暗夜行路 2

f0050534_1024312.jpg














f0050534_10244125.jpg














f0050534_10245447.jpg














f0050534_1025844.jpg














f0050534_10252197.jpg


Nikon D700 Nikkor50mm ISO3200

 夢の中から出てきた列車が、夢の彼方に走り去っていく。そんなイメージを心に持ち去り行くテールライトを見つめました。鉄道写真は奥が深いです、あるときは風景写真的で。あるときはドキュメンタリー的で、あるときは現代アート風で、そして一番大事な部分はその時代の記録。でもこれはほとんどの写真にいえることで、大学のとき写真は何かを読売新聞写真部長の福島先生から習ったとき「いかなる写真も時が経てば、その時代の大事な記録になる、この記録性が絵画と写真の大きな違いかもしれない」と教えていただきました


数千年、数万年、数億年後の地球のどこかから奇跡的に自分の作品のDVDか何かが発見され、昔の地球はこうだったのかと話題になったらそれはものすごいエキサイティングなことで、風景を撮るときいつも「10億年後の子供たちのために地球は変わらず美しいよ」という思いをこめて撮影しています


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-16 10:32 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< 盛夏 バースディパーティー >>