<   2017年 08月 ( 70 )   > この月の画像一覧

餃子week?

f0050534_23002337.jpg









f0050534_23002408.jpg

FUJIFILM X30
今週はなぜか餃子が多いです。月曜日は板橋駅西口の同心房。ここは餃子も美味しいですが、チャーハンもGoodです




f0050534_23002426.jpg
大阪に来るとき、新東名 浜松下り線SAで、浜松名物 餃子を食べましたが、味は少し????でした
上り線のSAの餃子はおいしそうでしたが・・・・・・・・


by masabike | 2017-08-31 23:17 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

されどフィルム

f0050534_23002439.jpg


FUJIFILM X30

昨日の琵琶湖でに撮影。ドラマチックな雲が出た。その質感を出すためには、デジタルでは少し無理かなとも会ったので、フィルムを選択。フィルム使うならば、いまはNikon F6です。最新のレンズもほぼ使えます。昨日はF6+Carl Zeiss Otus28mm+FUJIFILM Velvia50の組み合わせです


フィルムとデジタルどちらが良いか?というのはナンセンスな考えです。それぞれに独特の味付けがあり、どのような表現をしたいかで、デジタル&フィルムの選択となります








F

by masabike | 2017-08-31 23:06 | カメラ | Comments(0)

スポーツフォトグラフィー

 



f0050534_10365124.jpg







f0050534_10365103.jpg


いよいよ今日から、富士フォトギャラリー大阪で「音と光の間 桂 花團治襲名を通してみた落語の世界」写真展です。そして今晩はサッカー ワールドカップ アジア最終予選 
Japan VS Australiaです。もちろん応援はJapanです 笑

そんなわけで、今日は写真展会場で 元日本代表 ガンバの遠藤のTシャツです。そういえばワールドカップやオリンピックが近づくと「相原さんはオリンピックとかサッカーの試合を撮りにいかないんですか?」と聞かれます。答えはいつも、「いかないです」です。僕はスポーツにたけたフォトグラファーではないので撮れないから行かないです。と、ご説明します。でも多くの人は「でもいい機材もっていけば、プロなんだから撮れるでしょ?」と聞かれますが、「いいえ」と答えます。スポーツの写真の世界そんなには甘くはないです。オリンピックで僕が撮れるのは、せいぜい開会式ぐらいです。試合に関しては素人よりも上手には撮れるかもしれませんが、ケースバイケースです。たとえば下記のような場合はどうでしょうか?

1プロフォトグラファーが撮ったサッカーの試合

2プロフォトグラファーだけどサッカーの試合撮影経験なし。機材は最新のハイスペック

3アマチュアだけど サッカーに精通していて、いつも試合を趣味あるいは記録で撮っている。機材は最新のハイスペック

4アマチュアあるいはメディアの記者だけど、超ハイスペックのプロ機材を持っている

14の場合誰が一番上手に撮れるか?答えは僕は下記のようになると思います

132、4です

よく最新の機材があれば、アマチュアでも記者でもプロフォトグラファー並みそれ以上に、よい作品を撮れるという人がいます。そう発言する、プロカメラマンすらいます。それは大きな間違えです。もしプロフォトグラファーでそうゆうことをいう方がいらっしゃったら、残念ですがその方はスポーツ写真のすごさと真髄がわからない方だと思います。


その訳は、試合や競技の流れを予見予知する能力、そしてその未来の時間に対して対応することが不可能だからです。

例えばサッカーであれば、ボールウォッチャーでは撮れません。本田圭佑が、ピッチのここを見たら、逆サイドの長友が走るとか、バレーボールでセッターがこのポジションだったら、前衛ではなくバックの選手にバックアタックのトスを上げるとか読みそして反応できないと無理です。サラリーマン時代、会社がキリンワールドバスケットというイベントをしていました。記録係で試合を撮りに行ったのですが、最初のころは選手の動きにまるで目が追い付かないです。やぅっと動きが読めて撮れるようになったころ(それでもお笑いぐらいの作品でしたが)イベントは終了しました

。また知り合いの広告系フォトグラファーがタレントさんでレーサをしている人に頼まれて、バイクの鈴鹿八時間耐久レースを撮りに行きましたが、彼はバイクレース未経験。行く前に、ほかのスポーツ専門に代わってもらったら?とアドバイスしましたが、「大丈夫だよ、俺もプロで20年やっているから」 1週間後、彼から連絡があり「フィルムで400本撮ったけど、バイクがきちんと写っているのが1枚もない(1990年なのでフィルムです)誰か相原さんの友達でレースカメラマンがいたら、タレントのxxxxさんのマシンが写っているカット売って欲しい」と頼まれました。こんな具合です。カメラ機材が進化したら、例えばLUMIXSONYなどの高速連写機能が進んだら、プロスポーカメラマンよりもハイアマチュアや記者が上手に撮れるというのは大きな間違いです。いくら連写しても、駒と駒の間には『間』が存在します。決定的瞬間はその「間」に

潜みます。その間を見つける、決定的瞬間が試合の場面に来るか見極めるのが、プロの眼力です。そういえば昔、太平洋戦争の撃墜王 坂井三郎氏が「空中戦で機関銃を撃つときは、連射はしない。ここぞというときにパパッと撃つ」と仰っていました。写真も射撃もプロの技が第一で機材は単にそのサポートです。機材に溺れるフォトグラファーは機材にしっぺ返し食らいます











by masabike | 2017-08-31 10:40 | カメラ | Comments(0)

音と光の間 写真展 富士フォトギャラリー 大阪で本日より開催

f0050534_10263687.jpg







f0050534_10263613.jpg








f0050534_10263608.jpg






f0050534_10263759.jpg


FUJIFILM X30

富士フォトギャラリー大阪での個展 「音と光の間」本日よりスタートです。昨日から設営作業いたしました。桂 花團治師匠と写真家HSEOさんから、素晴らしいお花を頂きました

本日は 1100と1400からギャラリートークを開催いたします。参加費無料です。ぜひお越しください。お待ち申し上げます








11:00と14:00にギャラリートークがございます。参加費無料ですお待ち申し上げます

by masabike | 2017-08-31 10:30 | 写真展 | Comments(0)

下町 お祭り

f0050534_10484961.jpg

Nikon D5+Nikkor70~200mm
江東区南砂町 富賀岡 八幡宮例大祭


 8月も終わりに近づくと、東京もお祭りシーズン。先日仕事で行った下町でお祭りに遭遇。粋な下町女子がたくさんいました




by masabike | 2017-08-29 10:50 | TOKYO下町 | Comments(0)

いよいよ明後日からです 相原正明写真展 音と光の間

f0050534_07365441.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm
繁昌亭 ・大阪
池田の猪買い

いよいよ明後日からです。相原在廊日は8月31日 9月1日 2日 3日 4日です 
3日は、午後1時から4時半はトークショウのためギャラリーには不在となります。申し訳ございません


9月3日トークショウまだ若干お席ございます。桂花團治師匠もお越しの予定です

FUJIFILM X Series FBより転載

【イベント】
相原正明さんによる上方落語の写真展
8月31日から富士フォトギャラリー大阪にて開催!

当Facebookページでも雄大な風景作品や情緒あふれるモノクロ作品でおなじみの写真家 相原正明さんによる写真展「音と光の間 ~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」を 8月31日より、富士フォトギャラリー大阪にて開催します。

本写真展では、3代目桂花團治師匠の襲名を追いかけ、Xシリーズと共に見た落語の世界を A1サイズの大判プリントでご覧に入れます。Xシリーズの電子無音シャッターを使用することにより、従来撮影が許可されなかった高座のみならず、楽屋、舞台のそで、そして裏方の世界までお見せします。
8月31日から9月2日は毎日ギャラリートークも開催しますので、写真展とあわせてぜひお楽しみください。

さらに9月3日にはスライドトークショーも開催します。参加申し込みは8月20日(日)までですので、お申込みはお早めに!
※応募者多数の場合は抽選、トークショーは写真展会場と異なりますのでご注意ください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

写真展について詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044644/


トークショーについて詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044668/

トークショーお申し込みはこちら
http://bit.ly/2v3WOeo

<相原正明さん写真展「音と光の間
~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」>
日 時: 8月31日(木)~9月6日(水) 10:00~19:00
     (土日祝日は18:00まで、最終日は15:00まで)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
http://www.prolab-create.jp/gallery/osaka/

<相原正明さんギャラリートーク>
日 時: 8月31日・9月1日・9月2日
     ①11:00~ ②14:00~ (各1時間予定)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
参加費: 無料(予約不要)

<相原正明さんスライドトークショー>
日 時: 9月3日(日)
 1部: 13:00~14:30
     写真展 音と光の間 作品解説 撮影裏話
     桂花團治師匠もご登壇予定です
 2部: 15:00~16:30
     旅写真の極意 風景 スナップ 乗り物 Food
     全て見せます!教えます!
会 場: 富士フイルム 大阪サービスステーション
http://fujifilm.jp/…/repairse…/servicestation/region002.html


定 員: 20名(応募者多数の場合は抽選)
参加費: 1部 2000円、2部 無料

by masabike | 2017-08-29 08:04 | 写真展 | Comments(0)

Nikon 100周年祈念Nikon Fun Meeting


f0050534_19531920.jpg




f0050534_19523662.jpg








f0050534_19523848.jpg








f0050534_19523861.jpg


Nikon D5+Nikkor24~70mm


本日、ニコン100周年記念 イベント。Nikon Fun Meetingに伺いました。新製品D850も気になりますが、やはり一番見たかったのはニコンのレジエンド。スペックには出ない凄さ。これを見たかったです。その最たるものが、スペースニコン。スペースシャトルで宇宙に行ったニコン、これこそがレジエンドです。特にこのニコンFのレンズの突起なんだと思いますか?宇宙服を着て操作しやすいようにした引っ掛かりです。もうこれで満足して帰ろうかなと思ったのですが…、もう1つのレジエンド・・・・


f0050534_19525108.jpg


そうミスター ニコンことニコン フェローの後藤さんです。まさに生きるニコンです。
f0050534_19525098.jpg







f0050534_19523713.jpg








f0050534_19525254.jpg







f0050534_19523720.jpg
でも後藤さん、何やら10代の人たちに囲まれていました。全員このニコン好きの方たち、10代です。高齢化が進むニコ爺に代わり世代交代、すごいです。しかも全員がフィルムカメラ!!富士フイルムさん あと50年はフィルムお願いいたします



f0050534_19525020.jpg










f0050534_19525117.jpg
そして今回のイベントで、いちばんおもしろかったのが、ニコンF分解・清掃・組み立ての公開実演です。スゴ~く面白かったです。時間にしてばらして、清掃して、くみ上げて1時間少しです。この工程DVDで売ってくれればいいのにと思いました。その分解清掃を取り仕切るのが、Nikonを直したらこの人の右に出る人はいないと言われる、キィートスの社長 国井さんです。僕のNikon F&F2は国井さんがオーバーホールしてくれました。特にF2は、シャッター音がオーバーホール後、買ったときと同じキレのいい音になっていました。神様です

f0050534_20084962.jpg
そして今年のphoto next講演でお世話になった、元後藤研究室の鈴木さんで。いつもお世話になっております


f0050534_19525107.jpg
そしてニコン タスマニアプレミアムキャンペーンでお世話になったスタッフの皆様ともお会いすることが出来てとてもうれしかったです

あっ!ついNikon D850を触るの忘れました。すいません

でも今回 D850で撮影した作品はしっかり拝見しました。より動体に対してのAFのキレが増した気がします。でもいま名取の撮影でD5をお借りしていますが、NikonD5あるいはTopモデルを使用して、何がすごいかというと、スペックに出ないことがすさまじいです。特にD5のシャッターボタンのフィーリング、まさに実戦で鍛えられたフィーリングです神がかり的なフィーリングです。それから各操作系の連携など、写真家がそれぞれのシュチュエーションで何を考え、どのような行動あるいは設定変更をするかよくわきまえています。まさにD5はターゲット補足&映像化のウエポンです。名ばかりのプロ機でも張り子の戦闘機でもない、まさに光と影と戦うマシンです。でも悲しいかな、カメラ雑誌のテストやwebでのテストではそのようなことが書かれていません。ライターカメラマンの方が忙しいのはよくわかります。でも忙しいけど、そん道のプロなので、ぜひ触った瞬間にその凄さを見抜いて記事にしてほしいです。

そしてやはりニコンの最大のスペックはレジェンドです。いかなる環境 条件 でも確実に動き、確実の映像を撮れる。これが最大で最強のスペックです。今日ニコンの方とお話して、2つ出していただきたい商品があります

1オールマニュアル 露出もフォーカスもすべてマニュアル。出来ればモノクロ専用。「使いこなしてみろ」というお客に迎合しないカメラ

2Nikon F 分解清掃組み立てのDVDです

本日は楽しませていただきました。ありがとうございました




 

by masabike | 2017-08-27 20:20 | イベント | Comments(2)

Endress

f0050534_23441935.jpg
FUJIFILM X-pro2+FUJINON18mm




このトンネルの向こうに、MIHO Museumがある。今回の展示はこれ!!









f0050534_23445433.jpg










f0050534_23445981.jpg


今回の展示は、雪村(せっそん)。大胆な構図と独特な着眼点、そして太いけど優しい線。とても勉強になりました。見て自分の物に出来るか、栄養として取り込めるか?それはわかりません。でも等伯や、雪村、光琳など絵もそうですし、小津安二郎氏や黒沢明氏 コルビジュエなどなどいいものをたくさん見ると、何が素晴らしくなにが本物か、ほんの少しだけわかる気がします。そしてなにも素晴らしいものを見ないと、何が素晴らしいのか基準が出来ると思います

以前、シドニーで世界TOPのシェフ、Tetuya氏にお会いした時「オーストラリアは移民の国、子供のころからいろいろな味覚に接する機会がこの国の子供には多い。いろいろな味覚で育った子供たちは新たな、素晴らしい味覚を見つけると思う。そしていつの日か、ここで生まれた子供たちが世界TOPシェフになると思う」と、おっしゃっていた。写真も同じだと思うインスタグラムやFBもいいけど、しっかりしたプリントした本物を見ないと、基本や基準が定まらない、受けだけがいい写真家ごっこの人たちが増えていきそう。きちんとした、基礎があり、コンセプトや哲学があり、きちんとした絵コンテが書ける、それがプロとしてやっていくお作法だと思う。

 お作法がない、イイネだけが頼りの写真では、写心と言えない。それは邪心だと思う。写心は自らの心に正直であり、観た人の心を打ち、楽しくなる、あるいは心が豊かになる、心が動かされるものでなくてはならない。見た人が、こころではなく、単にカメラが欲しい、では心ではなく財布が動くだけ。カメラは素晴らしい作品を撮る通過点に過ぎない。写心は写真を愛する全ての人に宿るもの。けして自分の名誉や収益を最優先としてあるものではない。はじめてカメラを手にした時、好奇心いっぱいで楽しくて楽しくて時がたつのも忘れた。もし若いころからコンテストで一番になることだけを考えて写真を撮ったら、邪心に陥りやすいと思う。

 とくに最近、SNSの発達とともに写真を食い物にする、邪心家が増えた気がする。でも気がついたら自分もそうならないように注意しないと、朱に交われば赤ではなく、真っ赤になっていたら笑い話にもならない


長いトンネルを抜けると今回は。雪村というアートがあった。帰り道、また長いトンネルを抜けて俗世に帰った。そこにあるのは写心なのか邪心なのか。僕は前者であり続けるために精進したい





by masabike | 2017-08-27 00:06 | 日本風景 | Comments(0)

ごま入り麺 麺や宝龍

f0050534_15364742.jpg

FUJIFILM X30

いつも買い物に行く志村のオリンピック。その手前にある町の中華屋さんが気になっていたので、本日 買い物がてらに行きました。ここの目玉はゴマ練り込の麺です。頼んだのはゴマ麺の、ゴマラーメン。お汁までゴマたっぷり。あっさりした味わいです。スープも美味しく、また行きたいです。隣の人のレバニラ炒めと、メニューのオススメ、ガーリック塩焼きそばが、次回のターゲットです






by masabike | 2017-08-26 15:41 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

桂花團治師匠の東京公演

f0050534_09214646.jpg
LUMIX GH5+LEICA42.5mm

桂花團治師匠の東京公演のチラシとお手紙が届きました。9月27日東京 渋谷で花團治師匠の東京のお知らせです。

今、脂の乗り切った花團治師匠の話芸をご覧ください




by masabike | 2017-08-24 09:28 | 落語 | Comments(0)