桂福團治師匠

f0050534_10313520.jpg








f0050534_10313529.jpg









f0050534_10313634.jpg







f0050534_10313513.jpg







f0050534_10313530.jpg








f0050534_10313511.jpg
f0050534_10313697.jpg








f0050534_10313650.jpg

FUJIFILM X-T1+55~200mm

桂花團治師匠の襲名披露で高座に上がられた桂福團師匠。花團治師匠の師匠・春蝶師匠の兄弟子に当たられる方です。僕はそれまで楽屋や襲名ごあいさつ回りで何度か、ご挨拶させていただきましたが、高座を拝見させていただくのは初めてでした。さきの桂 春之輔師匠が手の所作の美しで見せるのに対して、福團治師匠は背中の線と形の線で演じられる所作が美しい師匠だと、ファインダー越しに生意気にもおもってしまいました。そしてどちらの師匠もその目つきの力強さに驚かせれます。一つ一つの高座に命を懸けている。噺家生命をかけている、そんなプロ中のプロのの芸人さんの真髄を勉強させていただきました。まいどまいど花團治師匠の高座等にお邪魔して撮影させていただいておりますが、撮影ではなくこれは毎回勉強をしに行くのだと気が付きました。高座のうえは戦場です。



f0050534_10303353.jpg
ご挨拶廻りの際の福團治師匠です。やさしい雰囲気の中に時折、見せる厳しい目線が印象的でした

花團治師匠、今週も勉強させていただきに繁昌亭に伺います。どうぞよろしくお願いいたします




by masabike | 2015-05-14 10:44 | 落語 | Comments(0)
<< 富士フイルム Xシリーズ fa... 花團治師匠(蝶六時代)楽屋でのお小言 >>