緊張の舞台裏 桂 蝶六師匠フィナーレ

f0050534_20543209.jpg

FUJIFILM X-T1+FUJINON16mm ISO6400 電子無音シャッター


 落語の世界はとても厳しい。常にきちんとしたご挨拶そして所作。4月25日 蝶六師匠のファイナルの高座の舞台裏。撮影する僕にもスタッフの緊張感が伝わる。シャッター音なんか絶対たてられない。いや自分の気配さえも消さなければならない。笑いの裏に存在する、厳格な世界。それがまさに日本の話芸を支え続けていると思う。

ANA鳥取美人物語 をご覧ください





30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


by masabike | 2015-04-30 20:58 | 落語 | Comments(0)
<< 蝶六師匠 最後の楽屋  カンタス航空 羽田からシドニーへ >>