秋田男子 写真家 斉藤大悟さん

f0050534_18391887.jpg

FUJIFILM X100S


今回撮影行脚の最後にお会いしたのが、このいかにも秋田の硬派と感じる斉藤大悟さん。秋田の鳥海山の麓に住む彼は、地元の風景を追い求めています。一見イケメンでスが、なかなかどうしてびしっと筋の通った硬派の写真家です。下手なプロカメラマンより哲学を持っています。Nikon F6を握る彼の手にもその力強さが現れています。いつの日か21世紀の土門拳になってくれると思います。彼と会ったのは数年前の仙台フジフォトサロンの僕の写真展のときでした。それ以来お付き合いさせていただいております。今回は彼の写真展に2度お誘いいただいたものの、都合がつかずお伺いできなかったので、象潟をとおったのでお詫びとお話をしたかったのでお会いしました。

彼は前日3月3日、秋田で野町和嘉さんの写真展を拝見してとても興奮していました。やはり素晴らしい写真展はひとをものすごい興奮させています。秋田のお蕎麦屋さんで新聞を見たのですが、ほとんど野町さんの写真展の紹介は載っておらず、逆にタレントのK嬢の絵画展ばかり紹介されていました。マスコミも野町さんという、日本が世界に誇るドキュメンタリー写真家よりもタレントさんの絵画展の紹介ばかりと言うのがとても悲しいのと、日本のアートの認識度ってこんなもの?と言う悲しさを旅の最後に実感しました


f0050534_1850171.jpg











f0050534_18503050.jpg


FUJIFILM x100S


撮影旅行が長引くとジャンクフードが多くなりますがそんな時、解消方法はそばが一番よいです。昨日のおそば歯ごたえよかったです


昨年11月下旬 35000人のなかより選ばれた3名の超ラッキーな方と行ったNikon オーストラリア・タスマニアツアーの模様が、ニコンさんのHPにUPされました。ぜひぜひご覧ください。



X100Sの詳しいことはこちらへ

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




応援クリックお願いいたします!






X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください




富士フイルムさんのXシリーズで撮影した作品を集めた、X Photograpaher,sに僕の作品が更に追加となり、X-Pro1冬編X-Pro1春&夏編
by masabike | 2013-03-04 18:51 | 写真アート | Comments(0)
<< 厳冬の夕暮れ 倭国山海図 >>