カテゴリ:日本風景( 1284 )

我あり

f0050534_13004724.jpg
PENTAX 67Ⅱ SMC55~100mm FUJIFILM Velvia
lake Tanuki Shizuoka Prf


雲が垂れ込める朝。多くの富士山狙い写真家がいた。くちぐちに雲の色がいまいちだからシャッターを切らないとか言っていた

でも富士山はそんなこと、どうでもいいだろう。ここに我あり!と言っている如くだった





by masabike | 2017-07-19 13:03 | 日本風景 | Comments(0)

孤高

f0050534_12561174.jpg
PENTAX 67Ⅱ SMC55mm  FUJIFILM Velvia  Lake Tanuki Shizuoka Prf



タスマニアでの写真展 Kodama木霊で展示した富士山です。オーストラリアには独立峰が少ないので、その孤高さをコンセプトに展示しました。もちろんフィルムなのでノーレタッチです。マゼンタのフィルターとか使用しておりません。

時が生み出してくれた色と光です





by masabike | 2017-07-19 12:59 | 日本風景 | Comments(0)

象徴

f0050534_12504868.jpg
カンタス航空 QF26便より


オーストラリアの帰りは夜行便が多い。夜明けの日本列島に近ずくといつも富士山が迎えてくれる。個人的には富士山専門には撮らないが、撮るのであればあざといことはせずに直球で勝負したい。そうしないと山に失礼になる気がする





by masabike | 2017-07-19 12:55 | 日本風景 | Comments(0)

夏光 日本海

f0050534_09081826.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm


水平線の写真を撮っていると、ついつい杉本博司さんを意識してしまいます。
よく自分が影響された誰だれをオマージュして作品展というのを見ます。それはそれで良いことだと思います。でもオマージュするよりも、その人を超える作品を撮るつもりで作品を作らないと、それはアマチュアです。そして影響してくれた作家に失礼です。自分の作品が、あこがれの人を超える、越えてみせるその気持ちが一番大切だと思います。超える気持ちがなければ存在義務はないことになります。


昔撮影させていただいた、役者さんに「xxxさんは有名俳優のxxxさんに似ていますよね」とほめるつもりで言ったら「だから僕はダメなんだよ」といわれかえって申し訳なかったことがあります。それと同じです。影響された人を超える、これはプロとしての義務だと思います




by masabike | 2017-07-17 09:39 | 日本風景 | Comments(0)

日本海光芒図

f0050534_09072534.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

新潟県親不知付近


 トンネルを抜けた途端この光が待っていた。撮影中はいつも車にハスキーを伸ばした状態と、16~55mm 50~140mm  100~400mmをセットしたXを3台スタンバイさせている。良い光はいつも予想しない時にやってくる。逆を言えば、予想した光はしょせん自分で考えつくぐらいだから大したことはない。以下にイレギュラーの光に出会いそれを逃さないか、そして出会った時にその光の何処が綺麗なのか瞬時に判断すること

でも一番に大事で究極なことは、このようなドラマチックな風景ではなく、なんてことない都内の路地の先や街角、あるいは田舎の農道で平凡な風景の中でドラマチックあるいは自分でしか撮れない瞬間を撮ることだと思います。被写体の凄さ、ダイナミックさ、あるいは動物とかだったら被写体のかわいさに頼らないこと。被写体頼みでは己の力とは言えないと思います。ですから僕ももっと精進し、切磋琢磨しないとオーストラリアの風景に頼っていてはまだ駄目です。

小津安二郎監督みたいに、日常の何気ない光と影を表現することが一番難しく一番のアートかなと思います。カワイイ すごいと言われている写真を撮っているうちは、まだまだひよっこか二流だと最近痛感しています

だからある意味今日の作品もまだ二流です 涙




by masabike | 2017-07-17 09:21 | 日本風景 | Comments(0)

日本風景

f0050534_23070904.jpg
FUJIFILM X-t2&FUJINON100~400mm ASTIA
新潟県六日町

日本の何処にでもあるような平凡な風景、その朝の一コマ
平凡な風景だが、まさしくこれが日本の風景の原点だと外から戻ると思う
そしてこの平凡な風景をしっかり色と情感と質感が再現できるのがXシリーズだと断言で来る。あらゆるデジタルカメラの中で、個人てきには日本の風家の情感を撮ったら、Xシリーズの右に出るものはないと断言できる






by masabike | 2017-07-16 23:11 | 日本風景 | Comments(0)

夏の高原

f0050534_09540675.jpg
FUJIFILM X30 アクロスモード
志賀高原 x30は小さくても、やはりXです。小さいながらもしっかりした画質でした




by masabike | 2017-07-13 09:55 | 日本風景 | Comments(0)

しずかなる艶やかさ

f0050534_08004532.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

鮮やかなものをあえて、鮮やかでない光の中で撮る。でもその分、花の持つ妖艶さが出てくる






by masabike | 2017-07-04 07:44 | 日本風景 | Comments(0)

高原の雨

f0050534_08004466.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

長野県

 夜明け前の霧雨の世界。それはASTIA modeでの撮影の独占場。色がなさそうで、でもかすかな色の存在がある。これはASTIAでしか再現できない世界
風景=velviaあるいは彩度の強い世界だけでは、このしっとりした島国の情感は再現することが出来ない









by masabike | 2017-07-04 07:42 | 日本風景 | Comments(0)

八ヶ岳山麓

f0050534_08004631.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

雨に煙る風景。かわいた大陸としずくの国、この2つの世界の対比が、僕のこれからの地球のポートレイト





by masabike | 2017-07-03 08:02 | 日本風景 | Comments(0)