定石の風景 富良野北海道

f0050534_8122164.jpg







f0050534_8124697.jpg


Nikon D700 Nikkor 28~70mm

富良野の丘に行くと、だれもが前田真三さんのレジエンドにとりつかれてしまう。心を決めていった僕もとりつかれ気味になってしまった。でも彼の世界を追いかけても、自分の世界の作品とすることは難しい。でも丘の反対を覗くと



f0050534_8153099.jpg







f0050534_8154521.jpg


反対側には自分の期待した世界があった。そして多くの丘のフォトグラファー帰ったあと、自分の心の世界があった。写真は写心。多くの日本の風景写真家が他人写心家になってしまっている気がする。他人の心の中の風景を追い求めても仕方がないと思う。

GF670秋田ワークショップ申し込み受付中です
お待ちしています。秋田美人の皆さん是非来てくださいね!!元秋田美人でもOKです(笑)


6月3日より6月16日まで福岡富士フイルムフォトサロンにて個展Short Black &Flat white開催。
冨士フイルムフォトサロン福岡HP



心の風景応援クリックお願いいたします


by masabike | 2011-06-12 08:20 | 日本植物 | Comments(2)
Commented by yah-_-yah at 2011-06-12 12:57
とても考えさせられた言葉です。
「他人写真家」とならないように心がけたいと思います。
Commented by masabike at 2011-06-12 19:02
yah-yahさんへ
自分流が大事です。でも自己流にならないことも大事です
<< 夜は娼婦 朝は天使な風景 夏の光 タスマニア by GF... >>