旅の宿

f0050534_8264924.jpg






f0050534_827314.jpg








f0050534_8271252.jpg








f0050534_8272342.jpg

Nikkon D700  Nikkor50mm

成田空港から第二次大戦のドイツ機甲師団並みの電撃で、盛岡経由で青森十和田市に来ました。今年4月、アイスラド火山噴火の影響でオランダから帰国できず、トークショウをドタキャンした奥山写真展さんでのワークショップの開催のためです。でも今回も成田到着時に台風が来ていて、再度キャンセルかと思いましたが無事開催できました。現地の皆さんに「成田からわざわざ来ていただき大変ですね!」と言われましたが、東京から700キロたいした距離ではないです

奥山写真展、現地では老舗の写真店です。お店のカメラのコレクションもすごいです!1ライカも売っています。そしていまお店を切り盛りしている若旦那は東京の某有名スタジオでチーフカメラマンを勤めた方なので、婚礼も家族ポートレイトもすばらしくアーテイスティックに撮ってくれます。今回のGF670セミナーお客様には大変楽しんでいただきホッとしました。
終了後お宿を手配していただいていまして、地元蔦沼にある蔦温泉旅館。しかもお部屋が、な!な!なんとあの吉田拓郎があの名曲「旅の宿」を作った部屋でした。部屋には作詞の岡本おさみさんの色紙もあります。

窓辺に腰掛けていると、浴衣の美女がススキのかんざしをして現れそうです。そして熱燗をお一ついかがなんてお酌してくれそうなのですが、ここに男3人で泊まりました。悲劇です。


f0050534_8273499.jpg







f0050534_8274578.jpg








f0050534_8275891.jpg


Nikon D700
でもその分のお食事はゴウジャスでした。そして地元の地酒がすばらしくぐいぐい行ってしまいました。翌日は朝から二日酔いもせずに蔦沼撮影しました


ちなみに十和田市にはすばらしい十和田市現代美術館があり、今写真家の細川剛さんの写真展開催しています。すばらしい写真展です。ぜひお出かけください

旅の宿応援クリックお願いいたします


by masabike | 2010-09-29 08:42 | | Comments(2)
Commented by bon_bom at 2010-09-29 17:40
ご無沙汰しております。
蔦温泉、もう一度行きたくて行きたくて仕方のない温泉宿です。
もちろん、旅のお供はイタリアのじゃじゃ馬でございます^^
Commented by masabike at 2010-10-02 07:38
bom_bomさんへ
浴衣でここで1杯やってくださいね
<< インド洋夜明け PENTAX K-5 撮りおろし >>