おかげさまで大盛況、写真展

f0050534_8201678.jpg
f0050534_8204187.jpg

10月6日に駐日オーストラリア大使をお迎えして写真展を銀座富士フォトサロン東京でオープンいたしました。嵐の影響もありましたが昨日まで4000人を越えるかたのご来場をいただきました。秋晴れの三連休よろしければ写真展お越しください。10月12日14:00までやっております
f0050534_8235013.jpg
f0050534_8241644.jpg
f0050534_82451100.jpg
f0050534_825219.jpg
f0050534_8262926.jpg

f0050534_8295836.jpg

f0050534_832099.jpg

# by masabike | 2006-10-09 08:32 | 写真展 | Comments(10)

秋の空

f0050534_8154282.jpg
f0050534_816936.jpg

写真展会場に行く途中、日比谷のビルの上の青空が「あーやっぱり秋だなー」と感じる朝に一瞬。思わず夕飯はやっぱりサンマだなと思ってしまいました
# by masabike | 2006-10-09 08:18 | Comments(0)

ドイツの旅 DAY4 アーヘン

今日はオランダ国境の町アーヘンに向かいます。
f0050534_23594124.jpg

デュッセルドルフからケルンに向かい、ケルンよりIC国際特急に乗り込みます。ドイツ語とフランス語と英語のアナウンスがありさすが国際列車と言う感じですそして列車のインテリアも良かったです。それとケルンの駅にあった広告が目に付きました。ドイツらしい広告とフォトキナの町らしく至る所にカメラの広告。新宿やアキバにも負けないくらいです
f0050534_032067.jpg
f0050534_035462.jpg
f0050534_043712.jpg

列車はドイツの田舎を160キロぐらいのスピードで駆け抜け(ちなみに新幹線ICEは300キロぐらいです)あっと言う間に国境の町アーヘン。テレビの世界の車窓を見て、一度で良いので列車で国境の町に着てみたかったと言うのがここに来たわけです。
f0050534_085760.jpg
f0050534_092223.jpg

ホームで列車の写真を撮っていると駅員さんが走ってきて何かわめいている。ドイツ語なので分からない。でもどうやら国境の駅なので撮影禁止と言うことらしい。
f0050534_0946100.jpg

駅前に降り立つとのどかなドイツの田舎の日曜日だった。後はどうしょうかな・・。
この次のブログに続きます
# by masabike | 2006-10-09 00:13 | Comments(0)

ドイツの旅DAY3フランクフルト~デュッセルドルフ

f0050534_23293092.jpg

フランクフルトよりICEという新幹線に乗ること1時間半、デュッセルドルフにつきました。そして再び町の散策。ショッピングセンターのデザインがインパクトがありました。
f0050534_23301280.jpg

f0050534_23303694.jpg

そして町の歩道で見つけたのはロシア製のバイク。ドニュエプルだと思います。知っている方教えてくださいな。そして今日のメインイベントに向かいます。
f0050534_23353038.jpg
f0050534_23355571.jpg

ナポレオンも通ったと言う、グルメ名お店。「ツムシフヒェン」豚のローストを頼みました。誰がこれ食べるのと言うくらい巨大です。今日の夕飯はいりませんと言う感じです。ビールと料理で約2000円。味は・・・・?。きっとナポレオンもドイツ遠征の戦いでそれまで何も食べていなかったのかもしれません。その後は口直しにライン川に近いビヤホールにアルトビヤーを飲みに行きました。美味かったです。腹もパンパン。時差ぼけで夕方7時には早くもベットに行きました
追伸 DAY3・5
寝たのもつかの間時差ぼけで夜中に目が覚めました。ホテルからの夜景です。さすがドイツ。深夜で車がいなくても、歩行者は信号を守っていました
f0050534_23463283.jpg

# by masabike | 2006-10-08 23:43 | Comments(0)

ドイツの旅 DAY2

f0050534_004594.jpg
f0050534_014289.jpg
f0050534_02886.jpg

今日は日本で買ったドイツレールパス(ドイツ国鉄4日間乗り放題)を使ってドイツ鉄道の旅デビュー。駅のインフォメーションで行きたい希望の所と時間を伝えるとPCで時刻表を打ち出してくれる。時間はもちろん、列車番号乗り換えホームも全て書いてある。安心半分不安半分。ホームにはかなり詳しく電光掲示板で表示されているし列車編成も書いてある。今日の目的地はローデンスブルグ。フランクフルトから約2時間のところ。途中乗り換えは何人もの人に聞きながらモー大変でした
f0050534_094694.jpg
f0050534_0101196.jpg
f0050534_0103923.jpg
f0050534_0114848.jpg

駅を降りるともうそこは中世の町。そしてお堀を渡り城門をくぐるとまさにリアルテーマパーク。ドイツ版飛騨高山と言う感じ。そして街の中心に出ると・・。
f0050534_015541.jpg

大市庁舎と時計台、大聖堂が広がっている。ひよっとしたらドイツディズニーランドかと思ってしまう。
f0050534_0181196.jpg
f0050534_0183360.jpg

大聖堂の中を見学。クリスチャンではないが敬虔な気持ちになってしまう。そして再び街を散策散策散策。そしてあー腹減ったのどが渇いた
f0050534_0211912.jpg
f0050534_0213780.jpg
f0050534_022090.jpg
f0050534_022598.jpg
f0050534_023242.jpg

お昼は肉の塩茹でになにやらソースのかかったもの。とりあえず隣のテーブルの人のを見て「あれと同じの」と手振り身振り。でもここのビールが美味かったこと。でもこのまま行くと帰るまでに体重は2倍になりそう
f0050534_0264513.jpg

そして2時になると街の時計台から人形が出てきて踊っていた。そのあと待ちの本屋でこんなものを見つけた
f0050534_029696.jpg

そう「アルプスの少女ハイジ」どうみても原画はメイドインジャパンだと思う
f0050534_0303768.jpg
f0050534_0305131.jpg
f0050534_031853.jpg

そして再びドキドキの鉄道の旅。だいぶ慣れたがやはり車内アナウンスはちんぷんかんぷん。ドイツ人の町内旅行風の人たちがシャンパンにソーセージで車内で大宴会だった。フランクでの夕飯は再びレーマー広場。
f0050534_0354364.jpg
f0050534_036440.jpg

きぉゆの夕飯はキャンドルの下、豚の骨付き塩茹でとまたまたビール。
f0050534_038437.jpg
f0050534_039728.jpg

f0050534_151796.jpg
f0050534_17078.jpg

f0050534_174572.jpg
市立劇場や市内の夜景をみてホテルに帰るとダウンした
# by masabike | 2006-10-08 00:15 | Comments(0)

ドイツ DAY1

f0050534_2301674.jpg

今回ドイツケルンでのフォトキナで写真展をさせていただけると言う夢のようなお話を富士フイルムさんから頂き、慌てふためきはらはらドキドキの気分でフランクフルトへやってきた。問題は一言もドイツ語が出来ない。機内で読んだドイツ語ガイドブックだけでは、地下鉄の看板、自動販売機はちんぷんかんぷん。何とか切符を買いホームに出る。赤い列車をみて初めて「あーここはシドニーでもメルボルンでもなくヨーロッパだ」と実感
f0050534_2354848.jpg
f0050534_2362118.jpg
f0050534_2365434.jpg

フランクフルトHbf(中央駅の意味、これが分からず最初かなりロスタイム)。地上ホームに出るとまさに映画の「終着駅」。赤いDB(ドイツ国鉄)の車両とICEと言うドイツの新幹線が並ぶ。行き止まりのホーム。大きなアーチドーム。パリ行き、アムステルダム行きなどの表示やアナウンスが飛び交う。思わず自分でシュチュエーションに酔ってまって、自分が映画俳優の気分。何を隠そうもともとは高校生のころてっちゃん(鉄道マニア)だったのでいつかはヨーロッパの鉄道とくにドイツの列車を撮りたかったので気分は絶好調
f0050534_2316899.jpg

でも腹が減っては戦はできぬでホームで売っていたイワシの酢漬けを挟んだパンに目が行く約400円。これをぱくつき再び英語で押し通し道を聞きながらやっとホテルにチェックイン。
f0050534_2323975.jpg
f0050534_23233513.jpg

ホテルに着くと11時間のフライトで固まった体をほぐすのと美味しいビールを求めて街に繰り出す。なんとなく公園がいたるところにあり、川が流れていてメルボルンにいるみたいな感じがする。
f0050534_2326631.jpg
f0050534_2326336.jpg

マイン川沿いを散策し、レーマ広場に出るとお目当てのソーセージ屋さんとビールがある。なんとか身振り手振りで頼む。白いソーセジが絶品。これで600円ぐらい。このころになると時差ぼけでモーレツな睡魔が襲ってきた。
f0050534_2331382.jpg

街中にはゲーテの生家もある
f0050534_23323749.jpg
f0050534_23331360.jpg

2杯のビールでハッピーになりながらフランクフルトの街を散策し、再びソーセージとビールをホテルの近くの少し怪しい親父のいる場末の酒場で飲み食べ、部屋に戻りバタンキューでした
f0050534_23362427.jpg
f0050534_23371389.jpg

# by masabike | 2006-10-07 23:21 | | Comments(0)

写真展準備完了

f0050534_005024.jpg
f0050534_012167.jpg

写真展戦闘準備完了しました。最後いろいろ手直しをしました。やっとうまくいき、プレオープニングをして深夜帰宅です。どうかお待ちしていますので皆様ご来場ください。写真展でお会いできるのを楽しみにしております
# by masabike | 2006-10-06 00:03 | 写真展 | Comments(5)

富士フォトサロン東京 写真展 開幕

f0050534_1218109.jpg
f0050534_1219479.jpg
f0050534_12191567.jpg

明日からいよいよ富士フォトサロン東京で写真展開幕です。全部40点のパノラマ写真展を展示します。夜は20時までです。期間中はフルに会場におりますので会社帰りに是非お立ち寄りください。(ちなみにとなりはニュー東京のビヤホールです)会期は10月12日までです。最終日は14:00までです。お間違えのないように。

お問い合わせ 富士フォトサロン東京03-3571-9411
# by masabike | 2006-10-05 12:28 | 写真展 | Comments(0)

速報ドイツ ケルンメッセ フォトキナ2006大成功でした

f0050534_12333497.jpg
f0050534_1234292.jpg

今朝ドイツから帰国しました。まだお腹の中にはドイツのビールとソーセージが残っている感じです。おかげさまで写真展は大成功です。会場はドイツ西部の世界遺産の大聖堂のある都市ケルン。古い町です。そこに幕張メッセの2倍ぐらいのケルンメッセ会場がありまして、そこで10月1日まで行われている、世界最大の写真映像見本市フォトキナの富士フイルム株式会社の展示ブースの中で行われました。作品は2.5メートルの大パノラマ写真19点で構成しました。テーマはPhoto is。世界中からのお客様で大反響で3日間立ちっぱなしで足が太くなりました
f0050534_12412077.jpg
f0050534_1242365.jpg

富士フイルムの会場はこんな感じです。1社だけで日本のカメラショウの会場1個分ぐらいあります。ともかく2.5メートルの写真も小さく見えます。そして写真展会場にはなんとコンパニオンまでいます。でもドイツ語が出来ないのであまりコミュニケーションがとれなくてシクシクです。
f0050534_1246082.jpg

そして会場の全体はこんな感じです。
f0050534_1246431.jpg
f0050534_1247647.jpg

取り急ぎまだ時差ぼけ、真っ盛りですが写真UPしました。明日にでも落ち着いて再度完全版をお見せします。もうダウンです。おやすみなさい。
f0050534_085815.gif

http://blog.with2.net/link.php?360806
参加してます。よろしくお願いします。
# by masabike | 2006-09-30 12:48 | Comments(6)

八戸~東京 耐久ツーリング

八戸~八幡平~鳥海山~酒田~米沢~喜多方~東京大体800キロ。朝4時過ぎ真っ暗な八戸を後にし八幡平を目指す。山を越え田沢湖手前で一休み。タイヤの溝が気になる。
f0050534_2342455.jpg

明るくなり落ち着いたところで朝ごはん。フェリーで津軽海峡を越えただけで景色の感じがまるっきり変わる。
f0050534_2355917.jpg
f0050534_2361680.jpg
f0050534_2363277.jpg

田沢湖ちかくで美味しい清水の場所でさらに一休み。博多人形並みの肌のコンディションを維持するのは大変です。ここの水は美味しいです。おそばゆでたら美味いだろうな。
f0050534_2383949.jpg
f0050534_2385266.jpg
f0050534_239724.jpg

東北の農村地帯をハイスピードで駆け抜ける。風のなかに稲の香りがする。大曲、横手、湯沢とすぎ
鳥海山。なぜかここの高原の中は巨大なものだらけ。恐竜のオブジェ、風力発電の巨大風車
f0050534_2312756.jpg

鳥海山のワインデイングで我を忘れた走りをした後は、かの松尾芭蕉先生も立ち寄られた象潟で名物イワガキを食する。あまりに美味しくて3つも食べてしまいました。しめは酒田でさらに土門拳大先生の写真美術館と酒田名物しょう油ラーメン。今日は酒田米菓さんお勧めの味竜。美味しかったです。そつなく美味しかったです。僕は年に1~2回酒田に来ます。自分の写真に慢心したり、撮影に行く前迷ったりしたら、ここで土門拳さんの写真を見て自問自答します。そしてラーメン食べて心も満腹にします。ちなみに酒田のラーメン屋さんは屋号に「月」がつくお店が多いです。これであとは目指すは東京。そしてその後にはドイツが舞ってます。
f0050534_2319165.jpg

今回走った距離は400キロ。バイクも虫だらけ。でも家に帰り酒を飲みながら次の旅を考えてしまいました。どうしてこうバカなんでしょう。でも旅の終わりは旅の始まりとも言いますので・・・。お後がよろしいようで。
f0050534_23232052.jpg

f0050534_2321546.jpg

# by masabike | 2006-09-17 23:03 | Comments(1)