旅のベッド

f0050534_1032614.jpg


FUJIFILM X100

家にいるときは、いつも布団で寝ています。でも旅に行くとキャンプで寝袋かホテルでベッドになります。でも実はこのベッドが曲者で、いつも布団やキャンプで硬いところで寝ているので、僕はベッドで寝るのがとても苦手で、ベットが合わなくて熟睡できず、床に毛布や寝袋をひいて寝たホテルもあります

子供のころ、友達の家に行くと、ある日ベッドがありました。思わずすげー!かっこいい!!でした。そのころ我が家は両親とせんべい布団で川の字で寝ていました。うちのお母様に「お母様!XXXちゃんのうちもベッドになったので僕もベッドで寝たい!」というとお母様が「あんたは日本人なのでベッドでいいの!」とおっしゃられましたが「でもXXXちゃんも日本人だよ」というと「本当はXXXちゃんは外人なのよ、お家の人みんな背が高いでしょ」と言われて思わず納得した過去がありました

そんなわけでベッドは苦手です。でもいろいろなホテルに仕事で泊まると「食事が売りです」「サービスが売りです」「4星、5星です」「眺望がすばらしい」などなどいろいろありますが!個人的に考えるにはホテルで一番大事なことはしっかり眠れること、特に僕らの仕事みたいに体力勝負&集中力勝負の仕事は睡眠が仕事の成否を分けます。また1年の半分は旅の空の下ですのでなおさらです。だからしっかりした睡眠が取れるホテルが一番よいです。しかもホテルの一番基本は宿泊所です。だから快眠が売りが一番評価できるとお思います。先々週も、お仕事で東京のホテルニューオータニさんに泊めていただきました

もちろんニューオータニさん、お食事サービス眺望などなど東京の御三家ホテルなのですばらしいですが、ここが人生のホテルで一番好きな理由はベッドです。以前にもブログに書きましたが人生でこれほど快眠できるベットを備えたホテルを今まで経験したことはありません。身体にすいつくように
、夢の世界の一番奥までつれて行ってくれる素敵なベット、まさにドリームベッドです

いい睡眠をするために選ぶホテルの基準があってもよいとお思います。今回も山陰神戸でホテル泊まりましたが。ベッドは悪くは無かったでしたがニューオータニさんのドリームベッドにはかないませんでした


写真のベッドは記事と関係がありません。ただじぶんで寝返りを打ったベッドです(笑)

ドリームベッド応援クリックお願いいたします

by masabike | 2011-09-21 10:20 | | Comments(0)
<< タスマニアの夜空 足立美術館 >>