銀座 三州屋

f0050534_18555057.jpg








f0050534_1856289.jpg










f0050534_18561226.jpg


FUJIFILM X100

 13日の金曜日どう過そうかなと、青森の吹雪の中で考えていると大学時代の写真研究会の後輩N君から「新年会いかがですか?」というお誘いがあったので「じゃ!13日の金曜日」ということで宴会パワーで悪魔を追い払おうと考えました(でもよくよく考えたらクリスチャンではないので関係ないのですが。以前オーストラリアのモーテルで44号室に当たり、不吉だから替えてくれというと、満室なので無理といわれました。その翌日レンタカーのランドクルーザーの前輪が走行中に外れるというアクシデントに見舞われました。あながち不吉なナンバーというのはうそではないと思います)

そこで宴会先に選んだのが、銀座1丁目にある居酒屋さん三州屋。正しい日本の居酒屋さんという感じで、銀座1丁目と新橋にあります。広告代理店の創芸(いまはDGコミュニケーションという難しい名前の会社に変わってしまいました)の営業マン時代、年に何回か社長との昼食会というのが各課持ち回りで当たります。営業報告や今後の展望を社長とお話しながらお昼ご飯を食べるときにこの三州屋さんでした。ちなみにお昼のチョイスが3つあり、1が帝国ホテルのラウンジでお食事、2が銀座アスターのVIPルーム、3が三州屋さんで、食べ盛りの20代のころ「どうか帝国ホテルのラウンジのバイキングに当たりますように」とおねがいしていました


今回はシメサバ、マグロ、酒蒸し、エビフライ、肉じゃがなどなど伝統居酒屋料理でした。大学時代のN君と大学時代の話や写真の話で盛り上がり久しぶりに昔の写真小僧に戻りました。ちなみに大学のうちのクラブの名前は「日本大学法学部写真研究会」通称「写研」でしたが別名「酒研」とも言われ飲み会が多く、先輩に注がれたら一気で飲まなければならないし、「もう飲めません」なんていったら「役者や野~~」といわれ地獄が待っます。警察のご厄介になった先輩や同期もいます(汗)だから後輩と楽しく飲み会なんて言うのは卒業してからです。ちなみに何十年も続くクラブですが、写研OBで写真家になったのは、知る限りでは僕を含めて3人しかいないです。

ちなみに部室の、現像液、定着液、フィルムを入れる大型冷蔵庫にはいつもビールと日本酒がたんまり入っていて、部室に行くのが1~2年生のころは怖かったです


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-15 19:14 | 美味しい食べ物 | Comments(3)
Commented by Waju at 2012-01-16 08:52 x
お帰りなさい。Nさんってどなたでしょうか??相原さんの後輩は私の先輩、うーん最近思い出すのに時間が掛かります。三州屋、酒研、懐かしい言葉の数々。
Commented by masabike at 2012-01-17 08:27
wajuさんへ
Nさんは、野田君です
Commented by Waju at 2012-01-17 12:55 x
すいません、うちに帰って思いだしました。先輩、すいません。
馬鹿な後輩と笑ってやってください。
<< バースディパーティー 月の滴 十和田湖 >>