<   2014年 01月 ( 78 )   > この月の画像一覧

カールツァイス Touit 50mm f2.8macro お目見え

f0050534_17122461.jpg









f0050534_17124479.jpg












f0050534_17125161.jpg












f0050534_17123123.jpg
ISO3200











f0050534_17123823.jpg

ISO6400



カールツァイスTouit 50mm  macro+FUJIFILM XE2 ISO200~6400

今カールツァイスの50mmマクロを使っている。線がFUJINOより細く繊細な気がする。なによりも赤の色ののりが、やはりツァイスマジックを感じる。とくにマグロの赤身、神社の木材、女性のセーターの色のりと、繊維のピッチをご覧ください。まさにツァイスです。富士フイルムやニコンのボディーにツァイスの組み合わせは
ドイツのマイスターと日本の匠の技のコラボです




by masabike | 2014-01-31 17:19 | カメラ | Comments(0)

実戦テスト 日本海海戦

f0050534_16274033.jpg






f0050534_16274686.jpg










f0050534_16275282.jpg

FUJIFILM X-T1  10~24mm

今回X-T1のフィールド実戦テスト撮影は2つの目的があった。1つはキャンペーン用広告の作品撮り。もう一つは発売前の最終機ですので過酷な実戦テスト。爆弾低気圧通過の日本海・笹川流れで撮影。まさに日本海海戦。これで動かなければX-T1は、所詮シティアウトドアカメラという評価になる。打ち付ける雪からも潮風からも、一切保護せずなすがままに放置しながら撮影。下手をすると大事なテスト機がお釈迦になる。詳しことは来週2月5日の富士フイルムさんのfacebookでご報告します

特に今回はいままでのXと異なり秒8コマの連写と細かいところまで見やすいファインダー、それを生かしての撮影を中心とした。細かく動きの速い嵐の波の撮影はいちばんよい被写体。X-T1は問題なくすべての課題をこなしてくれた。不適切なたとえに取られるかもしれないが、いままでのXシリーズは戦闘機に例えるならばゼロ戦だった。小型軽量軽いフットワーク、フルサイズ機にも引けを取らない画質つまり武器を積んでいた。でも防塵防滴耐寒性などが極地で使うには今一つだった、つまり撃たれ弱かった。それに引き替え、Nikon D4やD800はまさにグラマンF6みたいな重装備の戦闘機だった。どんな状況でも難なくこなし、撃たれても撃たれても動き続ける。だがX-T1になり小型軽量運動性はほぼそのままで、しっかりした防弾性を備えた。かなる打たれ強くなり、根をあげなくなった。あとの結果はみなさんがT1を手にしてお確かめください。相原正明がガチンコでテストしたカメラです


f0050534_16280912.jpg



f0050534_16280387.jpg
仙台や大阪の写真展会場で実はX-T1を持っていました。その証拠にT1のカタログの写真は大阪道頓堀です。大阪でも仙台でもかなりのお客様にT1のことを聞かれましたが、「知りませんね、見たことない」を貫き通しました。それはメーカーさんと守秘義務契約を結んでいるからです。何もお答えできずごめんなさい。

これはカメラに限らず不動産の撮影や、ほかの業種の新製品でもそうです。もしテストや広告の撮影しているフォトグラファーが秘密を守らなければとんでもないことになります。それはプロではないです。プロの写真家とは写真がうまいだけではなれません。ビジネスですからビジネスルールを守れないとプロとして、認められません。守れない人は広告業界では、どの広告代理店もプロダクションもクライアントも使ってくれません。仕事を干され廃業になります。ゴルゴ13が依頼主の秘密をしゃべったら多分抹殺されると思います。

これからも良い意味での嘘はつきとおします。写真展やイベントでもし僕にあったら、舌が何枚あるか見てください。2枚では足りません。広告代理店にいるときは、上司から下は1000枚ぐらいないと足りないぞと教えられました


 極意本はAMAZONでも好評販売中  








新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!

by masabike | 2014-01-31 17:00 | 日本風景 | Comments(2)

トヨタ自然学校 ニッコール80周年ツアー白川郷

f0050534_16130621.jpg





f0050534_16131262.jpg
Nikon Df+Nikkor60mm

ニッコール80周年キャンペーンツアー白川郷のお宿はトヨタ自然学校。亡くなられてトヨタの会長が、この地を気に入り自然に親しむ施設を造られたのが始まりです。敷地内に合掌造りもあります。温泉もあります。お料理はフレンチ主体でですが、地元の食材です。この日もメインのお魚は、氷見から取り寄せたぶりでした。美味しかったです。あと地元のお米の粉のパンが美味でした。でも料理も素晴らしいのですが・・・・






f0050534_16131863.jpg
f0050534_16132356.jpg
みなさn
お部屋も素敵です。そして何よりもフレンドリーでかつきびきびしたスタッフの方が素晴らしいです。ぜひ皆さんお越しください。日産乗っている人も、ホンダに乗っている人も、三菱に乗っている人も、もちろんフェラーリの人もぜひお越しください。僕は今年の夏のツーリングに行こうと思います。もちろん????と一緒に行きます

ちなみに今回、すごい美人の写真好きのお客様が来て恋に落ちてしまったら妻帯者なのでどうしようと心配したら、運よくというか悪くというか当選者は全員男性でした。安心しました・・・・・・・



 極意本はAMAZONでも好評販売中  








新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!

by masabike | 2014-01-31 16:22 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

熟成X-T1


f0050534_08494203.jpg









f0050534_08494800.jpg









f0050534_08495617.jpg











f0050534_08500496.jpg
FUJIFILM X-T1  14mm  18~55mm  55~200mm

熟成X-T1

 

今回のX-T1X100登場から3年近いあいだ、富士フイルム技術陣そして企画陣が真摯にフォトグラファーたちの多くの意見、時にはブーイングや怒りに近いコメントまで真摯に常に前向きに聞いてくれた結果に他ならない

今回スペックに出てない多くのことが、ひとつひとつ写真家達の意見を聞いてくれた結果に他ならない。だがまだ次の高みに行くには多くの要望希望改善点がる。

 

ただ僕はそれを危惧していない、いままでどおりに若い開発陣たちがひとつひとつ丁寧に聞いてくれると思う。現場の声をきちんと受け止め、それをすぐ製品にフィードバックしてくれるメーカーは実はとても少ない。ニコンが素晴らしいのは技術もさることながら、現場の多くの写真家の声をいつもひたむきに聞いてくれることだと感じている。富士フイルムが、この真摯な姿勢を崩さなければ群雄割拠のミラーレス市場から抜け出し、ビッグ3メーカーに台頭する日が来るかもしれない。 X-T1の詳細はこちら!僕の作品も出ています

 

そしてその技術を実現してくれるには豊富な資金力、企業としての体力も必要。フィルムの低迷を見事、医療やライフサイエンス(化粧品)などでリカバーするどころかさらなる発展を成し遂げた。多角的な視点とアイデアと強大な研究ブレインが現場の声を支えてくれている。Xシリーズ、21世紀のカメラの神話を作り出すかもしれない


by masabike | 2014-01-31 08:51 | 日本風景 | Comments(0)

冬の光3by Nikon Dfニッコールレンズキャンペーンツアー

f0050534_08291953.jpg







f0050534_08295008.jpg










f0050534_08292816.jpg









f0050534_08293616.jpg










f0050534_08294554.jpg
Nikon Df+Nikkor14~24mm 24~70mm

雪の中を歩き回り、設定をいろいろ変えて撮るとき、そのダイヤルの操作性がとてもつかいやすいのと楽しいカメラです。またその軽さが強い武器です。また画素数も手持ちで撮影にちょうど良いです。ついつい今回はD800EよりもDfのほうに手が伸びてしまい、D800Eの出番が少なくなってしまいました。D4と同じセンサーはとても優れもので、特にモノクロのしまりが良いです。ニコンさんは報道部門が強いので、モノクロの再現力が黒のしまりも良くとても気に入F,F2,F3時代の報道のNikonのイメージを強く感じます。硬派なカメラDf、ゆるい系がだめな人にお勧めです



by masabike | 2014-01-31 08:36 | 日本風景 | Comments(0)

冬の光2 by Nikon Df ニッコールレンズキャンペーンツアー

f0050534_08194604.jpg









f0050534_08195080.jpg











f0050534_08195683.jpg







f0050534_08200563.jpg











f0050534_08201271.jpg
Nikon Df+Nikkor 14~24mm  24~70mm

今回のニッコールツアーでメインに使用したのが14~24mmと24~70mmのナノクリスタルズームレンズ。俗にいうニコンさんの大三元レンズのうちの2本です。快晴の冬の空。強い太陽の光でフレアーとかが出やすいのですが、とてもよく抑えられています。

また今回はツアー参加の皆様に、状況に合わせてWBとピクチャーコントロールをこまめに変えることを、ご指導させていただきました。特に雪は周りの光の影響を受けやすいのと、カラーだけではなくモノクロも面白いのでその点もご指導させていただきました






 極意本はAMAZONでも好評販売中  








新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!

by masabike | 2014-01-31 08:26 | 日本風景 | Comments(0)

富士フイルム X-T1 フィールドで鍛えました

f0050534_23223486.jpg
FUJIFILM X-T1 18~55mm ISO6400

f0050534_23222626.jpg
FUJIFILM X-T1+18~55mm ISO400


f0050534_23222009.jpg




f0050534_23221662.jpg


FUJIFILM X-T1  18~55mm 23mm 55~200mm

真冬の八甲田山、容赦なく雪が、まるで鬼のように新しいカメラに襲い掛かる。カメラは雪に打たれるまま、いや撃たれるが正しいかもしれない。冬将軍の雪弾集中砲火を浴びているのはまっさらのX-T1.

 

富士フイルムさんからの「思い切り寒さと雪の中で使ってください。防塵防滴を施してます」その言葉を信じて、カメラを苛め抜いた。気温マイナス10℃、風速10メートル以上。冬の八甲田山を爆弾低気圧が通過する。カメラより先に人間が参りそう

どちらかと言うと今までのXシリーズは、すこし軟弱な都会のおしゃれボーイ。でも今回はファッションでアウトドアウエアーをまとったのではなく、まさに防寒作業着をまとった仕事人。いままでタフな環境で使うと、カメラが「もうやめて」と音をあげずよく動く働く撮れる

 

X100Sから使っているが、いままでは「プロの仕事にも使えるカメラ」だった、でもX-T1になりいままでのXシリーズの路線と大きく異なり「プロのために造られたカメラ」に大変身&大進化した。多分レンジファインダー&ミラーレスタイプのカメラで現在唯一プロの仕事に耐えられるカメラがX-T1だと思う。

 

それは今回のT1の防塵防滴性能だけではなく、ファインダーにも表れている。1日、1週間撮り続けても疲れないファインダー。僕が今まで知っている限りではトップクラスに入れてもよいファインダーだと思う。良いファインダーは、良いフレーミング良いシャッターチャンスを作り出し、最終的にはよい作品を与えてくれる。X-T1はその要望に充分応えてくれると感じる

 

そして何より今回T1とともに10~24mmズーム、56mmf1.2とぞくぞくと新レンズが出てくる。気が付けばXシリーズ。ミラーレス&レンジファインダーカメラの中では群を抜いてレンズ構成の厚みが出てきた。まさにフジノン艦隊になりつつある。このレンズの急激なラインナップはいままで業務用のFUJINONで培われた技術と富士フイルムホールディングと言う強大な資本力に裏打ちされた、物量作戦かもしれない。そして最後発メーカーと言うことが他社のネガティブ要素すべてを研究し尽くしたというポジティブ要素に置き換えられた結果かもしれない。このタフな鎧をまとったX-T1ますますいじめて見たくなる。僕はサディストなのだろうか?

 


by masabike | 2014-01-30 23:25 | 日本風景 | Comments(2)

X-T1作品  道頓堀 日本代表で頑張ります

f0050534_23003647.jpg

FUJIFILM X-T1  FUJINON14mm ISO6400 大阪・道頓堀


28日、今年の新製品並びにCP+の目玉と言われているFUJIFILM X-T1が発売されました。その全世界共通カタログに僕の作品が採用されています。今回は世界中のXフォトグラファーから富士フイルムさんが数人を選抜して作品を採用しています。日本人では作品採用は僕だけです。日本代表・相原正明作品を世界にアピールしたと思います。今回の作品は大阪・道頓堀です。全世界共通パンフなのでアジアの色色彩を出したかったです。あとブレードランナー的な不思議な世界観も表現したかったので、コンセプトとしてカオスの世界と決めました。そこで選んだのが極彩色のネオンの道頓堀。でも各企業のネオンがあるので著作権等問題になるのでどうしようと悩みました。そこで考えたのが夜の水面に映るネオンをISO6400で撮る。しかもf8以上に絞れば点像復元処理の効果も表現できるので、高感度性能、アジアンテイスト、そして点像復元処理と1点の作品で3つのアピールができると考えこれを撮りました

プロとして撮影するには上手いだけではなくコンセプトワークと広告訴求のキーワードが必要です。おかげさまで世界中のXフォトグラファーの作品の中から予選を勝ち抜き日本人として唯一、日本代表として採用されました。まだまだ序の口です、今年はさらに新しい境地を新しいカメラで表現します。世界のマーケットは広く厳しくそして楽しいです。次回作にご期待ください


by masabike | 2014-01-30 23:14 | イベント | Comments(0)

凍夜  Nikkorレンズ80周年記念イベント

f0050534_22434135.jpg








f0050534_22433644.jpg


凍夜

Nikon Df+Nikkor14~24mm ISO6400

 

冬の夜の撮影、何か子供のころ、親から見てはだめですよと言われた、深夜番組を、そーっと覗いてみたようなドキドキ感がある

 

ISO3200~6400の織りなす夜の世界。いままで静かに、隙間から覗いていた夜の世界が自分の物になる。撮っても、撮ってもきりがない。冬の星座と凍える大気が撮る心を熱くする。気が付くと、カメラも三脚もそしてわが身も冷凍食品のようになっている。トヨタ自然学校の熱い温泉に入って、心が落ち着きこの世の戦果に笑いがこぼれる。

 

夜の撮影が初めての方も多かった、今回のニッコールツアー、多くの皆様に新しい風景写真は24時間撮ることと言うことをお伝えできたと思う

 極意本はAMAZONでも好評販売中  








新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


by masabike | 2014-01-30 22:44 | 日本風景 | Comments(0)

冬の光  Nikkor レンズ80周年記念イベント

f0050534_22393866.jpg









f0050534_22394846.jpg










f0050534_22395634.jpg









f0050534_22400227.jpg










f0050534_22400863.jpg


Nikon Df+Nikkor14~24mm

 

稜線を冬将軍の、息吹が駆け抜ける。雲さえも凍らせてしまう力が天にみなぎっていた。束の間の冬の晴れ間を光と雲と風と遊ぶにはNikon Dfはとても気さくででも、力強い旅のパートナーだった。趣味のカメラだよと言いながら、隠れたスペックは、頼れる仕事の相棒。D800Eとのコンビで、感度優先で動体撮影と、画質優先で静物撮影のすべてがカバーできる。狙ったターゲットはこの2つのボディーの視角から逃げることは出来ない



極意本はAMAZONでも好評販売中  








新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!




by masabike | 2014-01-30 22:41 | 日本風景 | Comments(0)