桂蝶六師匠 68年ぶり船乗り込


f0050534_22385548.jpg










f0050534_22404544.jpg








f0050534_22361310.jpg









f0050534_22385506.jpg

Nikon D4S+Nikkor24~70mm ISO1600

今日は桂蝶六師匠が襲名前にお披露目もかねて、落語の街、池田の商店街を船の模型に乗り込み町を練り歩く船乗り込というお披露目行事をされたのを撮影しました。前回は68年前にあったということで、それだけ蝶六師匠の3代目 桂 花團治襲名への意気込みと、上方落語界の期待が感じられるイベントでした。

さらの今回の船乗り込の露払いをするのはちんどん通信社のちんどん屋さん。でもその口上、所作はすごくきれいでした。ちんどんというある意味伝統芸能でした


今回はAFの速さが要求される撮影でしたので,疾風AFと異名をとるNikonD4sをメインにして撮影した。カメラは重機関銃のように蝶六師匠の晴れの日を撮り続けた。その量72GB。さすがにそれだけを1にで撮るとヘロヘロでした。

でも蝶六師匠おめでとうございました。そしてお手伝いの皆様、ご参加された師匠の皆様大変お疲れ様でした。この晴れの日を撮れたのは写真家としてとてもうれしく名誉なことだと思います





ANA鳥取美人物語 をご覧ください








30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-04-20 22:50 | 落語 | Comments(0)
<< 戦闘食  山塊櫻満開図2 >>