バガー!!アウトバックの洗礼

f0050534_8265665.jpg








f0050534_8271318.jpg










f0050534_8273447.jpg











f0050534_8275173.jpg


レークエアー空撮のあとは地上戦。ウードナダッタトラックから60キロわき道を入る。11年前にもここに行ったが超極悪路。車が分解してしまいそうなぐらいのでこぼこ道。入り口には「ここはロードサービス、レインジャーの救助ができないエリアです。自己責任で入ってください」とあります。ランクルには緊急用の無線がついていますが、無線があっても助けを呼んでもすぐ来るわけでもないし、誰かが無線を利いていなかったらアウトです。入り口でエンジン、サスペンション、そしてタイヤを再チェック。すると4本のうち2本のタイヤが砂漠の熱と高速移動でタイヤ疲労が激しくクラックが沢山入っている。大丈夫かなと思いながら、不安を抱えて出発。2キロ行ったところで考え直して戻ることにした。不安を抱えて撮影しても、撮影に集中できない。また水のあるシーンは岸からは撮影できないので11年前と同じなので、勇気を持って帰ることにする。次回来たらもっといいのをレークエアーは撮らせてくれるだろう。大地の神様次回は願いいたします

メインルートに戻り100キロ南下して最初に夕日を撮影した脇道に入る。ここはそんなにロードコンディションが悪くないので(それでも日本のじゃり道よりひどいです)撮影に入る。再度夕日と朝陽を狙う。10キロほど走ったとき、車のフロントの左が急に下がった。頭の中が白くなる。パンク!急激なエアー低下、普通のパンクじゃない。車をゆっくり止めて路肩に寄せると、本当にタイヤがフラットになっている。まさにさっき不安を持ったタイヤ。もう「バガー(オージー英語で、やられたよー!みたいな意味です)」砂の中に隠れていた岩がヒットしたみたいだ

もしさっきの極悪路の奥でこうなったらやばいです。タイヤが思いっきり沈んでいるのでまずジャッキがかむのか(車高が低くなりすぎてジャッキガ入らない)それとしたが砂なので車体が持ち上がるのかな?と言う大不安。心臓バクバクでタイヤ交換。45度の熱さと100匹ぐらいのハエがたかる中でのタイヤ交換作業。もう涙涙です。やっと交換して近くのマーリーまで15キロを慎重に戻る。スペアータイヤはもうないので

ロードハウスについてパンク修理を頼む。金曜日の夕方なのでだめかな・修理は月曜日かなと思ったら、店の親父曰く「明日の朝一にはOKだよ」との嬉しいお言葉。本当に戻る大切さを感じました




f0050534_8281299.jpg







f0050534_8282739.jpg


ホッとした瞬間おなかがぺこぺこ昨日の夕方缶詰とパンとバーボンの夕飯を食べてから何も食べていないので久しぶりにまともなものを食べようと思いました。この日はマーリーで撮影と美味しい夕飯が取れましたが翌朝・・・。






f0050534_8283975.jpg



ロードハウスの親父さんが「石がタイヤのサイドを裂いてパンクしたので修理は無理だね、あたらしいの買う会?在庫あるよでも400ドル(32000円)だよ」といわれた。「400ドルか・・。あとは砂利道もアデレードまでほとんどないし・・・、「10分、時間をくれない少し考える」と答えた。「10分後僕はクレジットカードを握り締めていたこの選択があとで大正解でした。まさにアウトバックトラブルのバーゲンセール会場

(この旅は2009年11月1日~13日までのものです)

撮影協力
南オーストラリア州政府観光局


カンタス航空

オーストラリア政府観光局オージー王子キャンペーン王子を撮って100万円相当の旅行をゲット!
写真ブロガー必見必エントリー







アウトバックの旅応援クリックお願いします

by masabike | 2009-12-25 08:56 | アウトバック | Comments(5)
Commented by sorasuki at 2009-12-25 13:38 x
こんにちは。以前電話でお世話になった冨山の者です。

今日の記事、結構前の話かと思ってましたが、最近なのですね。
凄い所だなと感心しています。
その後どうなったのか、気になってしまいます。
Commented by widow-motokichi at 2009-12-25 20:16
またの名をここいろです。
今日Mother Earth届きました!
本当に美しくっていちいちポーズで見なくてはなりません!
音楽も素敵ですね!
ウォン・ウィンツァンさんは2枚持ってますけど
カリンバとvoiceのIkukoさんがすばらしくて、
これは音を止めて画像だけじっくり止めて観るのと
音楽だけ聴くのと
両方をゆったり楽しむのと3通りありだな。。。と思いました^^☆”
美しいもの大好き!万歳!でございます\(。^▽^。)/。

相原さんの自然に対する畏敬の念が
またこの作品を気持ちいいものにさせてくれていると感じました。

またこれらの写真の多くが ↑ こういう撮影条件の中で生まれていることに
感慨深いものを感じます。
引き返す勇気。大切ですよね。
これも自然を前にした謙虚さですね☆”
Good Luck!
Commented by masabike at 2009-12-27 09:31
sorasukiさんへ
恐ろしいとこです。今は生きているのでOKです
Commented by masabike at 2009-12-27 09:31
widowさんへ
本当に自然は怖いです。怖くなくなったときが一番危ないです。
Commented at 2009-12-28 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 来年はスライドトークショウオン... クリスマスはオイスター >>