様、桂 花團治師匠ならびに桂 春團治師匠一門をご贔屓よろしくお願いいたします





by masabike | 2015-05-18 09:09 | 落語 | Comments(0)
<< 家宝 大阪繁盛亭 桂花團治師匠 襲名... >>