清流夏色図

清流夏色図_f0050534_18045938.jpg


【和の「写心」By Masaaki Aihara】
「清流夏色図」高知県仁淀川町 仁淀川
FUJIFILM GFX100S + FUJINON GF45-100mmF4 R LM OIS WR
日本一の清流と呼ばれている仁淀川。その色は仁淀ブルーと現地では呼ばれているほどだ。毎年、梅雨から初夏にかけて四国に撮影に行くが、仁淀川のこの色に誘われて、必ず訪れる。数年前も撮影に訪れた際に、仁淀川にかかる橋から子どもたちが川に飛び込み水遊びをしている光景に出会った。何か失われてしまった日本の原風景を見た気がした。川が生活に一体化している場所、それが仁淀川だと思う。


このエメラルドグリーンともいえる独特の仁淀ブルーは撮影ではかなり曲者。なかなか思うように色を捕まえられない。晴れた日の昼前後の日差しを捕まえないと、自分の納得のいく仁淀ブルーに再現ができない。実はこの昼前後、朝11時頃からしばらくの間は標準光と言われる時間帯だという事を、だいぶ前に教えてもらった。それは1999年、新たに発売予定のPROVIA100Fのコマーシャル撮影で、オーストラリアにロケに行った時だ。当時の開発担当者の方から「どのような風景でも良いので、必ず、毎日朝11時頃から撮影をしてください。その時間帯の光は標準光と呼ばれ、被写体の色をいちばん正確に再現できる時間。PROVIA100Fは色再現世界一を狙うフィルムなので、正確な色が出る時間帯の撮影データが欲しいんです」と言われたのだ。この作品も撮影したのは午前11時過ぎだ。眩しい陽の光のもとで見る仁淀ブルーは、写真家の心を虜にしてくれる。この色が見事に再現できたのは光の条件もあるが、GFX & Xシリーズのフィルムシミュレーションの力が大きい。多くの写真家が撮影してきた富士フイルムのフィルムによる色再現技術がその根底にあるからだ。写真家をはじめ、膨大な撮影記録のプロファイリングも活かして生まれたフィルムシミュレーション。もちろん僕がオーストラリアで撮影したPROVIA100Fのエビデンスも含まれているだろう。他のメーカーでは成しえない、富士フイルムならではの技術だ。



今回もGFX100Sは難しい仁淀ブルーを見事に表現してくれた。実はこの清流の水を求めて、友人がアメリカから日本にビール造りにやってきた。仁淀川町の山奥で、この清流の源となる水を使い仁淀ブルーをイメージした地ビールを製造している。それほどに、世界的にも素晴らしい水質の清流だ。


撮影した晩、撮影データのダウンロードとチェックをした。ほぼすべてのシーンでGFX100Sは僕の心の中に映し出された仁淀ブルーを再現してくれた。その透き通るような透明感とブルーグリーン、グラデーション。そして初夏の光のキラキラ感。心が満足した。ただし、撮影のために自分でも注意している点がある。少しでもフレッシュな光をレンズに取り込むため、このような場合は、保護フィルターも外して撮影している。気の持ちようかもしれないが、少しでもレンズの前に存在するものを少なくすれば、より新鮮な光がレンズに入る透過率を高められる、というのが僕の持論だからだ。



作品データを確認しながら、今度ここに来るときはどんなイメージで撮ろう、と早くも次の撮影へのアイデアが湧いてきた。写真を撮る全ての者が求める、心の中の色を再現できるGFX & Xシリーズ。そのカメラを肴に、今宵は仁淀ビールで乾杯した。心の中に仁淀ブルーが広がっていくのを感じながら眠りに落ちた。
Photography by Masaaki Aihara



相原正明撮りおろしの三和酒類様From OITA 「koji note」 風林光水  フォトエッセイぜひお楽しみください







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














# by masabike | 2022-08-18 18:05 | 日本風景 | Comments(0)

オーストラリアの光 婦人公論jp配信 写真と音楽のコラボ

オーストラリアの光 婦人公論jp配信  写真と音楽のコラボ_f0050534_06281744.jpg
西オーストラリア州 ブルーム




オーストラリアの光 婦人公論jp配信  写真と音楽のコラボ_f0050534_06204701.jpg

タスマニア州 ニューノーフォーク






オーストラリアの光 婦人公論jp配信  写真と音楽のコラボ_f0050534_06212871.jpg

西オーストラリア州 バングルバングル






オーストラリアの光 婦人公論jp配信  写真と音楽のコラボ_f0050534_06210638.jpg
ノーザンテリトリー デビルズマーブルズ




オーストラリアの撮影でいちばん強烈な印象は、その光である。乾燥した大陸は、強い日差しにより独特の光を生み出す。そしてフラットな大地は太陽が地平線に隠れる瞬間まで色のドラマを創り出してくれる

ぜひそんなオーストラリアの光のドラマを音楽の配信とともにお楽しみください

女性誌でおなじみの婦人公論さんが配信しています

婦人公論 jp 配信 写真と音楽で楽しむコラボ

オーストラリア Vol1



少し長いプログラムです

ワインでも、あるいはお気に入りのハーブティーでも飲みながらのんびりご覧いただければ幸いです

撮影協力

タスマニア州政府観光局 西オーストラリア州政府観光局 クィーンズランド州政府観光局

カンタス航空

富士フイルム パナソニック ニコンイメージングジャパン ペンタックス(現 リコーイメージング)




相原正明撮りおろしの三和酒類様From OITA 「koji note」 風林光水  フォトエッセイぜひお楽しみください







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












# by masabike | 2022-08-17 06:28 | 写真集等出版物 | Comments(0)

koji note From OITA 大分 水の表情  水の源

koji note From OITA  大分 水の表情  水の源_f0050534_06124425.jpg


FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF45-100mm








koji note From OITA  大分 水の表情  水の源_f0050534_06124236.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON XF100-400mm



From OITA 水の表情を追う旅。水を求めるからには、その源にも旅をしないとという事で訪れたのが、久住高原と九重連山

初夏の光は眩しく、緑と水の香りと、そして温泉の香りも

そういえば温泉県と言われる大分県。いまだに入ったことある温泉は久住高原ホテルのみ

温泉を巡る旅もしてみたいです



相原正明撮りおろしの三和酒類様From OITA 「koji note」 風林光水  フォトエッセイぜひお楽しみください







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2022-08-17 06:17 | koji note From OITA | Comments(0)

田舎道

田舎道_f0050534_21315117.jpg
LUMIX S5+SIGMA 24mmF3.5 DG DN
長野県



すこし朝もやに煙る山並みが遠くに見える。
綺麗な棚田が並ぶ丘

朝のひんやりした空気を吸い込みながら、家内とボーっとする。何の変哲のない田舎の景色。
でももしかしたら、これが日本の絶景かもしれない。

平凡な景色の中に自分の視点が自在に見つけられたら面白い



相原正明撮りおろしの三和酒類様From OITA 「koji note」 風林光水  フォトエッセイぜひお楽しみください







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2022-08-16 21:34 | 日本風景 | Comments(0)

宇宙在足元

宇宙在足元_f0050534_11112477.jpg


LUMIX S1R+LUMIX70-200mm


何もないつまらない風景

何も撮るものがないつまらないところ


これは場所がつまらないのではなく、自分の好奇心のアンテナの感度が弱いことが多い

視点の高さ 角度 それから色美

これを常に変化させることを怠るとつまらない景色が誕生する

だがどうしても、好奇心がそそられないこともある。その場合は、今いる場所が自分には向かいなという事が会得できて、次から無駄足を運ばない大収穫と思うのが良いとしている

昨日は棚田の脇道で、足元に小さな宇宙を見つけた。朝露のついた蜘蛛の巣だった。だが目を凝らしたけど銀河系を見つけることはできなかった


相原正明撮りおろしの三和酒類様From OITA 「koji note」 風林光水  フォトエッセイぜひお楽しみください







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2022-08-16 11:15 | 日本風景 | Comments(0)