FUJIFILM Xseries 2014ファイナルから

f0050534_17235042.jpg

昨年大みそかの記事ですが facebook FUJIFILM X seriesからの転載です。fbご覧いただけない方はこちらからどうぞ



【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「燃える朝」 北海道 オンネトー

FUJIFILM X-T1 + FUJINON XF10-24mm/4
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

今年も一年間、皆様には数々の作品をご覧いただき心より御礼申し上げます。一年間Xで撮影した作品を、「撮って出し」での素晴らしさを体験していただけたと思います。

このfacebookシリーズのタイトル「和の写心」ですが、撮影対象が和なの?と言うものもありました。これは作品のバリエーションを見ていただきたいということと、それ以外に大切なことがあります。「和の写心」とは目に見える対象のことではないということです。あるコンテストで「和」というお題で拝見したところ、お寺や竹林や鯉の写真ばかりでした。和にとって大事なことはそのような即物的なことではなく、写真の裏側に潜む、なかなか見えないコンセプトや心です。そのコンセプトの一つが「素材を生かす」です。
このシリーズで「撮って出し」にこだわるのは、日本文化の特色、素材の良さを極力そのまま生かすことです。世界中で人気の和食、特にお寿司とかはまさにその典型です。新鮮なネタとご飯だけ。素材を生かす極みです。写真もそうです。レンズを通りセンサーが捕まえた光をどれだけ、鮮度を保ちつつ作品にするのかが風景写真やストリートスナップなどのリアルフォトの極意だと思います。

今回の作品は、秋の北海道・オンネトーの夜明けです。湖の中に立ち刻々と変わる光を追い続けました。自分が動くと波紋がたつので冷えてトイレに行きたいのも我慢して撮影しました(笑) 夜明けの空気を通して見せてくれた地球のポートレイト、強烈な地球が持つエネルギーを見せてくれました。それを撮って出しで再現できるのがXです。いつかこの作品を自分の部屋に飾りたいと思います。ぜひ皆さんも自分の部屋を飾れる写真をXで狙ってみてください。
来年も皆様が楽しんでいただける写心をお見せしたいと思います。ではどうぞよい年をお迎えください。

追申
初日の出の撮影で風邪など召されないようにご自愛くださいますようお願い申し上げます。

 
Photography by Masaaki Aihara
http://fujifilm-x.com/photographers/ja/masaaki_aihara_07/


http://aiharap.exblog.jp/


by masabike | 2015-01-02 17:25 | 日本植物 | Comments(0)
<< 初撮りはNikon F(加筆) ラッキーからの新年のご挨拶 >>