桂 春之輔師匠

f0050534_08320776.jpg












f0050534_08320713.jpg









f0050534_08320742.jpg








f0050534_08320611.jpg








f0050534_08320726.jpg






f0050534_08380158.jpg


f0050534_08320737.jpg





f0050534_08320714.jpg










f0050534_08320731.jpg

FUJIFILM X-T1+50~140mm

桂花團治師匠の蝶六ファイナルの講演の、同じ桂一門の桂春之輔師匠の高座を拝見した。以前も繁昌亭で拝見したことがある。とてもダンディーな師匠で座る姿が美しい。でも今回撮影していて気が付いたのですが、扇子を持つ手の所作がとても美しいです。手の所作ですべてを表現するそんな感じに撮影していてお思いました。だもこの手の所作にしても何十年の修行の賜物だと思います。そういえば以前、楽屋で当時の蝶六師匠に「位牌をもつ手の動きが悪いと」お叱りを飛ばしていたのもうなずけました。とても見ていて美しい手の動きでした


f0050534_08332578.jpg
f0050534_08332525.jpg

でもそんは春之輔師匠も襲名公演ではお疲れみたいで、楽屋で整体マッサージを受けていました




by masabike | 2015-05-14 08:43 | 落語 | Comments(0)
<< 花團治師匠(蝶六時代)楽屋でのお小言 Kage Toyama >>