休みの午後の楽しみ その2 SL

f0050534_18265750.jpg

FUJIFILM X30

午後の一休みは、音楽を聴きながら久しぶりに眺めた、昔の鉄道雑誌。「SL」という雑誌の創刊号です。C62の特集ですが、巻頭に、神様 廣田尚敬さんのグッとくるお言葉があります
「蒸気機関車は 人間のつくったもののうちで もっとも生物に近い機械である。」

いつ読んでもグッときます。そしてこの雑誌の写真が、今はやりのゆる鉄ではなく、ガチで被写体に向き合って撮っています。最近こんな力強い鉄道写真は見なくなりました。「ゆる鉄」という言葉に踊らされて、被写体と向き合い勝負することから逃げている鉄道写真家が多いと感じるのは僕だけでしょうか?

きっと今夜あたり、ブログが炎上するのかな?その時は海外逃亡します 爆

でも鉄道写真が一番鉄道写真らしくかつ終わりゆく蒸気機関車を追い求める狩人のような力強さがある写真が多かったです









# by masabike | 2017-07-17 18:35 | 鉄道写真 | Comments(0)

休みの午後の楽しみ その1

f0050534_18173595.jpg











f0050534_18173504.jpg


FUJIFILM X30

朝から相変わらず、リホーム後のかたずけに追われていたが、休憩時間に久しぶりにレコードを聴いた。確か大学生の時にジャケ買いした、新井満さんの「月山」 森敦氏の月山を読まれて、即興で曲をつけたと言われている。そののびやかでシンプルなボーカルを久しぶりにレコードで楽しみました。やはりCDに比べると音が柔らかくて、ボーカルが気持ちよかったです。今度はのんびりと昼間に冷酒でも飲みながら聞いてみたいです







# by masabike | 2017-07-17 18:21 | 写真アート | Comments(0)

旅飯 20170715 抹茶

f0050534_18133090.jpg









f0050534_18133097.jpg
FUJIFILM X30


富山県立水墨美術館に伺った際に、茶室が開いていてお茶が飲めた。素晴らしい庭園と日本画を堪能してのお茶は楽しかったです。アートとお茶は良い関係です。いぜん、ベルリンのヘルムートニュートン写真美術館に伺った際にも素晴らしいカフェがありました。空間と時間を楽しむ、美術館にとってとても大事なことだと思います





# by masabike | 2017-07-17 18:17 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

夏光 日本海

f0050534_09081826.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm


水平線の写真を撮っていると、ついつい杉本博司さんを意識してしまいます。
よく自分が影響された誰だれをオマージュして作品展というのを見ます。それはそれで良いことだと思います。でもオマージュするよりも、その人を超える作品を撮るつもりで作品を作らないと、それはアマチュアです。そして影響してくれた作家に失礼です。自分の作品が、あこがれの人を超える、越えてみせるその気持ちが一番大切だと思います。超える気持ちがなければ存在義務はないことになります。


昔撮影させていただいた、役者さんに「xxxさんは有名俳優のxxxさんに似ていますよね」とほめるつもりで言ったら「だから僕はダメなんだよ」といわれかえって申し訳なかったことがあります。それと同じです。影響された人を超える、これはプロとしての義務だと思います




# by masabike | 2017-07-17 09:39 | 日本風景 | Comments(0)

日本海光芒図

f0050534_09072534.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

新潟県親不知付近


 トンネルを抜けた途端この光が待っていた。撮影中はいつも車にハスキーを伸ばした状態と、16~55mm 50~140mm  100~400mmをセットしたXを3台スタンバイさせている。良い光はいつも予想しない時にやってくる。逆を言えば、予想した光はしょせん自分で考えつくぐらいだから大したことはない。以下にイレギュラーの光に出会いそれを逃さないか、そして出会った時にその光の何処が綺麗なのか瞬時に判断すること

でも一番に大事で究極なことは、このようなドラマチックな風景ではなく、なんてことない都内の路地の先や街角、あるいは田舎の農道で平凡な風景の中でドラマチックあるいは自分でしか撮れない瞬間を撮ることだと思います。被写体の凄さ、ダイナミックさ、あるいは動物とかだったら被写体のかわいさに頼らないこと。被写体頼みでは己の力とは言えないと思います。ですから僕ももっと精進し、切磋琢磨しないとオーストラリアの風景に頼っていてはまだ駄目です。

小津安二郎監督みたいに、日常の何気ない光と影を表現することが一番難しく一番のアートかなと思います。カワイイ すごいと言われている写真を撮っているうちは、まだまだひよっこか二流だと最近痛感しています

だからある意味今日の作品もまだ二流です 涙




# by masabike | 2017-07-17 09:21 | 日本風景 | Comments(0)

日本風景

f0050534_23070904.jpg
FUJIFILM X-t2&FUJINON100~400mm ASTIA
新潟県六日町

日本の何処にでもあるような平凡な風景、その朝の一コマ
平凡な風景だが、まさしくこれが日本の風景の原点だと外から戻ると思う
そしてこの平凡な風景をしっかり色と情感と質感が再現できるのがXシリーズだと断言で来る。あらゆるデジタルカメラの中で、個人てきには日本の風家の情感を撮ったら、Xシリーズの右に出るものはないと断言できる






# by masabike | 2017-07-16 23:11 | 日本風景 | Comments(0)

旅飯 20170715 寿司食いねえ 高岡南店

f0050534_23010852.jpg













f0050534_23010954.jpg










f0050534_23010916.jpg

FUJIFILM X30


昨日は、新潟・八海山神社で商売繁盛御祈願とリホームの無事完成の報告に伺いました。そしてその足で新潟から富山までお昼ご飯に行きました。富山と言えば富山湾のお魚のお寿司です。昨日はご存じ、回転すし「寿司くいねえ・高岡南店」にいきました。死ぬほど食べましたがベストスリーは、ノドグロ、金目鯛、ガスエビでした



f0050534_23011165.jpg








f0050534_23011062.jpg








f0050534_23011001.jpg









f0050534_23010968.jpg







f0050534_23010785.jpg



夏でもブリは美味しかったです。それと白エビとイカです。あ~~また富山に行きたいです


f0050534_23011125.jpg
奥様と二人でこれだけ食べました





# by masabike | 2017-07-16 23:06 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

旅飯 20170714 姫豚丼

f0050534_22561280.jpg

FUJIFILM X30


14日夜から昨日というか、今朝の夜中まで新潟&富山に撮影ともろもろ神事でいってまいりました
行きは14日に三連休渋滞を避けて夜に旅立ちました。夕飯は関越道・上里SAの姫豚丼です。800円とリーズナブルで美味しいです。メガ姫豚丼もあるのですが、さすがに自信はないです。最近のSAのご飯は美味しくなり値段もこなれて良くなりました。メニューも多いです。昔は高い、まずい、カレ-&アメリカンドッグ&ヤキソバでした
凄い進化です




# by masabike | 2017-07-16 23:00 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

和の時間 富山県立水墨美術館

f0050534_09533867.jpg
FUJIFILM X30


昨日、富山県立水墨美術館に行って来ました

展示の水墨画では、やはり横山大観がすごかったです。そして作品を飾る器、つまり美術館の空間も素晴らしいとこでした。これは富山県が世界に誇ってよい美術館だと思うのですが、東京ではまだ認知度が・・・・。いつかここで超巨大モノクロ作品展を開催したいです




# by masabike | 2017-07-16 09:58 | 写真アート | Comments(0)

ご縁

f0050534_11160701.jpg
PENTAX 645NⅡ+SMC45~85mm FUJIFILM Provia 100F
Kimberly Western Australia



昨日、17年ぶりに昔仕事でお世話になった方にお会いしました。2000年シドニーオリンピックの際に、デパートの高島屋さんでオーストラリア写真展をやらせていただき日本橋、横浜、京都、大阪、岡山と巡回展をした時の、僕の写真集&プリントの物販担当の方でした。彼女は18年前にお渡しした名刺をそのまま持っていてくれました。そして僕も家にそのかたの名刺があります。まさに名刺が取り持つご縁です


フリーランスの商売は何も、自分を守ってくれるものがありません。また自分の仕事を面倒を見てくれるものもありません。困った時、仕事を売り込むとき、相談する時、すべて人脈が大切です。つまり人脈という引き出しはフリーランスにとり、宝の鉱脈です。だから僕はサラリーマン時代からの名刺を今でもたくさん保管しています。ですからこの名刺ファイルがなくなることは、フリーで仕事をするときに海図をなくして、太平洋を横断して、補給地点を探すようなものです

自分が写真家になった後も、例えば後輩や新人さんのフォトグラファーさんとも名刺を交換する機会も多いです。もちろんきちんと交換し大切に保存しています。いつ何時、その新人さんに頭を垂れて教えを乞うときがあるかもしれません。また地方の方でしたら、何かの機会に再会できるかもしれません。だから名刺は宝なのでぜったにしてません。もしフリーランスのフォトグラファーやデザイナーで、お客様や同業者あるいはファンの人から頂いた名刺を捨てるような人があれば、その方はビジネスマンとしてぜったに痛い目を見ると思います。もし何らかの事情で処分するのならば、家で断裁して捨てるべきです。公の場で捨てる人を見かけたら、その人は完全にOUTです。もし一見素晴らしい作品を撮っていても、魂のない作品になっていると思います。僕らが仕事で生き残るのは出会いの運命が多いです。ぜひ皆さんも名刺を大切にしてください。ちなみにうちの名刺をカメラ店に持って行っても、カメラは安く買えません。ご理解ください 爆

今日の作品は高島屋さんで展示したものです






# by masabike | 2017-07-14 11:32 | 写真展 | Comments(0)