イメージ

イメージ_f0050534_1331099.jpg


PENTAX 645NⅡ FUJIFILM Provia100F

先週オーストラリアから帰国して、久しぶりで我が家の布団ですがすがしい朝を迎えると、奥様のご機嫌が悪い。また寝返りで、間違って顔面を殴ったのかなと思い聞くと「昨晩夢で、ブチ切れてシロクマさんを怒鳴った(我が家では奥さまは僕をシロクマさんとよびます)「え~~なんでと聞くと」
なんでも夢の中で、二人で古美術の展覧会に行き、僕が古美術を触っていて、しかも片手だったので何度も落としそうになり、彼女は「高いものだし、貴重なものなのでなんで、どうして両手で持たないの!!どうして指の先まで神経張り巡らさないの!撮影の時みたいに繊細になれないの!!!!なんで雑なの!!」とブチ切れてどなったそうです。夢の中とはいえいつも個人的には繊細でナイーブなつもりなのですが・・・。

普段は80%ぐらいしか神経使っていませんがでも撮影のときは300%ぐらい神経使っています。

よく写真展で店番していると、お客様から「撮影者ご本人は、今日はおいでですか?」と聞かれるので「本人です」というと8割の人が「え??」という反応の後「もっとか細くて繊細そうな人かと思った」とか「もっと物静かそうでロマンチストぽい人かと思った」といわれます。本人は十分繊細だと思っているし、か細くはなくてもジョージクルーニーかブラピ似だと自覚しているのですが(汗)なかなか周りはそう思ってはくれません

でもやはり世の中同じような、悩みを持っている人がいます。奈良の巨大写真家NATUREAさんもその一人で、多くのヒトが会うと「もっと繊細な感じのヒトかと思った」とコメントするらしいです。僕は最初お会いしたとき「お~~やっぱり作品と同じ繊細でかつ心の大きそうなハンサムな人だと」本当に!本当に!心の奥底から思いました(汗)

でも細かい神経、繊細な感覚、微妙な自然からのシグナルを捕まえるアンテナが作品作りには欠かせません。2003年、タスマニアで初めて写真展を開催するためのプレゼンテ-ションがありました。相手はThe Wilderness Galleryのキュレーターのパットサビーネ氏。
彼女は元オーストラリアナショナルアートギャラリーのキユレーターで売れっ子でした。この日は人生のターニングポイントになるかもしれないプレゼンで緊張していました。約100点以上の作品のブックを持っていきました。1点1点細かく見、かついろいろなアートの質問がありました。特に日本のアート(写真も含め)についての自分の感覚を詳しく聞かれました

プレゼンが2時間過ぎたころ、今日ブログにUPした作品で、彼女の目が留まりました。2メートル四方の小さな水たまりに凍った岩がある写真です。撮影場所はタスマニア州クレイドルマウンテン、世界遺産の山です。水たまりの前には巨大なクレイドルマウンテンがそびえています。世界中からこの山を撮影に来るフォトグラファーがいます。そして何万人のクライマーがいます。でも僕はその足元にある小さな水たまりにこの日目が留まりました。目の前にそびえる山塊よりも小さな水たまりが僕を呼んでいました「マサさん、1000人のフォトグラファーがあなたと同じ日にクレイドルマウンテンに行ったとしたら999人は、この水たまりを無視するか、気づかずに通り過ぎるでしょう。そしてたった一人だけは気づき作品にするでしょう。たぶんあなたは自然と話、そして繊細にモチーフを見ていたと思います。その独自性と繊細さが気に入りました。The Wilderness Galleryはあなたの写真展を開催することを決定します。そしてタイトルはTalking to Spirit of The Land。」その時は天にも昇る気持ちだった。そしてプレゼンはその後さらに2時間続いた。

こまかい視点、繊細な視点、そしてじっくり見る視点が作品を作りあげることを改めてこのとき確認した。

そう話は元に戻ります。普段から何をしていても撮影したら面白いかな?いいモチーフかなと最大の神経を繊細に働かせています。その反面、生活に支障がないこと忘れ物や、お醤油のビンをひっくり返す、車のバンパーをぶつけるなどが多いですが・・・。まあ、つまり「能あるシロクマは爪を隠す」ということで(汗) え?能ある奴はそんなこと言わない?ごもっともで。そろそろおあとがよろしいようで今日のブログはお終いです


おしらせ おかげさまで6月11日GF670W
セミナーは満席のため締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました


6月3日より6月16日まで福岡富士フイルムフォトサロンにて個展Short Black &Flat white開催。
冨士フイルムフォトサロン福岡HP

福岡スライドトークショウのご案内



タスマニア応援クリックお願いいたします


by masabike | 2011-05-22 14:05 | 写真アート | Comments(2)
Commented by goto yumiko at 2011-05-22 14:56 x
いい話です。視点が己の作品をもっともっと高めてくれます。
真摯な想いrespectしております。

へ〜シロクマちゃんだあ
Commented by masabike at 2011-05-23 11:08
gotoさんへ
今度からそうお呼びください(笑い)
<< 日本は広い 北海道 メルボルン一グルメなおじさん >>