FUJIFILM GF670 発表会(11:40改定版)

FUJIFILM GF670 発表会(11:40改定版)_f0050534_10124949.jpg





FUJIFILM GF670 発表会(11:40改定版)_f0050534_1013663.jpg





FUJIFILM GF670 発表会(11:40改定版)_f0050534_10131978.jpg





FUJIFILM GF670 発表会(11:40改定版)_f0050534_10133091.jpg


昨日は富士フイルムさんの新製品GF670のプロ用発表会がありました。富士フイルムさんのお歴々以外にも日本のフォトグラファーの重鎮の皆様もご参列され、銀塩フィルムカメラに対する思いを感じる一日でした。
シンプルな蛇腹式のフィルムカメラなのでデジタルみたいな、画像解析の説明や、ハイテク装備に対する説明はなく、富士フイルムさんがなぜ今これを出したかという熱い思いを伝える説明会でした。

特に設計された富士フイルムさんの浜田さんのカメラに対する熱い思いがとても印象でした。同氏は僕が今メインで使用しているフィルムカメラTX-1の設計もされた方です。ともかくこのGF670で銀塩フィルムカメラに奇跡の起死回生を与えるために作られた限定5000台の写真機だと言うことがよく分かりました。もう一度楽しく写真を撮ってみたい、もういちど操作しながら写真を撮ってみたいという方にはうってつけの写真機です

ただプロの写真家の中で、「音が静か過ぎるので、電子音でパシャとか音が出来ないのか?」とか「あおり機能をつけられないのか?」とかいう質問をする方がいたのにはかなり僕も含めて、30~40代の若い?フォトグラファーはビックリしました。本当にカメラのコンセプトが解かっているのかなと?ともかくこの驚くほどの静寂性のカメラを設計されたPLの浜田さんに絶賛の拍手をおおくりいたいと思います。この静寂性を武器にお寺や、寺院、教会あるいは小粋なお店の中で撮影してみたいです

軽い、静か、コンパクトこの3つがGF670のセールスポイントです。デジタルも撮りたいけど、モノクロ銀塩フィルムでましかく写真も撮りたいな、でも両方は持てないし、どっちを持っていこうかななんていう人にもオススメです。またこのカメラデジタル一眼みたいな分厚いマニュアルではないのが嬉しいです。またマニュアルの文字も大きいので熟年老眼の方にも安心です


発表会は最後は風景写真の大御所白旗史朗氏のGF670の成功を祈っての乾杯のご発声で幕を閉じました


あすからGF670を持って北海道に撮影に行きます。札幌トークショウにももって行きます。ぜい3月14日のホワイトディー トークショウGF670見に来てください

またお財布と相談しなければ、この悪魔の囁きと言う方クリックお願いいたします
 

by masabike | 2009-03-11 10:30 | カメラ | Comments(5)
Commented by 銀塩ファン at 2009-03-11 13:35 x
限定5000台とは、たまりませんね!
冷え込んでそうな札幌で得意のエスキモーフォトグラファーを
楽しんできてください。冬の素敵な札幌通信を楽しみにしてお
ります。グルメ通信もお忘れなく・・・。お尻には十分に注意され
て楽しい食事も!
Commented at 2009-03-11 20:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bashlinx at 2009-03-12 23:04
GF670の写真楽しみにしております^^
Commented by masabike at 2009-03-18 08:24
銀塩ファンさんへ
お尻は大丈夫でしたがほかが・・・。
Commented by masabike at 2009-03-18 08:24
bashlinxさんへ
しばしお待ちを!!!
<< 生存しております メタルフォートレス >>