南の島に雪が降る

f0050534_1337929.jpg


f0050534_13372781.jpg


f0050534_13374191.jpg


夕方から降り出した雪は一晩シンシンと降り、朝起きたら一面の銀世界。「ラッキー!!」と叫びたくなった。でもよく考えたら今は11月(昨年撮影した分です)
南半球は真夏です。当然タスマニアも真夏ですが、ここは南緯42度。ローリングフォーティー(南緯40度)の南極の暴風雨圏に入っています。

だから風が南極から吹くと、いきなり真夏から真冬になります。逆に真冬でもたまにオーストラリア本土の砂漠から熱風が吹くと夏みたいになります。デモすから本当にここでは一日に四季があります。いつももって行く衣類はTシャツ短パンとマイナス40度対応の特製防寒着。テントで朝起きて、今日の季節は春かな、夏かな、冬かなと考えてしまいます。

でも寒いけど僕が一番好きなのは冬のクレイドルマウンテン。静かで雪が降る音が聞こえてきそうです。森の精霊たちの木霊もしっかり聞こえます。

冬のタスマニア、木霊の囁きを聞きに来て下さい。


ただ今タスマニアに里帰り中です。記事は自動更新です(笑)

タスマニア行きますという方クリックお願いいたします。


by masabike | 2009-07-24 13:38 | タスマニア | Comments(4)
Commented by blueclue at 2009-07-24 23:26
冷たく静かな世界が素敵ですね~♪
Commented by travelster at 2009-07-25 00:04
墨絵の世界ですね〜。冬にキャンプ(?)は未体験です。
テントから這い出したら雪景色!というのを体験してみたいです。
寒くて夜寝れないだろうなぁ〜〜。
Commented by masabike at 2009-08-02 15:56
blueclueさんへ
何もない静かな世界ですがとてもエネルギッシュです
Commented by masabike at 2009-08-02 15:56
travelstarさんへ
いい寝袋があれば快適です
<< 冬の楽しみ 今日もシドニーは豪州晴れ!! >>