文京区 白山神社 紫陽花

f0050534_2154917.jpg














f0050534_21515732.jpg














f0050534_2152105.jpg














f0050534_21522076.jpg














f0050534_21522963.jpg














f0050534_21523853.jpg















f0050534_21524768.jpg














f0050534_2153383.jpg













f0050534_2153248.jpg













f0050534_21533420.jpg














f0050534_21534256.jpg














f0050534_21535563.jpg














f0050534_21542240.jpg














f0050534_21543173.jpg














f0050534_21544029.jpg














f0050534_21545147.jpg















f0050534_772228.jpg




Nikon D800E Nikkor24~70mm 60mm Macro


今日、小中学校のときの地元白山で、白山神社紫陽花を撮影して来ました。明日から四国に撮影に行くのでD800Eの慣熟撮影テストです。あっという間に16ギガ撮影してしまいました。まさに重機関砲のような撮影でした


この3日間テスト撮影してはっきりしたことがいくつかありますが、一言D800Eとはどんなカメラと聞かれたら「異次元の性能」か「35mmのカメラに4X5のフィルムを搭載したカメラ」という感じでした
そこで次のようなことが解りました
1)しっかりしたフレーミング、ピントあわせ、そして手振れしないためのホールド、出来れば三脚使用とというか三脚使用が大前提。しかもしっかりした外国製三脚(友達のコマーシャル、雑誌、報道のフォトグラファーで残念ながら国産の三脚はいないです)

2)ナノクリスタルコーティングレンズとの組み合わせが3600万画素を引き出します。最低でもEDレンズ。失礼な言い方かもしれませんがレンズメーカーさんのレンズでは無理です

3)64ビット メモリー10G以上のPCまたは最新のインテルプロセッサー

そして何よりもこのカメラは完全にお仕事のためのカメラ、お金を稼ぐためのカメラであるということ。もしくは大型の写真展や精密な美術品や考古学などの資料の複写のためのカメラであるということ
見栄やスペックだけで惑わされて買うととんでもないです。ドライブするのにWRCのマシンやF1を買うようなものです

さらに付け加えているなら、今後このカメラカもしくはこれと同等のカメラを持っていることがプロフェッショナルフォトグラファーの必須条件になるかもしれません

そして1~3で言ったようにトータルのシステムが必要。つまりハイスペックな、エンジンのバイクや車を買っても、サスペンション、タイヤ、ブレーキシステムそしてテクニックがないとその1%も引き出せない、そんな怪物カメラです。これを使いこなすには自分としてもかなり練習が必要ですし、撮る時に落ち着いてセッティングが必要です

まさに狼の皮をかぶった虎です。Nikonさんの本気とテクノロジーを思い知りました

応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ





X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-10 22:09 | TOKYO下町 | Comments(0)
<< 喜多方屋  5月の八甲田 >>