カテゴリ:広告仕事( 38 )

ラ・テール パンフレット

f0050534_940323.jpg


EPSON GT-X900


よくいろいろなところでご紹介していただくときに、風景写真家はご遠慮くださいとおねがしています。僕は頼まれればなんでも撮ります(いくつか専門分野過ぎて撮れないのもありますが)

今年になり、餃子に不動産、建築、人物、鉄道、風景などなど。そして今回は東京の三宿にある有名スィーツ&パン屋さん「ラ・テール」さんの広告撮影です。特にプリンと焼き菓子は苦労しまして14時間近い撮影でした。ネットでも変える美味しいスィーツです。ぜひお試しください。すべて自然食材です

ラ・テールさんHPです

でも風景の写真が一番多いから「風景写真家」じゃない?といわれると個人的には”あれは地球から頼まれた地球の素顔のポートレイト広告写真だと思っています”


応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ





X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-11 09:37 | 広告仕事 | Comments(0)

六花亭

f0050534_9331869.jpg



FUJIFILM X-S1 スーパーマクロ使用


今回も帯広ではしっかり六花亭でスィーツを食べました。特にここのサクサクパイとアイスクリームは最高です。スーパーマクロ機能付きのX-S1でしっかりよってレンズにアイスがつくぐらいによりました。それを横で笑ってみている友人がいます。帯広の写真家で戸張さん。北海道で一番尊敬するフォトグラファーです。彼は自身の作品で、北海道の風景をモチーフに、シンプルだけど一度見たら忘れない、only oneの世界観でTOBARI Worldを撮影しています。でもそれとは別にもう一つの側面があります。それは道内でもTopクラスのコマーシャールフォトグラファー。その彼が20年以上撮影し続けているクライアントさんが六花亭さんです。店内のすべての写真が彼の作品です。とくにスィーツものが多いので、白が基調ですからライティングもむずかしいですし、またアイスクリームや生クリーム系は溶けたり、変色したり形が崩れたりしますので、時間との勝負です。

また企業広告で風景や人物も撮影します、以前は社員証の写真も彼が撮っていたそうです。要はクライアントさんのすべての要望に最低でも100%答えているということです。と同時にクライアントさんの存亡も彼の作品にかかってきています


その難しいクライアントさんを、何十年にもわたって撮影してきたことは、単にテクニックだけではなく、ビジネスマンそしてサービス業としてのきちんとしたスタンス、そして人柄だと思います。特にデジタル化の時代、多くのデジタルフォトグラファーはPC系のオタク的な要素も加わり、コミュニケーション能力、と対面営業能力が不足しています。やはり企業の顔になる広告を撮影させてこの人物は大丈夫と!安心させる言動、行動、そしてTPOが求められます。

僕も21歳でこの広告メディア世界に入り、気が付いたら30年。この間、多くのフォトグラファーをはじめイラストレーター、コピーライター、デザイナーさんを見てきました。そして多くの人が自分の前を通り過ぎて、今でも現役の方もいれば、消えてしまった人も多いです。特にその中でもフォトグラファーは浮き沈みと、消えていく人が多いです。ほかのクリエイティブ商売に比べ、体力視力など肉体的なものも多いのです、デジタルなどの機材の変化への対応求められて大変なうえにが、毎年多くの新人が入ってきます。だから常に上を目指さないと、常に自分の作品を作り続けないと、そして常にクライアントさんの要望に応え、しっかりした信頼関係を気づかないと、あっという間に沈みます。消えます、あるフォトグラファーはレストランでウエイターさんの仕事をしていますし、あるフォトグラファーはビルの掃除人をしています。そしてあるフォトグラファーは場外馬券場で予想屋さんと新聞売りをしています。(別にそれらの商売を卑下するつもりはないですし、その商売でプロとして自覚と誇りを持っている方も多くいらっしゃいます。ここでいいたいのは、それまでの華やか仕事からあっという間に手を抜くと去らないといけないということです)場合によってはこの世の人ではなくなってしまった人も悲ししいかな多いです。


以前もブログに書いたと思いますが、代理店の営業マン時代、ある銀行のボーナスキャンペーンのプレゼンで、スタッフ全員に「銀行さんのプレゼンなので、頭取とかいらっしゃる可能性もあるので失礼のないように、外部のクリエーターもスーツもしくはブレザーでネクタイ着用」という指示が出ました。通常でもうちの会社は、不動産や金融のクライアントさんが多いので基本的には、打ち合わせはスーツもしくはブレザー、これがクリエーターも含めての鉄則でした。でも当日、あるフォトグラファーさんがアロハみたいなシャツで着ました。「スーツでお願いがいしていたのですが?」と尋ねると「いまこれNYで流行ってるんだよね」との答え。まだ時代はバブルでした。うちの上司に相談すると「そのフォトグラファー外せ、いつかクライアント問題起こすから」ということで、なんと当日フォトグラファーの降板がありました。コンペが撮れて、本番では別の人でうまく撮れました。その人は、いまどうしているのか僕も知りません。広告やではチームワーク作業です。クライアントさんやクルーとうまく仕事ができないとお声がかからなくなり、消えてしまいます。また問題を起こすと、意外と写真&広告の世界は横のつながりがしっかりしているの撮影クルーや、現像所や、メイクさんやスタイリスト、そしてADさんの間で「あいつはチームワークを考えないとか、仕事のたびにクライアントと問題を起こすなどのうわさが広まると、仕事を干されたり、この世界からひどいと抹殺状態になります。だから一つのクライアントさんと何事もなく、素晴らしい仕事ができるというのは並大抵の努力ではないです。かくいう僕も、今までフォトグラファーで20年間、うまくやってきましたが1度だけ、若気の至りでADとぶつかり仕事を自ら降りてしまいました。もちろんその時はその仕事で派生した費用は全部自分でモデルさん代も含めてかぶりました。そんなこともありましたが何とか楽しく無事に仕事をしています。だから話は戻りますが、戸張さんというフォトグラファーをとても尊敬し信頼しています。そして僕も最近また新しいクライアントさんとお仕事をさせていただいています。今度ブログでご報告しますのでお楽しみに!!




3月29日チャリティースライドトークショウ

X-S1スペシャルサイトタスマニアガはじまりました!!ぜひご覧ください

This is X-S1 Tasmania Special Sight



応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-02-26 09:33 | 広告仕事 | Comments(0)

日立メディコさんのシリーズ広告

f0050534_1935751.jpg







f0050534_19352011.jpg









f0050534_19353278.jpg


 よくブログだけしか見ていない方で、ネット上で「あの人本当のカメラマン?」なんていわれていることもありますし、オーストラリアの風景以外は撮れるのだろうか?あるいは普段は何を撮っているのだろうという疑問を良く投げかけられます

正直なんでも撮ります。だから肩書きにも、ブログにもプロフィールにも風景写真家とかネイチャーフォトグラファーと入れておりません。仕事があれば何でも撮ります。
デジタル、アナログ、4X5までの全サイズ、カメラはありますし、レンズも超広角から超望遠まで、コメットの大型スタジオ用ストロボ、タングステンライトボックス等々あります
そして今回お見せするのは、最近のクライアントさんOKもののシリーズ広告。昨年の夏に、くそ熱いときに屋外屋内で撮影しました。モデルさんは大変でした。

クライアントさんは日立メディコさんという医療関係の会社でMRIとか製作しています。そんな家族の健康を考えるコンセプトの広告です。撮影はNikonD700 Nikkor85mmで取り捲りました

他にもいろいろな企業さんの広告撮っています。いろいろなものを撮ります。たとえば今まで風景以外で撮ったのは、マンション、インテリア、ポンキッキのガチャピン&ムック、野菜、石油パイプライン、通販用女性の下着などなどです。たぶん皆さんが知らないうちに僕の写真をだいぶ見ていると思います。やはりプロの写真家すべてに即応体制とっています。たぶん近々、某有名中華外食産業で僕の写真がお目見えいたします。お楽しみに



応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-02-01 19:50 | 広告仕事 | Comments(2)

マナブさん!!

f0050534_15481629.jpg






f0050534_15483526.jpg


Nikon D700 Nikkor 70~200mm VR2


週末にかけて仕事で南紀白浜にいきました。そこのアドベンチャーワールドで動物撮影のお仕事でした。現地のアドベンチャーワールドに行くと、となんと岩の上にタスマニアの有名ブロガーマナブサンが!!でも良く見たらミーアキャットでした。以前うちの奥さんが「マナブさんってどこか小動物的で、そうそうミーアキャットそっくり」と言っていたのがうなずけました




ワラビーにも会える相原正明 タスマニア撮影ツアーも募集しています。
ミーアキャット応援クリックお願いいたします


by masabike | 2011-01-30 17:41 | 広告仕事 | Comments(3)

こんなところにもアイハラワールド写真 シーポック様HP

f0050534_171898.jpg


Nikon F3HP Nikkor300mm FUJIFILM RDP

オーストラリアの作品がお蔭様でいいろいろな企業様で広告PRで使われています。こんな企業にも!という会社さんもあります。ヘアーケアサポート企業もありますし、メモリアル産業もあります。
でも最近は医療関係も出てきまして、今週スタートは医療関係企業のシーポック様

糖尿病はじめ生活習慣病に貢献する企業さんです。写真展でプリントをご購入される方も医療関係の方が多いです。少しでも心のサポートに僕の作品がお手伝いになれば嬉しいです。

ただ個人的には自分の作品を癒しの世界とは思っていません。どうも癒しというと「後ろ向き」「受身的」なので、僕の気持ちとしては「元気が出る写真」「心が元気になる写真」だと思っています。

これからもいろいろなところで元気が出る写真をお見せしたいです

相原正明 西オーストラリアワイルドフラワーツアーはこちらへ

愛媛県立美術館 ル・コルビジュエ展もよろしくお願いいたします。7月11日までです


サッカー!!サムライジャパン 応援クリックお願いいたします



勝つぞ!!デンマーク戦
by masabike | 2010-06-24 17:12 | 広告仕事 | Comments(2)

アサヒカメラのGF670広告写真

f0050534_7304664.jpg





f0050534_7305549.jpg



いま発売中のアサヒカメラの裏表紙(表4)にタスマニアで撮影した、作品が乗っていますのでぜひご覧ください。強烈な晩夏の光で撮りました世界で空気が一番綺麗な場所で見せてくれた地球のポートレイトです。

フォトコンテストという雑誌にも掲載される予定です。ぜひご覧ください。今回は広告コピーも書きました。書いたところは成田空港のアムステルダム行きの出発ラウンジ。急遽掲載が決まり、空港で原稿書き、UPしてアムステルダムでPDFをメールで受け取りOKだししました。10年前では考えられなかった、ビジネススタイルです。でもこの書いているときアイスランド火山騒ぎで飛行機に乗れなくなる悲劇が待ち受けるとは夢にも思いませんでした。

そういえば先日

f0050534_737319.jpg


仙台市内で、盗撮されました(爆) フォトグラファーはF14トムキャットさんです。働くおじさんシリーズとかで盗撮されました。トムキャットさんは「たべろぐ」で宮城県でナンバーワン投稿者だそうです。ご覧ください。

このあと彼に「撮影のときにはロンドンにいる弁護士通してください。そうしないと金剛力士になりますと警告しました(大爆)


ちなみにFUJIFILMのロゴ入りのベストは2006ドイツワールドカップのときのオフィシャルフォトグラファーベストです。2006年ドイツにワールドカップ見に行くはずでしたが、ミーアキャットマナブさんと西オーストラリアにフォトキナ用の撮影に行きドイツに行けなかったので、せめて行った気分になってとクライアントの富士フイルムさんよりいただきました


GF670GF670九州セミナーもよろしくお願いいたします


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2010-05-27 07:39 | 広告仕事 | Comments(4)

プールデビュー






f0050534_761461.jpg


昨日は都内某所のプールで仕事でした。仕事は絵本に続いて、今度は2012年のロンドンオリンピックに向けてシンクロナイズドスイミングにマーメイドデビューしようと思いまして、演目はもちろん仮面舞踏会です(すいません冗談です)

本当は来年のプールの広告用の撮影です。もう2010年のシーズンが始まっています。一日中プールの中での撮影でした。転ぶと首から提げた、NikonD700とF6とナノクリスタルレズがだめになり、裏磐梯の悪夢以上になるので緊張の撮影でした。

来年は水着の似合うフォトグラファーを目指します(笑)

次回 相原正明トークショウは10月17日富士フイルムスクエアで開催いたします。お申し込みは富士フォトサロン(電話03-6271-3351)までお願いいたします

水着応援クリックお願いいたします



by masabike | 2009-09-15 07:10 | 広告仕事 | Comments(2)

梅雨明け 不動産広告撮影


f0050534_12121932.jpg



梅雨明けの不動産広告撮影
NikonD700 Nikor28~70mm ISO1600

昨日は都内某エリアでの不動産広告撮影。梅雨あけしそうだという天気情報を元に6時前にバイクに機材を積み、都内某エリアへ。今回はそのエリアのイメージ撮影。「あ~こんな街で暮らしてみたいな」とか「この公園だったらうちの子供を遊ばせたり、ワンちゃんと散歩したいな」とか「ワタシが買い物するようなお洒落なところあるのかな」というお客様のイメージ作りのための撮影です。メインターゲットは主婦の方です。やはり住まいの最終決定は女性ですので、女性の方が「私、この街に住みたい!!」と思わせる写真を撮ります。

バイクと徒歩で路地から路地、公園の隅々まで歩き回り撮影します。当然広告用の撮影ですので、そのような視点のフィルターを通して見ます。ともかく移動~歩く~移動~歩く の繰り返しです。昨日は15ギガ近く撮影しました。でも梅雨があけていい撮影が出来ました。でも暑いので、1日で4リットルぐらい水を飲みました。バイクの移動は早くて便利で良いのですが、ライディングジャケットを着て夏のバイクは、火鉢の上にコートを羽織って座っているみたいで、ひたすら水分補給です。

忙しいので、朝食もチョコレートひとかけらです。お昼は某私鉄駅の立ち食いそばでしたが、ここで「春菊天そば」大盛りを頼んだらあまりに大盛でビックリデした。思わず「普通盛りでいいです」と言いたかったです。

でも不動産の街のイメージ撮影は風景の撮影のとてもよい経験になります。見つける、切り取る、自然の光を読む、は風景の撮影にとても良い経験になります。以前そうゆうつもりでインターンさん(アシスタントさんになる以前の人)をつれて3日ぐらい撮影に行きましたが、彼女が(OLさんからの転身組みの人でした)「相原さん、どうしてここで28mmのレンズを選択したのですか?」「これぐらいの広さで撮れるかな」と現場を指しました、そのあと「28mmのレンズの画角は何度なんですか?何メートル先のものが何ミリぐらいに写るんですか?露出の値はいつもどうすれば良いのですか?撮影時の対応マニュアルがあったら教えてください!相原さんのところでアシスタント契約した場合、雇用契約条件とか有給とか福利厚生はいかがでしょうか?相原さんの事務所の売り上げと利益率とかはどうなんでしょうか?私が入った場合、1年後間のお仕事の数字はどうでしょうか??」で思わず「???」もう某就職情報会社のマニュアルに毒された感じのインターンさんでした。答えは一つ「あまりこの世界には向いていないのと思うので写真は趣味にしなさい。全ての物が数値化、マニュアル化できないのがこの映像の世界。たぶんマニュアル化と一番対極にあるので向いていないと思う。レンズの画角の数値を聞いたアシスタントは初めてだから趣味にしなさい」と諭しました。

そう写真は生き物です。それはメディアも含めてでもあります。広告出版放送全て生き物です。もちろん物造りをする企業もそうです。この不況の世の中になると、マニュアル化とかで社内の意思統一とかで、企業管理職等研修が増えています。もちろん全部がそうとは思いませんが、多くの場合が会社社長さんとかCEOの人のマスターベーションなのではと考えてしまいます。以前伊澤元彦さんの「言霊」という本を読みました。日本人は何かお題目のように唱えればそれだけで、何か物事実現できると錯覚してしまう傾向があるというような内容(交通安全週間とか何かスローガンを唱えるだけで事故がなくなるような錯覚したキャンペーンなどとして例が紹介されていました)でした。まさしく企業研修とかそうだと思います。経費削減、効率化と叫んでいながら何かマスターベーションで現場のモチベーションや経費をかえって無駄に使う企業が増えている気もします。外注のフリーのフォトグラファーから見るとそんな風にしか見えません。フリーで仕事をしている、フォトグラファー。デザイナーそして多くのほかのフリー商売の人はそんな研修なんてしている暇とお金は無いのが現実です。研修なんて出来るだけまだ余裕のある証拠です。僕もサラリーマン時代就職情報会社の新入社員研修受けましたが余り現場では役に立ちませんでした。バブルや好景気時代の平時ではなくいまは戦時、あるいは戦国の世です。企業研修何ぞでは役に立たないと思います。その暇あったら個人の仕事と、スキルアップをしたほうが良いと思います。

この大変な世の中まずは自分の頭で考え行動することです。以前あるオーストラリア人が「日本の企業はいまタイタニック号が沈もうとしているのに、ダイニングルームで船が傾いてもきれいにナイフとフォークを並べる会議をしている。まずは一番大事なのは水を舟からくみ出すこと、そうしないと沈没するよ」と言っていました。まさにそうです。マニュアルが出来て、企業研修が終わって、明日からその内容を社内に通達と言ったら会社が無かったなんて、笑い話にならないように。なんてことを立ち食いソバを食べながら考えてしましました。今日は単なるフリーのしがないフォトグラファーのぼやきごととして聞き流していただければ幸いです。


撮影しながらそんなこと考えているんだ、ふ~~んと思ったらクリックお願いいたします


by masabike | 2009-07-15 12:20 | 広告仕事 | Comments(5)

仙台勾当台 フォトグラファーズカット4 SENDAI Late Afternoon


f0050534_654401.jpg







f0050534_6545074.jpg








f0050534_6571174.jpg







f0050534_655054.jpg








f0050534_6551287.jpg










f0050534_6554745.jpg










f0050534_6564793.jpg


NikonD700 FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm 28~70mm 80~200mm


仙台の午後の午後は不思議なゆったりした時間と光。みちのくの山からのさわやかな風と、松島湾を抜けて着た潮風がぶつかるのか、とてもここちよい。光も心なしかのんびりしている。ここは宮城県ではなく東北国なのかもしれない
そういえば「みちのく」って東北を昔言っていたけど、これって都から離れた「みちの国」からきているのかななんて考えてしまいました

どうぞプラウド仙台・勾当台Webギャラリーもご覧下さい

そろそろ仙台七夕と思ったらクリックお願いいたします



by masabike | 2009-07-10 06:58 | 広告仕事 | Comments(2)

仙台 勾当台 フォトグラファーズカット3

f0050534_862089.jpg








f0050534_863832.jpg









f0050534_865668.jpg










f0050534_871598.jpg











f0050534_874191.jpg












f0050534_875717.jpg



Nikon D700 Nikor14~24mm 28~70mm 80~200mm

今日も仙台に来ています。少し湿気のある天気ですが心地よいです。今日もプラウド仙台・勾当台のイメージカットです。撮影は入梅前の初夏の仙台。山を伝わり杜の都に、そよぐ風がとても気持ちよかったです。撮影しながらも街の雰囲気を楽しめる、楽しい仕事の出来る時間でした

杜の都住んでみたいと感じていただけたらクリックお願いいたします



by masabike | 2009-07-09 08:15 | 広告仕事 | Comments(5)