<   2007年 11月 ( 64 )   > この月の画像一覧

カレンダー販売

f0050534_11221355.jpg

富士フイルムWeb写真美術館で相原正明カレンダーの販売を始めました。オーストラリアの大自然を余すところ無く銀塩フィルムで撮影した作品です。どうぞ来年1年間僕の作品とオーストラリア大陸の4億年のパワーとお過ごしいただければと思います。

ご購入は上記の富士フイルムWeb写真美術館でお願いいたします
by masabike | 2007-11-30 11:30 | イベント | Comments(0)

ろくろく36展より 2

f0050534_952319.jpg

金沢城 雨の前











f0050534_1013522.jpg

新雪の朝 タスマニア クレイドルマウンテン


HASSELBRAD 503CX Planer 80mm FUJI FILM ACROS
昨日「ろくろく36展」無事に開催しました。身内のオープニングパーティーはHABU氏も乱入(すいません参加のまちがえでした)して盛り上がりました。

「金沢雨の前」雲がおどろおどろしかったのでアルマゲドン見たいなイメージで撮りたかったのでR1フィルターをかけて空を更に焼き込みました。

オール真四角な写真展不思議な世界です。ぜひ見に来てください。
そして私のパートのみ更に1週間展示が延長になり12月11日まで展示いたしますので。次回の展示企画ともどもフォトエントランス日比谷に足をお運びいただければと存じます


真四角見たくなったらクリックお願いいたします


by masabike | 2007-11-30 10:00 | 写真展 | Comments(2)

ろくろく36写真展より

f0050534_7431351.jpg







f0050534_7433316.jpg



HASSELBRAD 503CX Planer80mm FUJI FILM ACROS 
今日からフォトエントランス日比谷で「ろくろく36写真展」がはじまります。グループ展ですが完全本気モードで出展いたしております。あるいみでこれからの自分の新たなる写心ならびに写真展の方向性を探る目的もあります。デジタルの対極として銀塩アナログプリント、そしてハイスペックデジタルカメラ+高性能ズームレンズの対極としてメカニカルフルマニュアルカメラ+単焦点レンズの組み合わせ(でも昨日ニコンさんのプロサービスでD3をイジって感動してしまいました、まさに映像マシンガンでした)で考えて行きたいと思います

そして今回のキーワードは「木」
日本の木造建造物は数百年から数千年、法隆寺に代表されるように世界遺産になる世界最古の木造建築もあります。そしてオーストラリアの森の木、特にタスマニア。4億年のこの大地の森は地球上で最も古い森の部類に属しているとも言われています。そのタスマニアの森の主「パンダニ」。生きている化石と言われています。恐竜時代から生き続けています。われわれ人類と言うか哺乳類よりもはるかに長い歴史の木そして植物。まさに地球の観察者でもあり主でもあるかもしれません。

現在人類は物質文明の行き着く終焉とも言われ分岐点に立たされています。その挙句の地球温暖化(僕自身もその片棒を担いでいるわけですが)これからの人類、地球の未来を恐竜たちの絶滅を見てきたタスマニアのパンダニたちはどのように見ているのだろうか?

昔、田中光二さんの小説だったと思うが「怒りの聖樹」と言うSF小説(記憶が定かでないので違っていたらスイマセン)で人類に対して植物が警鐘を鳴らし戦い挑んで来るというのを読んだ事がある。パンダニたちがそのように思わないようにしたい。

ぜひそんな思いで今回の写真展を見ていただきたいと思います

木を考えてみたいとお感じていただけたらクリックお願いいたします


by masabike | 2007-11-29 08:07 | 写真展 | Comments(4)

熱帯植物園 オフィウス島

f0050534_723093.jpg





f0050534_7231342.jpg





f0050534_7232437.jpg






f0050534_7233735.jpg



FUJI FILM S5pro Zeiss 50mm Nikor 20~35mm F2モード jpeg

オフィウスアイランドはプライベートリゾート、専用水上飛行機でしか来れない。だから島にいるビジターはわずか20人ぐらい。毎朝しずかに島を散歩できる。自分のコテージの周りはまさに熱帯植物園。朝窓を開けると植物の息遣いが聞こえてくる。

オフィウスに植物たちに会いに行ってみたいなとお感じいただけたらクリックお願いいたします


by masabike | 2007-11-29 07:27 | FUJI FILM S5 | Comments(2)

谷ラーメン

f0050534_17354717.jpg




f0050534_1736379.jpg


 今日エントランスの写真展の飾りつけのまえにお昼ご飯で「谷ラーメン」行きました。すごい!うまい!はまりそうです。シンプルな東京ラーメン。チャルメラの味です。

ここは以前ブログの関係で写真展にお越しいただいた必撮勤め人のphoto_artisanさんに教えていただいたところです。しばらく病み付きです。
今日は大ラーメンプラス半チャンセット1070円とフンパツしてしまいました

次回はラーメンプラス 餃子セットにしたいです

きっっとこの記事を出すとタスマニアに帰れなくなることが起きそうです。海外でご覧の皆様ごめんなさい

ちなみに今週は寒かったので家でこんな感じの「カキ鍋」でした

f0050534_1741954.jpg

ちなみにこの土鍋は50年以上使っています。鍋にお湯をいれるだけでダシが取れそう!

ラーメン食べたくなったらクリックしてくださいね


by masabike | 2007-11-28 17:41 | 美味しい食べ物 | Comments(4)

ろくろく36写真展

f0050534_17251720.jpg





f0050534_17252932.jpg






f0050534_1725429.jpg


 今日明日から始まるフォトエントランス日比谷でのスタッフ写真展「ろくろく36」展の準備をしてきました。ギャラリースタッフ同士でのわきあいあいのグループ展ですが、個人的には本気せんとうもーどの写真を展示をしました。どんな時でも全力で撮りお見せいたします
今回のキーワードは「木」です

8点もモノクロバライタ紙の写真(もちろん銀塩フィルムです)の写真です。カメラはうちの秘密兵器「写るんですよ66」です、東南アジアで売っているカメラです。スイマセンジョークです。
ハッセルブラッド503CX レンズはツアイス50mm 80mm フィルムはACROSです

ぜひぜひ見に来てください。かなり自信作です。名古屋の方も、奈良の方も、四国の方も、タスマニアの方も、できればブラジルの方も見に来てください。絶対損はさせません!!

明日の3時以降は会場にいる予定です

行きたい方はクリックお願いいたします(クリックしても交通費は差し上げられません、ご了承ください)



by masabike | 2007-11-28 17:33 | 写真展 | Comments(0)

クイーンズランド オフィウス島 サンセット2

f0050534_7533067.jpg







f0050534_752252.jpg


FUJI FILM S5pro F2モード ISO1200に増感  jpeg SIGMA12~24mm

カップルの幸せなひと時を横目で見ながらもくもくと撮影をいたしました。本当に水平線の向かうに太陽が逃げていく感じがしました。ここのリゾートではここの桟橋でディナーを夕陽を見ながら食べることも出来ます。ぜひ新婚旅行に!!う~悔しい

悔しいと思った方はクリックお願いいたします

by masabike | 2007-11-28 07:57 | FUJI FILM S5 | Comments(0)

クイーンズランド オフィウス島 薄暮

f0050534_23331070.jpg


FUJI FILM s5pro SIGMA12~24mm F2モード jpeg
グレートバリアリーフに紅蓮の日が沈む。月が自らの存在をアピールを始める、そろそろ今日の光との格闘も終わりが近づく。後はゆっくりリゾートのレストランでの静かで上質な食事の時間。でもここは新婚さんとカップルだけの島。上質な時は悪魔の時間に変わるかもしれない。何でこんなに良いところで一人で飯を食わなければならないのだろうか?自業自得かな??

グレートバリアの夕陽を見ながら一人で食事をしてみたいと言う方はクリックお願いいたします


by masabike | 2007-11-27 23:39 | FUJI FILM S5 | Comments(4)

HONDA 天草ビーチクリーン(記事追記)

f0050534_7555269.jpg






f0050534_7443113.jpg







f0050534_744416.jpg






f0050534_7445378.jpg








f0050534_745896.jpg



3連休仕事で九州天草に撮影に行きました。撮影は風景ではなく人物と四輪バイクの撮影です。今回のクライアントさんはHONDAさんです。撮影は本田技研工業で日本中のビーチで展開しているビーチクリーン活動です。本田技研工業の社会活動推進室で企画展開されている事業です。4月にも房総館山でMOTO-GPライダーの中野真哉さんが参加されたイベントと同じものです。ただし今回はHONDAさんの熊本製作所(HONDAさんの社内では通称クマセイと呼ばれています)が主体となって展開されました。

作業は天草のエビスビーチで行われました。ATVと呼ばれる四輪バギーで海岸を巨大な熊手のようなものを引きずってゴミをかき集め清掃します。一見そんなにゴミがなさそうなのですがATVで走ると砂の中から出るわ出るわでたくさんのゴミが掻き出されます。朝から晩までゴミを掻き出し、あとは手作業で燃えるゴミ、燃えないゴミ、自然に帰すものと細かく仕分けします。とても忍耐の要る作業です。しかもものすごい砂埃、パリダカなみでデジカメはギタギタです

30人近いスタッフは淡々と作業をしますが皆さんとてもはつらつとわきあいあいで、逆に大変な作業を楽しんでいるみたいです。中には製作所にお勤めする年齢OXOXさいのお母さんまでATVで海岸を走り回って作業していました。撮影しながら見ていると社内の役職やポジションに関係なくみんな一丸でやっているのを見てこれがHODAイズムなのかなと(HONDAさんの社内では社員さんどうし役職で呼ばないで全てさんづけで呼んでいるとの事です)感じました。

現在日本中のビーチで30箇所以上HONDAさんではビーチクリーン活動を行っております。そして海外でもその活動の輪を広げております。スタッフの多くの方は製作所や地元ディーラーさん、そしてHONDA OBの方々のボランティアです。お金を頂いて撮影に行っている僕としては頭が下がります。そしてこの一大キャラバンのロジスイティックを支えている日本梱包さんとそのスタッフの方々にも頭が下がります。

でもビーチクリーンよりも一番大事なことはビーチを汚さないと言うことです。海や山にゴミを捨てるのは簡単なことです(上手く表現できないのでごめんなさい)でもそれを掃除し綺麗にするのは誰か、海や山に行って不快な思いをするのは誰なのかをよく考えてみてください。



2日目はクマセイのさらに一般ボランティアの方90人近くも参加して手作業でのクリーン作業も加わり大変でした。おかげで終了後はビーチクリーンのキャッチフレーズ「素足で歩ける浜辺」になっていました。皆さんご苦労様でした。でもいつの日かビーチクリーンをしなくてもよい日がきて、製作所の人たちがバイクや車の製作に専念できる日が一番ありがたいのですが・・。
(いぜんモテギでバイクのGPがあった時、その翌日モテギのサーキットやHONDAのスタッフの方々が沿道で来場者が野こそ田と思われるゴミ拾いを何百人でしているのを目撃したこともあります)
f0050534_7455384.jpg



昔HONDAがCVCCエンジンという環境に配慮したエンジンを世界で最初に開発したのと同じスピリットを感じました。そのときも未来の子供たちに青い空を残したいということだったそうです。この2日間クマセイの方々とお仕事をさせていただきとても楽しく撮影できました。でも本当に皆さん砂だらけ、でも夜は焼酎で心の中の砂埃も洗い落としていました(笑)。でも今回の撮影である自分の間違えに気がつきました。我が家の浜松製4気筒の駿馬CBRが浜松製ではなく熊本製であることが解りました。これからはブログで熊本製4気筒と表示いたします(笑)でも自分のバイクを作っている人たちに会えたのが今回の僕にとっては一番の収穫でした。

今回はすこしHONDAさん贔屓に感じられる記事になってしまいましたが、しかし自分が大好きで乗るバイク、そのバイクを買うと行くことはその企業のポリシーやそのスタッフのスピリトを買うと言うことと同じだと考えています。それはカメラに関しても同じです。儲けや単にはやりだけで作っている企業さんの物はやはりそこにポリシーやスピリトが感じられないので悲しいです。


それはカメラマンにも言えることです。カメラマンの作品を買うと言うことはその作品の裏にあるカメラマン自身の哲学やマインドも買うということです。だから僕も本当に大好きで撮った物をお見せしてそれを写真集やオリジナルプリントで買っていただけるように勤めています

これからはバイクにまたがるたびに今回のビーチクリーンの熊本のスタッフの方々の顔が思い浮かぶと思います。今度は飛行機ではなく熊本製4気筒で九州参上いたします。

環境考えてみようかなと感じていただけたらクリックお願いいたします

by masabike | 2007-11-27 07:53 | イベント | Comments(2)

クイーンズランド オフィウスサンセット

f0050534_6285544.jpg






f0050534_62973.jpg







f0050534_6291871.jpg


FUJI FILM S5pro Nikor 80~200mm 300mm F2モード jpeg

オフィウスリゾートからのサンセット。なんか凄く黄昏艇まして涙が出そうなくらいの夕陽でした。
遠くに過ぎ行く舟を見ていると、70~80年代にはやった男性デュオ「風」の歌が頭の中をリフレインしていきます。曲名を忘れてしまいましたが「港を・・・」と言うような感じの歌でした。やばい今日TUTAYA行って探さないと。覚えている方教えてください!なさけな・・・・。

グレートバリアリーフの夕焼けみたいと思われたらクリックお願いいたします


また只今タスマニア撮影ツアーもまたあわせて郵船トラベルさんで募集しています。美味しい物も食べて撮影も出来てご参加お待ちしています。



by masabike | 2007-11-26 06:34 | FUJI FILM S5 | Comments(10)