カテゴリ:日本風景( 1287 )

f0050534_12363383.jpg


FUJIFILM X-Pro2+FUJINON100~400mm


多くの桃の木から、どうしてこの1本に選んで撮ったのか?とよく聞かれる。答えはいつも同じ「目が合った」「撮ってと問いかけてきた」それだけだ。技術うんぬん、テクニック云々と言っているときは、ぼくもそうゆうことは感じなかった。何か違う次元の世界を見たとき、それが少しだけ感じることができるようになってきた。でも仕事の撮影ばかりだとそれが薄れていく。そろそろ荒野に戻るタイマーが働いてきた。
帰ろう、赤い大地と紺碧の空に覆われた世界に。太陽とともに暮らし、星と月とともに心を開くとき、そこに撮るべきものが見えてくる





by masabike | 2017-05-07 12:42 | 日本風景 | Comments(0)

Katachi Mt. Mokoto Hokkaido

f0050534_09425048.jpg


Carl Zeiss Otus55/1.4+Nikon D810A 藻琴山


風に向かい耐え忍び春を待つ一本の木。春から夏の盛りも好きだが、作品を撮るにはこの厳冬期が僕は好きだ。彩ではなく、印影とフォーメーションで勝負をする撮影。決して色ではごまかせない



by masabike | 2017-05-05 09:48 | 日本風景 | Comments(0)

又兵衛桜 201704#8

f0050534_08361511.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm


僕は特別に桜前線を追いかけて、日本中を旅することはない。ただ何本かの桜、あるいはあるエリアの桜を撮ることがある。撮りたい桜の木と自分がシンクロ出来る、あるいは何かを感じる木だけを撮らせていただく。どんなに有名な桜やエリアでも、相性が悪ければ、自然は微笑んでくれない。いつでも狙うのは微笑んでくれる大地だ




by masabike | 2017-04-28 08:43 | 日本風景 | Comments(0)

又兵衛桜 201704#7

f0050534_08361561.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

夜明けの一条の光が桜の木に力を与える。そのわずかな光が蕾たちが開く力を与えてくれる





by masabike | 2017-04-28 08:39 | 日本風景 | Comments(0)

月下宵櫻図 FUJIFILM X Series Face bookより

f0050534_06441897.jpg



【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「月下櫻宵図」 奈良県 大宇陀 又兵衛桜
FUJIFILM GFX 50S + FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

遠くに入れた点景を生かして、質感を見せる。そして夕暮の独特の空気感も合わせて表現する。質感と空気感。スペック的には一番表わすことが難しい領域だ。秒何コマ撮れるとか、単に画素数が多いから拡大してどこまで見える、そういうこととは別次元の話となる。過去、中判や大判のフィルムでしか成し得なかった世界観。GFXは、デジタルの領域においてその世界観を手に入れることが出来た。そして何よりもこの世界観はプリントして初めて完成すると言える。GFXは写真を楽しむことから一歩先に進み、作品を作りあげる楽しみを体感するカメラシステム。だからこそ大きなプリントにして楽しみかつそのポテンシャルを引き出してもらいたい。

この作品も、まだ花が咲く前の桜の蕾が枝にたわわに実っていることを捉えつつ、木の存在感、夕暮れの空気感、そして天から見下ろす月の表情も、大サイズのプリントにして生きてくる。そしてプリントは、GFXを生み出した富士フイルムが自らプリントすることで、GFXのデータのポテンシャルを100%引き出すことが出来る。そしてプリントをした時はじめて、撮影データからフォトグラフィーに昇華する。フォトグラフィーを手にした時、あなたはきっと写真にとって一番大事なものはなにかということを実感するだろう。そして作品を作る喜びも。

GFXはすべての写真家に撮る喜びから、プリントして作品を作りあげる喜びと感動を与えてくれる。この日、最後のカットを撮りながら僕の心の中には「このカットは写真展にどのように展示しようか?写真展のプリントの大きさはどうしよう?写真展のタイトルはどうしようか?」撮りながら早くも次の写真展に夢を膨らませてくれた。まさにこれがGFXの魅力であり神髄であると思う。いつの日にか富士フイルムフォトサロンで、この作品の個展に巡り合うことを楽しみにお待ちください。

 





by masabike | 2017-04-27 06:46 | 日本風景 | Comments(0)

又兵衛桜 201704#6

f0050534_07574369.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

夜明け前のブルーな世界から、光がやってきた世界の色の世界の変化。これを如何に感じ取るかが自分としての風景の撮り方です。







by masabike | 2017-04-26 07:59 | 日本風景 | Comments(0)

又兵衛桜 201704#5

f0050534_07542829.jpg
FUJIFILM x-T2+FUJINON50~140mm

なぜか毎年、桜が咲くころになると海外ロケやイベントで桜の満開に出会えない。まだまだ他の撮るべきものを撮りなさいと言われているのか、満開だけが櫻ではないよ勉強しなさいと言われている気がします

夜明け前の微細な色も、心のままに表わしてくれる、心とシンクロしてくれるカメラがT2かなと思います





by masabike | 2017-04-26 07:57 | 日本風景 | Comments(0)

桃源郷 20170413 #5

f0050534_23133910.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON16mm

花の撮影では、個人的には16mmが多い。最短撮影距離も短く、デフォルメの感じも好きなので、かなりの頻度で使っている。開放時のボケ具合も好みのタイプです。XFレンズの中で一押しです








by masabike | 2017-04-25 23:18 | 日本風景 | Comments(0)

桃源郷 20170413 #4

f0050534_23133927.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON 50~140mm


勝沼はいたるところが紅白の彩り。目が痛くなるほど春の光がまぶしい





by masabike | 2017-04-25 23:15 | 日本風景 | Comments(0)

又兵衛桜 2017セレクト 1

f0050534_15210287.jpg
Nikon D5+Niikor300/4

まだ蕾だが、そこに生命の力と妖気を蓄えているように見えた
Nikon D5がスポーツ報道用だと思ったら、大きな間違えだ。地球上のあらゆる被写体を捉えることが可能なカメラだ






by masabike | 2017-04-21 15:23 | 日本風景 | Comments(0)