縁の下の力もち 桂 花團治襲名スタッフの皆さん 

f0050534_16035382.jpg







f0050534_16063605.jpg











f0050534_16063608.jpg

FUJIFILM X-T1 16mm 16~55mm 50~140mm


桂 花團治襲名まで師匠を多くのスタッフの皆さんがサポートしてきました。まさにチーム蝶六という感じでした。その中で一番大変で一番よく走りまわっていたのが、藤井百々さん。花團治師匠のありとあらゆる裏方のこと、PRの制作物、果ては僕の宿の手配までしていただきまさにスーパーマネージャーさんです。多分睡眠時間も削って大変だったと思います。このかたなくしては襲名披露の成功はなかったのではと思える活躍でした。お疲れさまです


f0050534_16090724.jpg




f0050534_16090701.jpg
それからこの師匠の着物にアイロンをかける男性。なんと花團治師匠の狂言のお師匠さん金久寛章さん。そんな方までお手伝いにきてくれるほど師匠の人望が厚いのかもしれません。しかも金久さんは、ぼくの花團治師匠の写真展のお手伝いまでしていただき、恐縮恐縮です。


f0050534_16090766.jpg
それから舞台裏では高座のネタ帳をつける桂 小梅さん。これも裏方さんの大事なお仕事です


f0050534_16090715.jpg





f0050534_16090783.jpg








f0050534_16190259.jpg





それから蝶六ファイナルでいろいろお手伝いに走り回る大活躍の露の紫さん。師匠が高座に上がるためにいろいろなお手伝いや出囃子の段取りなどしていました

f0050534_16063639.jpg


f0050534_16263179.jpg






f0050534_16263224.jpg







f0050534_16263283.jpg


そして最後は、高座のピツトクルーとも申しましょうか、お茶子さんの稲島桂子さん。絶妙なタイミングで、座布団を交換しに来て次の出演者の準備もします。もちろん出演者に合わせた座布団のお色も決めてくれる細かい気遣いです。今回の襲名では花團治師匠のご指名でお手伝いに来られていました。所作がとてもきれいな方です。このように高座は多くの大事なスタッフの方々が支えています。そんな方にお会いできまた撮影できたことがとてもうれしく思います


スタッフも含めてこれが寄席の文化だと思います
ANA鳥取美人物語 をご覧ください





30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-05-04 16:26 | 落語 | Comments(0)
<< 桂 花團治師匠 襲名披露 パン... 御祈願 桂 花團治師匠襲名へ >>