日本橋 はし本

日本橋 はし本_f0050534_07405125.jpg





















日本橋 はし本_f0050534_07405124.jpg



















日本橋 はし本_f0050534_07390711.jpg





















日本橋 はし本_f0050534_07390721.jpg

















日本橋 はし本_f0050534_07390708.jpg























日本橋 はし本_f0050534_07390746.jpg



























日本橋 はし本_f0050534_07390758.jpg
























日本橋 はし本_f0050534_07390771.jpg



















日本橋 はし本_f0050534_07390773.jpg























日本橋 はし本_f0050534_07390876.jpg




















日本橋 はし本_f0050534_07390868.jpg



















日本橋 はし本_f0050534_07411685.jpg




















日本橋 はし本_f0050534_07411658.jpg




















日本橋 はし本_f0050534_07411621.jpg





















日本橋 はし本_f0050534_07411662.jpg

オーストラリアから帰国して以来、バタバタしていて奥様とゆっくりご飯ができなかったのですが、昨晩は彼女からのスペシャルな誕生日プレゼントをいただきました。「日本橋・はし本」という会席料理のお店で夕飯をいただきました。誕生日ということで、鶴の器でお刺身をいただきました。またお赤飯も出していただきました。2時間の夕餉、とても楽しく美味しく良い誕生日の思い出(2日遅れでしたが)となりました










日本橋 はし本_f0050534_07390736.jpg

こちらのお店の大将・橋本さん。有名日本料理店で23年修行されてお店を持たれたそうです。お料理ももちろんおいしいのですが、その料理を作られる時の所作がとても美しく力強いので見とれてしまいました。まさに23年の修行の験算だと思います。そして今撮影させていただいている、噺家の桂 蝶六さんも30年の修行中だと、それでもまだ自分の芸はペイペイだとおっしゃっていました。その道を究めるということは大変です。でも写真業界はどうでしょうか?ちょっとブログやSNSでコメントがおもしろいから、単に見た目の色が面白いということで、単に珍しいというだけで先生と言われる写真家になっている方が多すぎるのではないのでしょうか?本当に基礎があるのでしょうか?きちんとしたプリントで個展をしてお客様やキュレーターをうならせることができるのでしぉゆか?何年も見られた方の心に残る作品なのでしょうか?何かテレビのバラエティーに出てくる「一発芸」の身内ネタをいうだけのタレントさんというよりも芸NO人(芸がないのであえて芸人さんとは言いません。)と同じにしか僕には見えません。心から表現した写心で、お客様の心に残る写心を撮るのが僕たちの使命だと思います。来年でやっとフリーの写真家になり20年。まだまだ修行と経験と進化が必要だと、昨日のおいしいお料理をかみしめながら考えました。












by masabike | 2014-06-23 07:58 | Comments(0)
<< やっぱりバースディケーキ 渋谷でロシア料理 >>