FUJIFILM X20

f0050534_14481466.jpg














f0050534_14482537.jpg













f0050534_14483853.jpg













f0050534_14485069.jpg

















f0050534_1449636.jpg















f0050534_14491883.jpg














f0050534_14493150.jpg

















f0050534_14501884.jpg















f0050534_14503181.jpg














f0050534_14504410.jpg
















f0050534_14505734.jpg


FUJIFILM X20

最近はまっているのがFUJIFILM さんのX20。軽い気持ちでお借りして使ってみたら、あらビックリ。本当にビックリでス。時と場合によってはフィルムの中判カメラの存在すら脅かすのではないかと思えるぐらいに威力を発揮します。そのインプレッションを一言でいうと撮るなら”いまでしょ”」

使うとき、場所、場面を選ばずかなりの範囲思い通りになるズーム、思い通りの色になるXトランスファー+RAWデーター、そして小型なボディー。写真を撮る時のすべてのしがらみをこのカメラは取り払ってくれる。
もちろん中判フィルムやデジタル機とのコンビや、D800や5Dなどのサブ機としても充分いける、というか充分以上。そして一番心配なのはこんなに小型高性能で、よい色でたら富士フイルムさんのフイルム部門を一番締め付けてしまうのではと、とても心配です。小さな巨人X20お試しください

ニューオータニ 大阪で写真ワークショップ行います。ぜひGWご参加ください


旅写真の極意をお披露目したいと思います。ぜひ関西方面の方お越しください。最新の撮り下ろしのタスマニア、シベリアの作品もお見せします
詳細は下記をご参照ください


一眼レフカメラ等の撮影に伴う機材は無料でお貸出しいたします。

貸出機種はNikon D600+レンズ 富士フイルムX-Pro1、X-E1 +18~55mmズームの予定

僕が使い倒した機材ではないのでご安心ください

■開催日時
  2013年5月3日(金・祝)〜5日(3日間毎日、合計6回行います)
  一部 : 10:30 〜 12:00
  二部 : 15:00 〜 16:30

■料金
  一般 ¥6,000
  宿泊者優待¥3,000
  ※セミナー、SDカード、私によるポートレート撮影、スーパースイーツ&コーヒー、税金・サービス料共

■協賛
  株式会社 ニコンイメージングジャパン
  富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

■お申し込み・お問い合せ
  ホテルニューオータニ 大阪
  イベント係/10:00〜19:00
  TEL.0570-00-2345

ホテルニューオータニ 大阪 イベント情報ページ


皆様のご参加をお待ちしております。




Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました



昨年11月下旬 35000人のなかより選ばれた3名の超ラッキーな方と行ったNikon オーストラリア・タスマニアツアーの模様が、ニコンさんのHPにUPされました。ぜひぜひご覧ください。



X100S日本語サイト


X100S Global English



X100Sの詳しいことはこちらへ

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください


富士フイルムさんのXシリーズで撮影した作品を集めた、X Photograpaher,sに僕の作品が更に追加となり、X-Pro1冬編X-Pro1春&夏編
by masabike | 2013-04-30 14:58 | カメラ | Comments(2)
Commented by endomameo at 2013-04-30 21:11
X20でここまで撮れるのですか!!
僕もX10を使っていますが....流石でございます。
大阪行きたいな...でも休めないだろうな...
Commented by masabike at 2013-05-03 09:53
endomameoさんへ
X20はセンサーが小さいだけで、写りはデジイチとほぼ同じです
<< 銀座ギャラリーアートグラフ展 ... 音さえも逃げられない静寂 >>