精霊の舞 

精霊の舞 _f0050534_17360970.jpg

FUJIFILM GFX50S+FUJINON GF100-200mm+1.4テレコン

GFX50SⅡが出た今も、確固たる存在感と、現場で迷わず使いこなせる操作性は秀逸だ
そしてGFXはテレコンをつけても画質の低下は全く見られない

特に紅葉の三国峠 細かいまるで洋服の柄模様のような細かい紅葉の質感 見事以上に再現してくれている
さらに富士フイルム ならではの心象色の再現。画像処理という言葉が氷河期のように聞こえてしまう
撮ることだけに専念できる映像システムだ

この朝 森の間から天に駆け上がる精霊たちと2時間近く対話をさせていただいた
北の大地かは僕にこの朝も休む時間 息を整える時間を与えてくれなかった

風景写真で大切なことはテクニックではない。いかに大地と宇宙とシンクロさせていただけるか、その一言に尽きる。人知を超えたサムシングエルスの導きがとても大切。だが日本では難しい。あまりにも日常がいつもあるからだ。オーストラリアの内陸 タスマニアの原生林は非日常。ネットや世界の動きから隔絶され じっくり内観することができる。そして難易度の大会場所では強度の緊張感と肉体の限界 それが内観するきっかけを生み出してくれる。考えてみれば世界の宗教や信仰は苛酷なところで生まれている。日本で神あるいは人知を超えるものを感じるのはかなり難しいかもしれない。あるお坊様から聞いたが、「悟りを開いた」「神を感じた」と思う気持ちがいちば妖しいとのことだ


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









# by masabike | 2021-10-25 17:50 | 日本風景 | Comments(0)

不思議な時

不思議な時_f0050534_10171957.jpg
LUMIX S1R+LUMIX70-200mm L Monochrome D



シュウパロ湖に沈んだ昔の道路の橋げたが顔を出す
何か異次元空間のような場所


鉄道撮影以外できたことが無かった夕張周辺 以外と多くの穴場を見つけた。北海道は広い。まだまだロケハンを続けなくては。来年のナチは大ロケハン大会かな

そのために偵察機のBMW R1150GSを今週 北海道のノルドバーンさんへオーバーホールのために自分で陸送するプチツーリング
バイクは現場の空気と気配を生で感じられる。車で見過ごしてしまう対象ともシンクロできる



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2021-10-25 10:21 | 日本風景 | Comments(0)

秋色峻烈

秋色峻烈_f0050534_10091885.jpg

糠平

GFX100S+FUJINON GF45-100mm


糠平の紅葉は毎回驚かされる。模造品の葉っぱかと思わせられるぐらい鮮やかだ
GFX100Sの色再現能力は群を抜いている。オリンピック100M決勝で他の選手が9秒9の時に8秒0ぐらいの差だ
だが残念ながら、SNS等にUPすると4割がたスポイルされる
特にまぶしい赤がまるでSNSでは再現できない。絶望的に悲しい

オリジナルの写真もしくはプリントを見てもらいたい




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2021-10-25 10:13 | 日本風景 | Comments(0)

夕張線


夕張線_f0050534_09041659.jpg
Nikon F2フォトミック Nikkor50mmF1.4 Kodak Tri X D76 1:1自家現像
夕張線 清水沢駅






夕張線_f0050534_09043119.jpg

大夕張鉄道  清水沢駅 9600型
Nikon F2フォトミック タムロン80-250mm Kodak Trai X D76 1:1 自家現像








夕張線_f0050534_08582873.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON XF16-55mm
夕張線跡 夕張川鉄橋


1975年12月 この鉄橋を渡る、日本国有鉄道 終焉のSLを撮影した。機関車は貨物用D51 。 その前年に旅客用蒸気機関車は終わっていたが、夕張線には石炭積み出しの貨物列車としてSLが残っていた。高校生の冬の試験休みを利用して撮影に来た

最後だから一生懸命撮らなければという思いと、SLがなくなったら何を撮る?という複雑な気持ちが入り混じっていた。折からのオイルショックで、危機管理で石炭エネルギーのSLを残してくれないかなと、淡い期待もしていた。でもここで撮ったSLの写真が本当に営業列車としての最後の写真になった

鉄ちゃん いわゆる鉄道ファンにもいろいろある。乗り鉄 撮り鉄 模型マニア 車両マニア 時刻表マニア そして最近は廃線マニア。
趣味だから人それぞれ、いろいろな楽しみ方がある。なのでどんな楽しみ方をしてもよいと思うし、その楽しみ方に異議を唱える気はない。ただ廃線巡りと撮影は僕はできない。今回の廃線の鉄橋を撮ったのはかなり稀というか、ほぼ初めて。北海道の風景を撮りに十勝 糠平に行くが、やはりタウシュベツ橋や糠平線の廃線跡は撮れない。他の廃線跡もそうだ。理由は現役のSLや列車が走っていた元気で輝いていた鉄道を知ってるので、廃線跡を撮りに行く 訪ねるはどうも死体を撮るみたいで切ない気がする。その鉄道が生きていたころ、機関車だけではなく鉄道員の方々 沿線の方々すべてが生きていた。それがなくなったあとは切なくてとれない


最後の夕張線の撮影 以外と夜間に貨物列車があった あと早朝。でも当時はKodak Tri XのASA400が最高感度(ISOではないです 笑) 増感しても常用ではASA800どまり。もしあの時代にいまのデジタルカメラがあったならば、夜間のボイラーの赤い火が見える写真とか撮れなろうなと思える21世紀の今日この頃

タイムマシンがあったなら最後の夕張線の時に戻りたいと、廃線の鉄橋を見ながら思った。そしてこの橋でカメラを構える高校生の自分も見えた。その自分に「写真家に必ずなれるから頑張って」と言いたくなった




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2021-10-25 09:21 | 鉄道写真 | Comments(0)

光の大地

光の大地_f0050534_07590514.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON XF10-24mm

デビルズマーブルズ ノーザンテリトリー オーストラリア

撮影協力 カンタス航空


強烈な光のコントラスト、そして地平線に日が沈むぎりぎりまで強烈な色が射しこむ。これがオーストラリアの荒野の特徴。フラットな大陸は日本と違い山に太陽が隠れることなく、日没の瞬間まで色と光が変幻自在。感動 興奮 緊張の連続の撮影

あのアドレナリン全開の撮影をそろそろしたい。神様おねがいしますよ


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2021-10-24 08:02 | アウトバック | Comments(0)