<   2017年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

晩夏 日本海

f0050534_08530160.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON18~135mm

ついこの間、夏の日本海を撮ったと思ったのに、もう冬の撮影の準備をしている。時がたつスピードが増加している。家にいると撮影に行かなくてはと思う、恐怖感に駆られる。時間が10倍ゆっくり流れてくれればよいと、11月を迎えて思う朝だった



by masabike | 2017-10-31 08:55 | 日本風景 | Comments(0)

FUJIFILM X Series FB 10月25日より 

f0050534_08300590.jpg

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「晩秋黎明図」北海道 屈斜路湖 (美幌峠より撮影)
FUJIFILM X-T2+FUJINON XF10-24mmF4 R OIS

大きな風景を撮るときに、一番重宝しているのが今回のXF10-24mm。
このレンズが登場するまで、Xシリーズを使っていてもランドスケープ撮影でこの1発での決めカット、いわゆるキラーフォトと言うのが自分の中では少なかった。超広角なので広く写せることは当たり前だが、心の中で見た「遠近感」や「デフォルメ感」これがこのレンズの登場により、思うままに表現できるようになった。それまではXF14mmを使用していたが、大陸サイズの風景になった時あと一味欲しかった。XF10-24mmの発表が決まり、広告の撮影を頼まれた時に、真っ先に思い浮かんだのが美幌峠からの屈斜路湖。そのスケールの大きさと気象変化の激しさによる、目まぐるしいイメージの変化。当時同時発表のX-T1と併せてここしかないと、即決したロケ地。

今回も自分の背後から、大地を覆うような雲が覆いかぶさってきた。その圧倒的存在感を出すために10mmワイド側めいっぱいで撮影した。また美幌峠のように気象変化の激しい場所では、フィルムシミュレーションも秒単位で変更する。Velvia ASTIA ACROS各モードを頻繁にチェンジする。そんな時にQボタンにセットしたカスタム設定は、撮影者の心のイメージに素早く対応し、かつ被写体から眼を離す時間も少ないのでシャッターチャンスも逃がさない。ちなみに僕のカスタム設定は下記の通りです。

C1 ACROS+R 風景モード
C2 ACROS+G 人物モード
C3 Velvia 風景 紅葉 朝日 夕日モード
C4 ASTIA 風景 雪 霧 雨モード
C5 クラシカルクローム ストリートフォトモード
C6 プロネガ STD Food インテリア モード




こんな感じで設定して、それぞれの現場にあわせて名前を付けて、さらに追いこみ作品を作りあげます。細かい設定は・・・・企業秘密です 笑。
カスタム設定に関しては、たくさん話すこともあるので次回にも詳しくお話しするつもり。ぜひXF10-24mmとフィルムシミュレーションを自分の物にして、ダイナミックな紅葉をお撮り下さい。 To be continued











by masabike | 2017-10-31 08:31 | 日本風景 | Comments(0)

ブログ300万人記念 プレゼント

f0050534_19352989.jpg
PENTAX K3+10~17mm Fish eye
東京 江北橋

今月、長い間の皆様のご支援ご贔屓の賜物として、相原正明 ブログ 訪問者が300万人を達成いたしました。
2006年1月から開始したブログも、来年1月で満12年。干支で言えば、ちょうど一回り。それを記念して大判ふるまいのプレゼントをさせていただきます


半切サイズ 額装にした、上記作品をおひとりさまにプレゼントさせていただきます
当然プレゼントなので無料です。ただオリジナルプリント+額装ですのでおひとり様です。申し訳ありません

抽選方法、応募方法の詳細は改めて後日またブログにてお知らせいたします

ただしプレゼントにはいくつかの条件がございます
1)写真業界関係者は除きます メーカー ラボ   カメラ店 額装店  プロ写真家 
2)作品を引き取り来ることが可能な方、もしくは着払いで受け取りが可能な方
3)転売しないこと 必ずご自身の所有としてお家もしくは職場学校等に展示してくれる方、あるいは長い間、大事にしていただける方。 転売等が発覚した段階で、正規の販売価格をご請求させていただきます。
4)相原正明の個人的な友人は除きます

どのように抽選するかは内緒ですが、かなり独断度偏見で選ぶかもしれません。できればペンタックスさんのユーザー 20~40代でお家を新しくされた方 何かの節目にある方。そんな形で選ばせていただきたいと思います

尚作品は 先月 写真家 江口善通氏 主催のグループ展に展示したものです。額等に若干の傷がある場合もございます。ご理解のほどお願いいたします










by masabike | 2017-10-29 19:51 | イベント | Comments(1)

12月10日ワークショップのご案内

f0050534_12513005.jpg










f0050534_12515546.jpg











f0050534_12521527.jpg


FUJIFILM X-T2&Pro2 carl Zeiss Touit12mm FUJINON16~55mm 50~140mm

2016年12月上旬撮影



そろそろ東京も紅葉前線がやってきます。そしてあっという間に年末です。今年最後のイベントとして 12月10日 B&Wフォト企画様 主催 相原正明 ワークショップを開催いたします


落ち着いた庭園の文京区 六義園 駒込駅からすぐ近くです。当日は朝9:20分集合で撮影です。コンデジから4x5フィルムカメラまで何でもOKです。もちろん初心者でも、あるいはこれから写真を始めてみたい方、写真展をしてみたい、ありとあらゆるレベルのお客様にご対応いたします。不動産イメージ広告で培った、何気ないところで被写体を見つける極意ご伝授いたします


詳細は上記のリンクよりご覧ください
基本情報
開催日 12月10日 文京区 六義園 09:20集合  09:30開始
参加費 4500円
募集人数 12~13名

優しく丁寧にご指導します。(ほんとです笑)  皆様のご参加心よりおもち申し上げます







by masabike | 2017-10-29 13:00 | ワークショップ | Comments(0)

ブログ300万人突破

f0050534_08243418.jpg
FUJIFILM XQ2


秋の紅葉の撮影に追われていたり、ウォンバットの写真展準備に夢中になっている間に、ブログの訪問者300万人を突破していました。
ブログを始めたのが、2006年1月 雪の日でした。朝、庭の椿に積もった雪をNikon D70+Nikkor35mmで撮影したのが始まりでした。当時は初のデジタルイチガンD70を買ったばかりで、RAWデーターをLOWつまり低い 小さいデーターと勘違いするデジタル素人でした


ただ当時、オーストラリアのランドスケープの作品のイメージが思った以上に皆様に強く残り、「相原さんは人物は撮らないの?」とか「もう作家に専念して、不動産広告や雑誌の仕事はしないの?」、といろいろな方から言われ、オーストラリアの風景しか撮らない、あるいは下手すると、風景しか撮れない、そんな偏ったイメージにならないために始めました。また写真展や講演会にお見えのお客様から「次の写真展や、イベントがあったらお知らせください」とか「私の友達にも写真展をお知らせしたい」とメッセージをいただき、すべてを郵送やメールでカバーできないので、不特定多数の皆様に発信する方法としてブログを選択しました


そしてデジタルならではの強み、つまり撮影後現像してプリントする必要がないので、撮って出しでメディアつまりネットにUPでき、自分がメディア発信基地で、情報を世界に出せることでした。それまでは写真展や、もろもろの告知は雑誌社や新聞社が取り上げてくれないと、発信できませんでした。だから自前でテレビ局や新聞社を持ったようなものです。そして日々なんでも撮影しUPできる、その日の気分で被写体にアプローチしてUPできる。こんな面白くかつ、日々撮ることで撮影のスキルとモチベーションがUPします。音楽家の人が毎日練習するのと同じことです。そんなわけで何でも撮るということから「つれづれ」ということをブログタイトルに入れました


あと予想もしない効果がありました。今までコンタクトしなかった、できなかったアマチュアの写真家の方、地方あるいは海外の写真がすきなかたとパイプが出来て友達になれたことです。ブラジルのAyanoさん カタールの福嶋さん 奈良の山口さんは知り合いそのままS5proからXレンズ沼にはめ込んでしまいました(でも彼は今、立派なXフォトグラファーです) またブログで知り合った愛媛の岡田さんは、ブログのコメントで「うちの学校で講演とかしてくれないかな?」がご縁で、岡田さんがお勤めの学校で、大講演会をさせていただきました


そんなブログも初めて11年。そのあいだに、100万人突破が、311の朝という、つらい思い出にもなりました
これからも1億人目指して、ブログ頑張りますので、皆様ご贔屓よろしくおねがいいたします








by masabike | 2017-10-29 08:44 | イベント | Comments(0)

寒山凍霧図 三国峠

f0050534_17513897.jpg
Nikon D850+Nikkor300mm
RAWデーター~lightroom

巷ではNikon D850が大人気。一部では2ヶ月待ちの報道も。でも少し元気がなかったNikonさんこれで、息を吹き返したみたいでよかったです
お試しで借りたD850.カラーよりモノクロームにするとその画素数のUPの恩恵がよく解ります

諧調表現が豊かになり、暗部の描写が素晴らしくなっています。これでプリントしてメートル越え、できれば2メートルぐらいのプリントをバライタペーパーで制作したら素晴らしいと思います。今回の画素UPで被写体とレンズの間の空気感がものすごく表現できるようになりました




by masabike | 2017-10-28 17:57 | 日本風景 | Comments(0)

北辺月光図

f0050534_16511513.jpg

Nikon D5+Carl Zeiss Distagon 15mm

満月の夜、お気に入りの木が月夜に向かい、背伸びをしていた。

我ここにあり、撮るべし そんな風に言われている気がする
今回の機材はNikon D5。多くのカメラ雑誌のテスターカメラマンがスペックでのみD5を評価している。それは大きな間違え。D5のうわべしか見ていない。本当のフラッグシップモデルの凄さは、カメラの存在を忘れるほど、マンマシン一体になれる凄さ。カメラの存在を忘れるほどの体の一部になる操作性能。それに心のスイッチと連動しているかもしれないと思わせる、シャッターフィーリングトストローク。Nikon D5をスポーツや報道のカメラと思うと大きな間違え。瞬間を捕獲しセンサーにとじ込めるためのマシン。風景だろうが、ポートレイトだろうが、すべての光はD5にロックオンされたら逃げることはできないと今回の風景にD5を使用した時に感じた。

カメラをスペックでのみ評価をする時代、N VS C など対決評価する時代。もういい加減にやめてほしいと思う。どのシーンにどの機材が最適か、あるいはどのような作品作りに向いているか、数字に出ないところで評価してほしい

FUJIFILM Xシリーズでもそうだ。相変わらず、一部のデザイナーや印刷会社では APS-C jpegだから印刷入稿は画素が足りない、xシリーズでの入稿データーはピクセル数が足りない。いやになってしまう。進化しているデジタル機材を評価してほしい。xシリーズにしても畳3帖大上にひき伸ばせるのだから、A4の雑誌ではへのカッパということを!!

カメラ=スペック そろそろ終わりの時代と感じます





by masabike | 2017-10-28 17:05 | 日本風景 | Comments(0)

Pandani at rain

f0050534_16143711.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

今年の東京は雨ばかり、そんな時にタスマニアを思い出す。パンダに生えているクレイドルマウンテンは年間250日以上が雨
だからこそしっとりした空気感と、きれいなクッションプラントが生えている

雨の降る外を眺めていると、タスマニアが恋しい。帰りたいな~





by masabike | 2017-10-28 16:17 | タスマニア | Comments(0)

板橋グルメ 新コース 喜多八&鯛 塩そば

f0050534_15543727.jpg










f0050534_15544919.jpg






f0050534_15544244.jpg


FUJIFILM X30


昨日は、写真関係のお客様と、じっくり板橋駅前 ヤキトン 喜多八でホッピー片手にじっくり3時間の宴会。昨日は開始が早かったので、シビレ(豚の脂)もありラッキーでした。ここと、駅の反対側の居酒屋さん 松月の煮込みは、板橋の双璧だと思います。美味しいですよ。さらに昨日はニンニクたっぷりコブクロ刺し!!精力充填です




でも喜多八さんは最後の〆のご飯系がないので・・・・昨日は新展開で!!!!!



f0050534_15550379.jpg

最近できた、鯛で出汁を取っているラーメン屋さん 「鯛 塩そば緑」に行きました。喜多八さんのすぐ隣です。
鯛の出汁の塩そば、とてもあっさりしてまるでコンソメみたいでした。それもそのはず、ここのオーナーさん パリの二つ星のレストランで修業されていたみたいです。ですのでお味は、しっかり基礎を勉強した、正しいスープという感じでした。最近、ただメガ盛+コテコテラーメンが流行っていますが、何かほとんどが独走というよりも自己流、自我流という感じで飽きてきました。久しぶりに正しいラーメンという感じです。

ある意味で写真界も似ているかもしれません。やたらに彩度が高く、マゼンタ色がプラスしていたり、必要以上のHDRやハーフNDの多様、コテコテメガ盛ラーメンと同じかもしれません。写真もそろそろ基礎をしっかりした品格のあるスープに戻る気配がしてきました。

でもちょっとこってりしたヤキトンや煮込みのあと、あっさりスープの鯛ラーメン。とても良い組み合わせだとわかり、新・板橋ゴールデンコースと呼びたくなりました









by masabike | 2017-10-28 16:05 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

池田市 五月山動物園 ウォンバットさんたち

f0050534_10291229.jpg











f0050534_10295123.jpg















f0050534_10301294.jpg











f0050534_10310020.jpg










f0050534_10314438.jpg







f0050534_10331806.jpg









f0050534_10360071.jpg














f0050534_10370794.jpg










f0050534_10373284.jpg










f0050534_10401140.jpg








f0050534_10402328.jpg

昨日、池田市 五月山動物園で、タスマニア州ロンセストン市から寄贈された、ニューフェイスのウォンバットさんたちを撮影に行きました
池田市とタスマニア州ロンセストン市の姉妹都市50周年の記念事業として、従来の3頭のウォンバットに加えさらに3頭のウォンバットが送られました

それを記念してウォンバットと仲間たちin タスマニア写真展を開催いたします。タスマニアで撮影したウォンバット、ワラビー 、デビルそして大原生林の写真展です。11月29日~12月4日 池田市民ギャラリーで開催いたします。その時にさらにお見せする作品として、昨日ウォンバットさんたちを撮らせていただきました

撮影は特別の許可をいただき、飼育員の方立会いの下に行いました

何度見てもウォンバットさんたちはかわいいです

撮影 FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm
LUMIX GH5+LEICA12~50mm 100~400mm 4Kフォト






f0050534_10285578.jpg







f0050534_10335884.jpg








f0050534_10340608.jpg



五月山動物園にはタスマニア広場と呼ばれる園内に、ウォンバットのほかワラビーやエミューもいます。実はタスマニア州 ロンセストン市に行くと池田市から寄贈された、ニホンザルの猿山があります









f0050534_10284417.jpg

今回、撮影中に妙にウォンバットになつかれて、足にしがみつかれました。帰らないで攻撃を受けました 笑 タスマニアの匂いがしたのでしょうか?www

今回は特別な許可をいただき、飼育員さん立ち合いの元、柵内で撮影しましたので、ウォンバットと接触いたしました
通常の観覧では、柵内に入ることはできませんので、ご理解お願いいたします


五月山動物園には、現在6頭のウォンばぅっとがいます。ぜひ皆さん、ウォンバットさんたちに会いに来てください。入園無料です!!そして11月29~12月4日の相原正明 ウォンバット写真展もよろしくお願いいたします





by masabike | 2017-10-28 11:00 | タスマニア | Comments(0)