朝のひととき by New FUJINON 18~135mmwith X-T1

朝のひととき by New FUJINON 18~135mmwith X-T1_f0050534_09240285.jpg
FUJIFILM X-T1+18~135mm

シドニー郊外の大きな農場を切り盛りする、ブラッカーさん。20年以上の友人。でももともとは僕の大事なクライアントさんでもあり人生のターニングポイントを作っていただいた大恩人。彼は1993~1996年までカンタス航空の日本支社長。そのとき僕の撮影の大きなスポンサーになっていただきました。そしてオーストラリアに行くと時間があれば彼の牧場にいつでも遊びに行きます

この日も朝の牧場の見回り、愛犬とともに4WDバイクで1時間ほど見て回る。それに同行して撮影させてもらった。今回初めて高倍率ズームで撮影した。今までサードパーティーの高倍率ズームを使い何度か期待を裏切られたが今度は違った。短時間で自分の撮りたいポジションで撮りたい構図が素早く決められる。5手先までイメージして撮れる。この朝も300枚ぐらい撮影した。18~135mmはフォトグラファーにとって便利でもあり、どんどんとれるのどこまで自分の集中力と体力が持つか我慢比べのレンズだ

















by masabike | 2014-06-26 09:30 | シドニー | Comments(0)
<< 過酷なテスト in Tasmania 7月のスライドトークショウが追... >>