カテゴリ:日本風景( 1386 )

湖北 20171113#4

f0050534_07414060.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

派手さはないが、じっくり心に訴えてくる風景。じっくり見る心が必要と感じる




by masabike | 2017-11-17 07:45 | 日本風景 | Comments(0)

湖北 20171113#3

f0050534_07372439.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm


日本の原風景と呼ばれる湖北。ここを撮るために一番大事で大切なことは、小さな変化と湖がもたらす湿度感を感じ取ること
Xのセンサーは湿度を感じ取ってくれる数少ないセンサーだと思う




by masabike | 2017-11-17 07:41 | 日本風景 | Comments(0)

湖北20171113 #2

f0050534_08165099.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

湖北は細かい視点が試される。一度徒歩で歩くか自転車でロケハンをするべきかなと思った。1本1本の木のつながり、木と木のハザマから見える景色、これを大事に観察する必要があると感じた









by masabike | 2017-11-15 08:24 | 日本風景 | Comments(0)

湖北20171113

f0050534_08142878.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm


日本の原風景と言われる湖北。淡々とした風景であるが、妙に心に響く。ここを撮るためにはしっかりした心構えと、視点が人用だと痛感する。時間をかけ5年後 10年後に作品をまとめる気持ちで撮らないと難しい。

長い目で見てください




by masabike | 2017-11-15 08:20 | 日本風景 | Comments(0)

幻想湖2

f0050534_12513888.jpg

Carl Zeiss Otus28mm+Nikon D810A

どんな時にどんな機材を使うかしばしば訪ねられる。おおむね条件にあわせてレンズの選択が先に来ることが多い。特にモノトーンのドラマチックな作品を狙うときにはまずはOtusありきで選んでいる。もちろんボディー側の画素や色再現等でも変わってくる

かなり独断と偏見で自分ありで好きなレンズあげると下記のようになる。多分カメラ雑誌やネットでのテストとまるで異なる結果だと思う

広角
Otus 28mm FUJINON14mm FUJINON16mm Nikkor20mm(1.8) Nikkor14~24mm LEICA12mm

標準
Otus55mm FUJINON35mm Zeiss 50mm ZF

望遠
Zeiss Touit 50M Otus85mm Apo Zoner 135mm FUJINON56mm Nikkor60 Macro  Nikkor ED300mm (MF) LEICA42.5mm

異論はたくさんあると思いますが、かなり独断と偏見で好きなレンズです







by masabike | 2017-11-12 13:00 | 日本風景 | Comments(0)

幻想湖

f0050534_12455888.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

最近は雲海ブームらしい。北海道 ・屈斜路湖、ここは撮影の相性がよく、今までかなりの確率で雲海がとれている
でも雲海の撮影は真剣勝負。少しでもファインダーから眼を離すと変化している。大気の龍を撮るがごとき撮影だ







by masabike | 2017-11-12 12:48 | 日本風景 | Comments(0)

Katachi 20171109


f0050534_09144670.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

用風景を撮るカメラマンが鉄塔を凄く嫌がるのが不思議だ。撮り方によってはこれほどおもいしろい被写体はないと思う。例えば富士山を撮りに行き、富士山がだめな時、鉄塔や他の被写体を探す。その臨機応変さが新たな視点、新たな興味を見つけてくれる。固定概念、これを取り除くのが新しい作品作りに一番大きな壁となる。壁が取り除けない時は、お終いの時。









by masabike | 2017-11-11 09:19 | 日本風景 | Comments(0)

冬光 美ヶ原20171109

f0050534_09104992.jpg
FUJIFILM X-T2+16~55mm

撮影現場に向かうために、車を降りて振り向いたら、太陽の光がもう冬の衣をまとっていた





by masabike | 2017-11-11 09:12 | 日本風景 | Comments(0)

秋の北海道ロケ Day7(2017/10/08)


f0050534_08050406.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

Day7朝はキンキンに冷えて、三国峠は雲海が素晴らしかったです。美幌峠に続き、3時間死ぬほど撮りまくりました。カメラが熱くなるほど撮りました





Day7行程
糠平~三国峠~糠平~足寄~オンネトー~津別町 車中泊

朝三国峠で撮影後、再び宿に戻り冷えた体を温泉で温めました。そのあとオンネトーへ向かいました。オンネトー、相変わらず、多くの観光客とカメラマンでごった返していましたが、インバウンドのお客様もかなり増えていました




f0050534_08060876.jpg





f0050534_08053891.jpg

オンネトーで元チャンと分かれて、チミケップ湖へリベンジで向かいました。チミケップはクマが多いので車中泊も少し怖いので、手前の津別町で車中泊しました
元ちゃんとは、かれこれ13~4年おつきあいしていただいています。初めて札幌で個展をしたときに、サポートしていただいたラボの営業のかたでした。そのあとラボから転職されましたが、引き続きお付き合いしていただいております。気心の知れた素晴らしい写真友達で、北海道の撮影やキャンプではいつもお手伝いしていただいています。北海道の地理、道路事情、自然に詳しく、とても北海度の旅では心強い助っ人です。そんな彼のサポートがあるからこそ、北海道では良い作品が撮れます。

北海道で彼だけではなく、網走の写真家 大島さん 農大の渡邊さんご夫妻 十勝の浦島さんや写真家 戸張さんなど多くの方のサポートがあって初めて作品が撮れます。皆様いつもありがとうございます










by masabike | 2017-11-08 08:18 | 日本風景 | Comments(0)

秋の北海道ロケ Day6(2017/10/07)

f0050534_07382169.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm
三国峠



北海道ロケ Day7、札幌から突撃元ちゃん、撮影に同行してくれることになり、これでクマが出ても安心です。彼は元陸自なのでクマが出たときのボディーガードをお願いいたしました 爆

Day7行程

根室・春国代~霧多布 民宿きりたっぷり ~釧路~道東道~本別~士幌~糠平~三国峠~糠平 温泉宿泊

f0050534_07424258.jpg
FUJIFILM X30

この日は、朝撮影が終わり、長年お付き合いいただいている、民宿きりたっぷりにお買い物を兼ねて、ご挨拶に伺いました。きりたっぷりで売っている、地元 霧多布の厚葉昆布は、大根などの煮つけにすごく美味しいです。いつも北海道に行くと、キリタップリで買わせていただきます


この日のお昼は、セブンイレブン道東 限定販売 カツスパ。寒くなると高カロリー欲しいです 爆

この夜は糠平 湯本館に宿泊。素泊まり3800円は 撮影で、宿は最低限のサービスだけで、ほかは必要ない、お宿はお風呂に入り暖かく手足を伸ばして、寝るだけが希望の僕のとってありがたいです

当然この夜は、元ちゃんと夜のミーティングでした。たのしい一夜、写真のことをとことん、またここでは書けない写真業界裏話をお話しました 爆














by masabike | 2017-11-08 07:59 | 日本風景 | Comments(0)