カテゴリ:ファミリーヒストリー( 5 )

FUJIFILM X Series Face book 11月30日より転載

f0050534_08392192.jpg


FUJIFILM X Series Face bookより転載


FUJIFILM X30

写真にとって一番大切なことはなんでしょうか?速報性?芸術性?いずれも正しいと思いますが、一番は記録あるいは記憶です。僕はプロの写真家です作品が写真のすべてと思っていました。だけどそれを覆すことがありました。今週、写真にとって一番大切なことは、思い出を鮮明にそして末永く残してくれること実感する人生のターニングポイントがありました。そして思い出の写真を見ることにより、そこでの過去の記憶、過去の思い出も鮮明に蘇ることだと痛感しました。フォトグラファーと言えども、どんな作品よりも、一番大切な写真が人生の記念写真であることを痛感しました

なんでこんなことを書くのかと申しますと、僕が生まれ育った家と庭を今週取り壊しています。築70年以上、大工の棟梁である祖父が、父と母の依頼で、手作りで建てた家です。そして僕はここで生まれここで育ちました。ある意味家はもう一人の親みたいなものです。ここでカメラマンになる夢も、その夢の途上の辛いこと楽しいこと、涙したこと、笑いあったこと。そして両親との数々の思い出。それをすべて清算します。僕の家には小さな庭があります。庭はそのまま残せればよいのですが、工事の関係で木の半分を切らなければなりませんでした。解体工事のはじまる朝、切ってしまう木に、1本1本お神酒と御塩をかけ「長い間一緒に暮らしてくれてありがとう。そしてごめんなさい」と声をかけてまわりました。この朝もつぼみをつけていた八重の椿。この木も泣く泣く切ることにしました。普段はいつもこの椿はベルビアモードで撮ります。

でもこの朝、僕の心はベルビアでの色には見えなかった。心は閉じてしまい、いつもの色を感じなかった。それよりもこの朝感じた重い心で感じた色をとらまえようとSTDを選択しました。X30のスーパーマクロで,つぼみのしずく一つ一つを残さず撮ろうと思いました。同じ花の色でもその日の気持ちで全然感じ方が違います。フィルムシミュレーションは見事に僕の心を表してくれました。そしてX30と同時に中判と35mmのアクロスでも撮影しました。10代から使っている一緒にこの家とともに人生を過ごした、フィルムカメラで我が家の最後の思い出を残すこともしました。そしてシャッターを押すたびに涙がこみ上げてきます。でも涙をこらえ撮影することで、この日を未来に残すことが出来ます。そしてそこには富士フイルムのフィルムとデジタルの色づくりが大事な存在となります。両親が太平洋戦争の空襲で逃げる時、真っ先に持って逃げたのは、お金ではなく写真のアルバムだったと言っていました

 人生の一番大切な時、二度と戻らない思い出と記憶をいつも富士フイルムのXシリーズそしてフィルムは、いつでも昨日の朝のようにとどめてくれます。あなたの人生を未来の子孫が見たとき、富士フイルムの写真技術はきっと鮮明に再現してくれると思う朝でした。

そして最後におじいちゃんのお家さん、どうもありがとう





by masabike | 2016-12-06 08:40 | ファミリーヒストリー | Comments(2)

消滅

f0050534_08014348.jpg

Photo by Mizuki











f0050534_08014364.jpg







f0050534_08014347.jpg
FUJIFILM X-T1+18~55mm


元のお家もだいぶ解体が進みました。昨日は最後の壁が夕方にはなくなりました。自分の生きてきた58年間の歴史がいったんリセットされた気がしました
そんな我が家の最後を、元アシスタントみずきちゃんが撮影に来ました。重機に写りこむ家の様子と僕の姿を合わせて撮影しています。この視点はさすがだと感心しました。少し悲しい現場でうれしい出来事でした



f0050534_08003646.jpg

撮影が終わり、心を熱くするために、彼女とインド料理のランチでした



by masabike | 2016-12-06 08:30 | ファミリーヒストリー | Comments(0)

父の好物 


f0050534_08234130.jpg













f0050534_08233599.jpg







f0050534_08233532.jpg
FUJIFILM X30

昨日、12月3日は29回目の父の命日でした。当時、昭和天皇がご病気で、父は皇居に行き、天皇陛下のご病気回復ご祈願の芳名帳に名前を書いてきたと、言っていた数日後に自分が陛下より先に他界してしまいました。

父の好物だった、キリンラガービール、小肌、アンパン、そしてなぜかマックシェイクとケンタッキーフライドチキンが好きでしたので、仏壇一杯にお供えいたしました。

今は家を取り壊し中で、仮住まいなので仏壇も狭いところで申し訳なく思っています。でも日々の生活、自分の家族の記録の写真の大切さを日々かみしめているこの頃です。



by masabike | 2016-12-04 08:28 | ファミリーヒストリー | Comments(0)

おじいちゃんのお家 お別れの日 2016.11.30

f0050534_11161138.jpg














f0050534_11161103.jpg











f0050534_11161004.jpg










f0050534_11161257.jpg

今朝から、パワーショベルで家の解体が始まりました。なにか育ての親の解剖を淡々と見ているような気がします。もう後戻りはできないと思いました。そして意外と涙は出てこなかったです。まだ夢の中で見ている気持かもしれないです

重機が入る前に、最後の本当に最後のサヨナラをお家に言って来ました。自分を生んでくれた子宮が亡くなる気分です







f0050534_11172160.jpg

ありがとうございました







by masabike | 2016-11-30 11:22 | ファミリーヒストリー | Comments(0)

我が家に残っていた大東亜戦争

f0050534_16495214.jpg









f0050534_16495216.jpg

 三連休、たまには家の整理と思い、我が家の金庫の書類を整理していました。すると保存重要という、うちの親が書いた文字の封筒が出てきました。遺言かな?とでも思い中を整理して出てきた事務的な書類の中から上のような封筒が出てきました。

表題は「戦時郵便貯金切手」裏には何と、東宝の円谷特技監督初作品?の「ハワイマレー沖海戦」の広告が。

開けてみるとこんなものが

f0050534_16533548.jpg
f0050534_16533508.jpg
f0050534_16534628.jpg
f0050534_16534632.jpg
f0050534_16535599.jpg
f0050534_16535504.jpg
f0050534_16543409.jpg
f0050534_16543433.jpg


中から出てきたのは、戦時債権の書類。ようは戦争随行のために勝つまでは、我慢しましょうと国民が買わされた債権です。ご存知のように戦争の敗戦の結果、これは紙くずになったはずです。多分うちの親はその悔しさとどうにもならない思いで、これを残したのかもしれません。そして・・・・


f0050534_17002756.jpg






f0050534_17002683.jpg


もう2つ書類が出てきたのが、昭和20年5月25日の空襲で我が家が全壊になった時の、罹災証明書。うちの両親はその日、B29が編隊でやってきて、日本の飛行機が近づくと、まるで蚊取り線香にやられた蚊が落ちるようにぱらぱら落ちてきたと言っていました。その時、これで戦争は負けるんだなと思ったそうです。戦後71年、我が家の金庫からこんなものが出てきてビックリしたのと、まだ家の中に戦争があったのだと痛感しました。フランスでテロがあり、トルコでクーデーターがあり、ISやタリバン、アルカイダ さらに北朝鮮どこを向いても戦争だらけ。東シナ海、南シナ海もきな臭いです。そして我が国の政府も?です

二度とこのような債権を買わされたり、このような罹災証明を受けることのない世の中にしていただきたいです。都知事選、真剣に考えさせてもらいたいです








by masabike | 2016-07-17 17:08 | ファミリーヒストリー | Comments(0)