スクープ映像 世界最速フェリーボートタスマニアから日本参上 その1

f0050534_733445.jpg

 このドックの中に何があるのか?メルボルンからタスマニアに戻りそこで見たものがこれです!!





f0050534_741298.jpg








f0050534_743643.jpg







f0050534_751220.jpg








f0050534_771137.jpg

(船体に書いてあるHull064は製造コード番号です、INCATで64番目のフェリーです)
僕の持っていた造船所のイメージは根底から崩れた。巨大なクレーン。そびえたつ巨大な鉄骨。リベットを打つ音やハンマーをたたく音はまったく無かった。
あちらこちらで電気溶接の青い火花と、グラインダーの音。そして何よりもビックリしたのはその巨大なドックの中に横たわっていたのはフェリーボートと言うよりはエアークラフト、いやスペースシャトルに近い外観の銀色の巨大な物体だった。

f0050534_7102291.jpg





f0050534_7104736.jpg



ここはタスマニア・ホバート湾に面したINCAT造船所。ここは世界トップクラスの高速カタマラン(双胴船)を作る造船所。しかもその船体はオールアルミニューム。いまここで造っている船体は北海道と本州を結ぶ東日本フェリーに納める予定の世界最速の大型フェリーボート。総トン数は優に1万トンを超える。その船体が最高速約48ノット(時速90キロ近い)の驚異的スピードで海の上を疾走する。今日日原付スクーターでも70キロ近くまでなんでそんなにすごいのとお思いの方が多いと思います。(たとえるならば大型トラックが高速道路を時速200kmぐらいで走行しているスピードイメージです)ちなみにアメリカの大型原子力空母ですら35ノット(約70キロ近い)しか出ないので驚異的スピード。

あらためてこの世界最速フェリーのスペックを振り返ると総トン数1万トン超、最高速48ノット、オールアルミニュウムボディー、4基のロールスロイス製ディーゼルエンジンによるジェット水流噴射による推進システム。1000人近い乗客を運べる。そして9月1日より青森~函館を1時間半で結ぶことになります(現行のフェリーボートでは4時間です)

この驚異的なスピードはオールアルミボディーと言う航空機なみの素材の賜物だけではなく、船内のテーブル、手すりにいたるまでこと細かいところまでアルミで軽量化し、かつテーブルにいたってはハニカム構造というF1やレーシングカーに使うような方法で仲をウェハース状に半空洞化して軽量化の極限まで追及している。まさに海の上を走る巨大なレーシングマシーンだ。

f0050534_7132726.jpg





f0050534_7151622.jpg

(スタッフが持つのはそのハニカム構造のアルミ部品。ものすごく軽く硬く強度はすごい)
f0050534_7155154.jpg


(これはその巨大なフェリーの船底です)



f0050534_7161536.jpg

(巨大な組み立てライン)
そのパワーを使いスーパーフェリーボート、8月上旬にホバートを出航してなんと太平洋を縦断してたった5日間で東京湾までクルーズしてくるという、しかもノンストップクルーズで。超驚きです。9月になったら是非津軽海峡にこのフェリーボートを乗りに乗ってみて下さい。十和田湖にドライブのついでにちょっと函館でおすしをつまみに行きなんて事が可能になりそう。是非乗ってみてはいかがでしょうか?
それからこのINCATのHPが迫力ものです。英語しかありませんが当たり前ですが是非ご覧ください
www.INCAT.com.au


このスーパーフェリーに乗ってみたいと思ったらクリックお願いいたします。
そういえばこの船の細かいところや船名どうなっているのと思われた方は次回のブログをお楽しみに!!つづきは明日。すごい船名ですよ~。

# by masabike | 2007-06-12 07:25 | ナッチャンRera | Comments(2)

Riders High!!!!with BIGJOB その2

f0050534_2258191.jpg

f0050534_2304852.jpg
f0050534_2324660.jpg

f0050534_23472161.jpg
f0050534_2333244.jpg
f0050534_234333.jpg


f0050534_235845.jpg


午後6時53分。境港ビジネスホテル?はまかぜ到着。家からほぼ1000km.足腰ガクガク。フロにはいり食堂直行。駆けつけ生ビール。細胞にしみる感じ、う、うめーです。そこでビックリしたのが料理。1泊夕食のみ6800円にプラス1500円ぐらいで死ぬほど日本海の魚が食べたいとお願いしておいたら確かに死ぬほど出てきました。魚版マンカン全席。これが本当に「目からうろこ」です。ここは境港市のHPでも紹介されています。11月から4月はカニだそうです。是非もう位置で行きたいです。

こんだけバイクで走り、コナーを攻め、それでもなぜか目は冴えています。酒が効いてこない。まさにライダーズハイ状態。でもこんの現代にヘルメットをかぶらないと危なくて乗れない乗り物なんてバイクとレーシングカーとジェット戦闘機ぐらい。でもレーシングカーは好きなところに行けません。そうすると戦闘機とバイクだけか?それでも乗るのだから病気です。でもある人が言っていました「世の中には2通りの人間がいる。バイクに乗るやつと乗れないやつ」むちゃくちゃな言い方かもしれないが乗っている自分からすればまさにその通りだと思う。それでもバイクに乗る昔読んだ漫画で「キリン」と言う一風変わったバイク漫画があった。どんなにぼろぼろになっても、どんなに周りの人からあほだと言われようが自分の意思でより遠くに、より速くバイクに乗ろうとする主人公がこういった「わが名はバイク乗り」まさにそれが一番ふさわしい表現かもしれない

バイク、現代の鉄の馬。三国志には一日千里を駆ける名馬セキトバが出てくるが、まさに今日は現代のセキトバに乗ってきた感じがする。これほど過激で危険な乗り物人生で乗れる時間は限られていると思う。でもその限られた時間と空間の中でとことんこの鉄の馬で旅をしたい、それが千里だろうが万里だろうが。その何万里を自分の力と技術で時間と空気を突き抜けて旅したときに、その旅をした者だけが味わえる何かがある。また明日も旅を続けよう、そして来年も。10年後も。

もしよかったらクリックお願いいたします
# by masabike | 2007-06-11 23:35 | Motor Bike | Comments(4)

1DAY 1000km Riders High!!! with BIG JOB 1

f0050534_22224271.jpg



f0050534_22232310.jpg


せっかく予定外予想外の出雲に来たのでよるところがある。出雲大社縁結びの神様。とっても大事です。なぜならこんな寅さん生活をしているので独身なモノでスイマセン。20年ぐらい前当時GSX400FWというスズキ初の水冷4気筒バイクで九州一気ツーリングの帰りに寄り、御賽銭を投げたら賽銭箱の欄干にあたり外にはじき飛び、その場にいた神主さんも、他の参拝客も沈黙。神主さんも「あまりお気に召されないで、きっと好いご縁がありますよ」と言われたが未だに独り身なので紙のお告げは当たったかもしれないトホホ。でも今回は吉。書いてあることも非常によくポジティブな気持ちでチェッカーフラッグの待つ、じゃなく今宵の宿に向かえる。でも境内にあった古代の出雲神社の柱のでかさはビックリ。

f0050534_2236693.jpg


f0050534_22365379.jpg


f0050534_22373047.jpg


f0050534_22375939.jpg

まっすぐいけそうだったが古い出雲電鉄の駅と懐かしい赤いポストを見たら写欲がムラムラ。BIG JOBでも撮りながらやっぱりモノクロだと思い。しっかりクラッセWモノクロも熱くなり撮りました。特にこの夕方の柔らかい光もうモノクロームの世界、気分は植田正治ワールドです。でも腕が違いすぎるかな???おかげで夕方の貴重な時間ロスタイム20分。ここでバイクのトリップメーターを見ると家を出てから900キロ近い。もうハイノハイになっているので「おっしゃ1000kmの大台に乗っけてやろうじゃないのと一路夕陽を受けてチェッカーフラッグを目指すのでした。
でも更に松江の宍道湖のほとりでロスタイム15分。う~ドーハの悲劇ではなく出雲の悲劇になりそう。飯が食えなかったらやばい。
f0050534_22431592.jpg
f0050534_22434050.jpg


松江は自分の地元以外で日本で一番好きな都市です。なにか風情と気品があり時間がとても穏やかに過ぎていて一度住んでみたい町です。いままで4回ほど訪れましたが夕方、お堀やお城のあたりを散歩しているととても好い時間と空気を感じれれます。メジャーな観光地ではないけれど、単に観光客の目で見ると日本情緒、正当な日本が残っている感じがします。こころなしか美人と言うか気品のある女性が多い感じがします。なにかこの出雲地方周辺の空気感、エネルギーが植田正治さんや、並河萬里さん、これから訪れる境の水木しげるさんをはぐくんだのかなと感じました。自分もこの空気にゆっくり浸りたいです。
そしてゴールまであとチョツトです続きは現在製作中!!ご覧になっていただけそうでしたらというかこのアホに付き合ってもいいよお感じいただけたらクリックお願いいたします
# by masabike | 2007-06-11 22:44 | Motor Bike | Comments(3)

必食500g T-Bone  オージービーフ ステーキ 

f0050534_188284.jpg


 今日の夕飯は500gのTボーンステーキ。フジフイルムオーストラリアのオージーと現像所のスタッフとの打ち合わせを兼ねた夕飯。メルボルンのお洒落なショッピング街トゥーラックロードに面したサウスヤラと呼ばれるエリアでの食事。連れて行かれたのは「サウスヤラステーキハウス」メニューを見よう思っているとフジフイルムのスタッフのグラハムさん(もう現地で4年近く面倒を見てもらっているユニークなおじさん、大の日本酒日本食党)が「マサはこれにしなさい、みんなも同じもんだから」と指されたメニューは500gのTボーンステーキ、ギョエっと思ったがそのしたに1Kgのサーロインステーキもあったのでこちらでなくてよかったと少しほっとした。撮影中はなぜか不思議と無償に肉が食べたくなる。それもむしゃぶるように。以前にもブログに書いたがタスマニアで撮影トレッキングの後うちのアシスタント君と2人で750gのTボーンステーキを平らげたこともあった。ともかくカメラマンはハンター、狩猟民族肉を食わなきゃ撮っていられない!あまりベジタリアンのカメラマンというかたにはお目にかかったことが無い。 札幌にいる女性鉄道写真家の矢野直美嬢と肉食写真家連盟(2人だけですが)作ったこともあった。彼女も撮影の前と間は肉、肉、肉だそうです。ともかく広大な大陸を旅し撮影しそしてプレゼンテーションをしなければならない状況では1にも2にもがっちり食べることです。相手は大陸です並のスタミナでは持ちません!!
 この日は巨大ステーキと西オーストラリア、マーガレットリバーノシェラーズで楽しく苦しい夕飯を過ごしました。肉もすごかったけどチップスのてんこ盛りも参りました。白旗です。
(翌日は朝ごはん抜き、お昼はバナナでした、もちろん1本だけ。房ごとではないです)
# by masabike | 2007-06-11 18:09 | メルボルン | Comments(0)

朝の散歩  メルボルン ヤラ川界隈 FUJI FILM S5pro

f0050534_8355528.jpg





f0050534_8361690.jpg





f0050534_8363055.jpg





f0050534_837774.jpg





f0050534_8372246.jpg





f0050534_837455.jpg






f0050534_838589.jpg





f0050534_8382145.jpg





f0050534_8383416.jpg





f0050534_8384728.jpg





f0050534_83935.jpg



FUJIFILM S5pro Nikor20~35mm Zeiss 50mm フィルムシュミレーションF2モード


 少しモノクロが続いているので今日はカラーでメルボルンの秋を表現いたします。夜明けごろと言っても7時ごろホテルを出てF2とS5PROを持ってヤラ川沿いに散歩に出かける。オージーは朝早い。ヤラ川にでると多くの人が自転車、ジョギング、パワーウォーク、ボートと体力増進に余念が無い。必ずパブで初対面のオージーと飲むと「なにかスポーツやっている?」と聞いてくる。それぐらいスポーツ好きな国民性。そのうち国民全員でこの大陸ごと引っ張ってユーラシア大陸か南米まで運んでいきそうな体力。

とくにヤラ川ではボートが盛ん。川沿いの道をコーチが自転車に乗り大きなハンドマイクスピーカーを持ちボートに「もっとスピードスピード」といいはっぱをかけながら走っている。朝からあんなに運動して会社や学校で昼間大丈夫なのか心配してしまう。あるオージーにそのことを尋ねたら「だいじょうぶ、会社は息抜きに行っているから!」「アチャー」である。まあ先日のブログと異なるがプロで無い人はこんなものである。

2時間の散歩でモノクロ3本、デジタル4ギガ撮影。散歩でなくホンちゃんの撮影になっちまった。ホテルに帰り朝食の美味かった事、そのあと屋上で飲んだ朝のワインも!!

このノウテンキと思われたらクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-06-11 08:39 | メルボルン | Comments(8)

雨の朝 そろそろ梅雨?

f0050534_8104225.jpg





f0050534_8105647.jpg





f0050534_811882.jpg





f0050534_8112077.jpg





f0050534_8113314.jpg






f0050534_8114459.jpg

NikonD200 Zeiss 50mm Nikor 80~200mm

昨日からの雨がひたすら降っている。そろそろ梅雨。なぜか雨戸を開けたら写欲が湧いてきた。雨の中写真で撮っているととても気持ちよかった。この庭を撮影するたび庭を造ってくれた大工の祖父に感謝する。ひたすら降り続く雨に我が家のベランダの主もボーっとしている。「遊べないジャン」と言う感じかな??
雨もいいもんです。なにか感じていただけたらクリックお願いいたします。


# by masabike | 2007-06-11 08:16 | マイガーデン | Comments(0)

お台場 ポジティブデリ

f0050534_7552455.jpg



f0050534_7553341.jpg


昨日の引き続きお台場に行きました。今日は仕事ではなく完全に遊びです。実はお台場に遊びに行ったことはほとんどなく、ほとんどおのぼりさん観光客状態でした。食べに行ったのは昨日のブログにアップした「ポジティブ デリ」メディアージュの中にあります。
今日食べたのはライフセーバープレート(BBQセット)超パワフルな盛です。(写真上)

左からラム、ビーフ、カンガルーです。一番美味しかったのはなんとカンガルーでした!!いままで何回かオーストラリアで食べましたが(決して自分で轢いたカンガルーを食べたわけではありません)今回のが一番美味しかったです。ちなみに皆さんカンガルーってどういう意味だか知っていますか?

答えは「知らないよ」とか「分からない」という意味だといわれています(いくつか他の説もありますが) 語源は開拓時代キャプテンクックがオーストラリアに上陸しはねている動物を見て「あれはなんだ?」と現地の先住民に聞いたところ「えっよく分からない(カンガルー)」と言ったのが間違って伝わり「オーあの跳ねている動物はカンガルー」となってしまったそうです。

シーフードはタスマニアトラウトの香草焼きです。美味でした。タスマニアの海の香りでした。結構タスマニアではサーモンより最近トラウトが人気あります

ワインといい夜景で美味しかったです。海も見えましたプチオーストラリア ウォーターフロントという感じでした。今朝起きたらなぜか跳ねてみたくなりました(笑)昨日の肉のせいでしょうか?
ポジテイブ デリオーストラリアカフェは7月8日までです。是非是非食べたくなったらクリックお願いいたします。ただしクリックされても御手元にお料理はお届けできません。ご注意ください(笑)

# by masabike | 2007-06-11 08:09 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

只今東京都板橋村雷雨大雨

f0050534_1285980.jpg




f0050534_1291175.jpg




f0050534_1292244.jpg




f0050534_129326.jpg


FUJI FILM BIG JOB マクロモード
仕事をしていたらいま外が大雨雷雨、そうだBIG JOBで撮ってみようと嬉しくなり大雨の庭に走り出て撮りました。カメラは大丈夫ですが人間は風邪引きそうで(バカはひかないというので大丈夫だと思います)お風呂~です。スイマセン子供じみた行動で。やっぱりこいつはアホだと思ったらクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-06-10 12:13 | マイガーデン | Comments(6)

写真展巡礼ツーリング 並河萬里写真展

f0050534_1017250.jpg

 植田正治さんの写真を見終わり、美術館でお茶を飲み、写真の余韻と大山の山並みを楽しんでいた。あとは今宵の境港にむけてあと少し。黄昏の日本海でも眺めながらビールが美味いかな?と思っている視界の片隅に何か目が止まった。ポスターだった。タイトルは「並河萬里写真展 特別展」。釘付けになった。まさに写真の神の啓示か植田正治さんのお導きだと思った(少し大げさですが) なぜかというと大学時代から並河さんの写真と旅にあこがれていた。写真集は高くて買えなかったのでいつも図書館で拝見していた。でもオリジナルのプリントは拝見したことがない。さらに大阪の富士フォトサロンで個展をしたとき受付をお願いした関西美人の方が以前並河さんの写真展の受付と秘書的なことをされていたのでいろいろなエピソードを聞かせていただき一度は見たいと思っていたので、今回はもう奇跡だと思った。植田正治さんの作品と並河さんの作品は対極だと思う。植田さんのがソフトでフォトジェニックの極めだとしたら並河さんのは超硬派の写真。まさに万理の波濤を押し渡り撮影されてきた(並河さんのご両親は子供が万里の波濤を押し渡り世界に羽ばたくようにと命名されたと聞いています。不確かですが)作品群です。多分並河さんが撮影に行かれていた時代は海外に撮影に行くだけでも大変なのにシルクロードの奥地に分け入りそこで対象を探し撮影して帰ってくるだけでも現代の大撮影オデッセイだと思います。

また話はそれますが学生時代から大好きだった日本の写真家の方が4人にいらっしゃいます。御名前を挙げさせていただくと、並河萬里さん、土門拳さん、白川議員さん、そして野町和義さんです。とくに並河さんと野町さんが大好きでした。家の神棚にはそのお力にあやかれるように4人の方の写真が飾ってあります(すいませんジョークです)特に土門さんを除く3人の方々は、皆さん一つのテーマを持って長年世界の辺境の地で撮影をされている。何時の日か自分もそんな一つのテーマを追い求め世界を旅し、素晴らしい作品をカメラマンになりたいと思っていました。だからいつも大学時代にはこの4人の方の作品をよく本で穴が開くほど拝見していました。

ただ一度だけ野町さんが撮影されている現場を拝見したことがあります。1999年バチカンの広場でした。ローマ法王の演説に何万人の聴衆が広場に集まっていました。僕もその一人でした。そんな時一人の人物に目が止まりました。何万人の聴衆の仲でまるでスポットライトが当たっているみたいでその人だけが浮かび上がっていました。大変失礼な言い方かもしれませんがローマ法王と同じぐらいかそれ以上に僕には目だって見えました。聴衆をかき分け近づいていくと大柄の男性で写真を撮っていました。でかい1眼レフのカメラ2台で。もっと近づくと「お~アジア人だ」と思い更に近づくと野町さんでした。当時バチカンのミレニアムを取材に来られていたみたいです。それこそ金剛力士ではなく風神雷神像みたいでそれ以上近づくこともましてやお声をかけるなんてとんでもない状況でした。結局僕が10日間のイタリア旅行でみた一番印象的なものミケランジェロのピエタ像でもなくバチカンのシスティーナ礼拝堂でもなく撮影している野町さんのお姿でした。長くなりましたがそんな4人の中のお一人の特別展があるならもう行くしかないと、再び家の浜松製4気筒エンジンにムチをいれ出雲市にある写真展会場に向かいました。それも閉館までに着き見終わったら再び100キロ走り、ゴージャスな夕飯までに境港に着かないと。再びワープ速度でバイクは西へ西へ!!
f0050534_10475610.jpg
f0050534_10482216.jpg


写真展会場はかの有名な縁結びの神様出雲大社となりの島根県立古代伊豆も歴史博物館
島根県より最近大量の銅鐸、銅剣が出土しそれらを含め新たに展示するためにつくられた出来立て生まれたてほやほやの博物館。建物に触るとまだ暖かいです(笑)
息せき切って会場へ。はじめてみるオリジナルプリント。凄かったです。3周会場をしました。もっと見たかったのですが閉館時間もちかくまた、境港までまだ100キロ走らなければならないので後ろ髪を惹かれる思い出会場を後にしました。何十年にも渡り独力で撮影された努力には何も言葉もありませんでした。帰りにバイクに乗りながらもっと撮影しなくては、あれもこれも撮らなくては真剣に悩みました。でもそうするとあと100年近くは自分に時間が必要となりショックでした。ここの博物館、スタッフの女性が皆さん古代の出雲地方の服装をアレンジしたものでとてもお洒落でよかったです。建物も凄くいい感じでした。ただとてもとても残念なのが作品のプリントの状態があまりよくなく、何点かは少し展示にはひどいのもありました。建物にはこれだけお金をかけるのに肝心な作品がおろそかでは天国の並河大先生もかわいそうだと思います。相変わらず日本のお役所の箱物行政のむなしさを感じました。建物にはお金をかけてもソフトにはお金をかけない。まさに仏作って魂入れずで、出雲でしたら大社作って三種の神器いれずという感じでとても悲しかったです。(関係者の方へ何も制作状況がわからないので勝手に書いておりますが間違っていたらスイマセン)
でもとりあえずはじめて生のプリントで見た感動は凄かったです、あー夕ご飯まであと100キロ
更にツーリング出雲の旅が見たいなと感じていただけたらクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-06-10 11:13 | | Comments(0)

お台場でオーストラリアカフェ(改訂)

f0050534_7234678.jpg


お台場メディアージュで昨日オーストラリアイベントがあり取材で行ってきた。オーストラリアでライフセーバーのシステムが誕生して100周年を記念して行われたイベント。現地ゴールドコーストからも超マッチョなライフセーバーのチャンピオンお2人ぜインホームズさんとヘイリーベイトアップさんが来日。とても強そうでこれならばエイリアンとでも戦えそうなぐらいパワフルでした。なにせ彼らは毎日4時に起きて6時間トレーニングをして夜8時には寝てしまうと言う。全般的にオージーは早寝早起きです。そして年間11ヶ月ビーチにつめていると言う。この1ヶ月だけが唯一シーズンオフでお休みらしい。すごい生活です。


 でももっとビックリしたのはライフセーバーがこの100年でオーストラリアで救助した人数はなんと50万人だそうです。そして日本からも俳優でありかつライフセーバーの飯沼誠司さんもご出演されて盛り上がりました
f0050534_7284680.jpg

そしてレストランなのでもちろんオージービーフはじめオーストラリア食材のオンパレード。特にタスマニアサーモンを使ったシーフードは絶品です

オージービーチカフェはお台場メディアージュ3階 「ポジテイブ デリ(電話03-3599-4591)}で7月8日まで開催です。ぜいオーストラリア食べに行ってください

また美味いもんだ~と思ったらクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-06-10 08:36 | イベント | Comments(0)