北海道の風景とグルメの穴場 鹿追町

f0050534_11541396.jpg



FUJIFILM X100


昨日は北海道 最終日、それにふさわしくビッグドライブの1日でした。朝3時浜頓別で撮影開始。4時半に浜頓別をでて、音威子府、名寄、士別経由で士別から高速に乗り、上川へ。そして層雲峡、糠平、然別湖を通り鹿追へ。途中シカがたくさん出てきて、シカ刺しが食べたくなりました夜明けの北海道の道は、かわいいバンビも出てきて自分を見ているみたいでした。

今回鹿追町には町役場にご挨拶させていただくために立ち寄りました。毎日うちのブログで鹿追町のフォトコンテストにリンクを張っているので、そのためにご挨拶です。鹿追町は富良野や知床ほど撮影地としてまだ荒らされていません。誰もとっていないポイントもたくさんありますし、おおらかな十勝人の十勝スマイルがあふれているのでスナップにも最適です。そして食材の宝庫十勝ですので、グルメ写真にも最適です。皆さんぜひぜひ鹿追フォトコン応募してください。優勝賞金は30万円。ちょうどX100を買ってタスマニアに行く航空券を買ってもおつりが来ます。頑張ってください


というわけで鹿追フォトコンのスタッフ、十勝イケメンおじさん4人組紹介いたします。一番右から観光協会の山岸さん、北海道最強のフォトグラファー戸張さん、鹿追町役場の宇井さん、Webデザイン担当の釣り師の田畑さんです

十勝の人は大地のようにおおらかです。そのおおらかさを撮りにぜひお越しください。そしてなんと山岸さんはこんなこともしています






f0050534_1155418.jpg









f0050534_11552657.jpg




鹿追で地元産の食材を使いおしゃれなレストラン、カントリーパパをやっています。僕は地元産の豚とチーズの、スペシャルカツレツ頼みました。とろけるチーズとコクのある豚肉が口の中でコラボして、おもわずもう1人前くださいと言いたいぐらいのおいしさです。あまりのおいしさで、写真2枚UPいたします。バイクライダーにも人気があるみたいでかなりのバイクが来ていました。しかも山岸さんは鹿追観光協会のボス、食べたついでにフォトコン狙いの穴場の撮影ポイント教えてくださいと頼んでみてください(笑) あと釣りのポイントもよく知っているとのこと、今度うちの奥様に釣りを手ほどきしてもらおうかな・・・・。

ちなみに鹿追出てから日勝峠、日高と経由して苫小牧に16時過ぎにつきました。トータル600キロのドライブでした 


追伸
 うまいもん食いやがってとお怒りの方、前の日の夕御飯がこんな感じでしたので、ご勘弁を

f0050534_11563890.jpg


浜頓別のキャンプ場でのスペシャルディナーです。ノンアルコールビール、シーチキン、サンマ缶詰、卵焼きです
by masabike | 2011-07-29 11:57 | 美味しい食べ物 | Comments(0)
<< 富良野盛夏 函館カラー ニセコカメラさん ... >>