カテゴリ:日本風景( 1397 )

フロストフラワー



f0050534_23170619.jpg

和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「フロストフラワー」北海道 屈斜路湖
FUJIFILM X-T2+FUJINON XF16mmF1.4 R WR
フィルムシミュレーション ASTIA/ソフト
F11 ISO400

今日はバレンタインディ!ぼくはFacebookをご覧の皆様全員にチョコレートを差し上げたい気持ちがあるのですが、それは物理的に無理なので、氷のお花をお送りいたします。

これは北海道の屈斜路湖や阿寒湖などで厳冬の早朝にある一定の気象条件が重なると、見ることができる現象です。(詳しく書くとこれだけで記事がいっぱいになるので、皆様各自でネット検索していただけると助かります)

この日の気温はマイナス20度。思いきり、しばれました。(北海道方言で寒いという意味です)夜明けの屈斜路湖を撮影していると、明るくなるにつれ、あたり一面に花びらのようなものが広がっているのに驚きました。何かと思い、凍った湖の上に腹ばいになり、顔を近づけて花びらのようなものを観察すると、氷の結晶でした。まるで繊細なガラス細工の様でした。これを撮るために僕はそれまでのXF10-24mmズームレンズから単焦点XF16mmに交換しました。交換の理由は、最短撮影距離が短い(撮像面から15cm)ので、被写体にかなり近づけ、かつ少し絞り込むことで背景の景色も移しこむことができる。今回はF11まで絞りこみ、かつ手ブレしないようにISO感度を400にUPしました。フロストフラワーをアップで、かつ超ローアングルで撮るために、凍りついた湖の上に長時間寝そべるので、寒さで震えて手ブレしないようにするためです。そうすれば、すこし早目のシャッタースピードを選択できます。そして氷の白さと冷たい冬の青空を出すために、フィルムシミュレーションはASTIAにしました。Velviaですと少し暖かいブルーになるので、こうゆう時はASTIAが良いと思います。
撮影に夢中になり、都合1時間、氷の上に転がっていました。良い写真は撮れましたが体が冷凍食品のようになりました。このあと宿に帰り、暖かい温泉とスープを堪能した時は、まさに天国でした。厳寒の撮影、厳しいですが感動も大きいです。ぜひXとASTIAモードを使って、冬の色をあなたのアルバムに収めてください。

※マイナス20度はメーカー動作保証対象外となります。ご使用の際は、充分注意して撮影してください。




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね









by masabike | 2018-02-14 23:18 | 日本風景 | Comments(0)

GFX ランドスケープ

f0050534_10451554.jpg

FUJIFILM GFX50S+FUJINON32~64mm  美深


GFX導入して、テストで使ったときよりもかなりの部分で、撮り方あるいは、視点を変えるあるいは進化させる必要を通解した

1より基本的なことを、基礎的なことをしっかり撮らないと、ざっな部分が出てしまう
2カラーよりモノクロの方が、高画素の恩恵がよく解る
3奥行き感が出て、より縦位置の構図が増えてきた
4広角レンズ側でしっかりした作品を撮るべきこと、そして姑息な撮影ではなくランドスケープの王道的な作品造りが必要。70~200mmの望遠ズームで切り取るような、ちまちました作品はこのカメラには向かない

この4点ですが、とても個人的な偏った意見です。



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね








by masabike | 2018-02-10 10:50 | 日本風景 | Comments(0)

凍える樹

f0050534_08145952.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

冬の北海道、インスタ映えとは縁遠い世界。落ち着いたトーンを如何に見つけて楽しむか?これが写真の面白さかもしれない

インスタ映えの次にはモノクロームの流れが来ると思う




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね







by masabike | 2018-02-09 08:16 | 日本風景 | Comments(0)

アイスロード

f0050534_08122091.jpg

LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm Lモノクローム

天塩から稚内にのびる、日本海側の道道。ここは地吹雪とアイスバーンの名所。まさにアイスロード



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね








by masabike | 2018-02-09 08:14 | 日本風景 | Comments(0)

屈斜路湖ホテル

f0050534_07470836.jpg













f0050534_07471690.jpg














f0050534_07472149.jpg
FUJIFILM X30

道東での定宿が、屈斜路湖畔にある、屈斜路湖ホテルです。湖が見える温泉が気持ちよく、24時間入れます。そしてアットホームな雰囲気と、お値段が安いのと、美味しいご飯です。ここは網走の光の匠、写真家の大島さんよりご紹介いただきました。美幌峠も摩周湖も藻琴山もどこでも行けるので、良いベースです




f0050534_07483026.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

お宿の近くで、こんな感じで撮れますよ。ちなみにこの朝はマイナス19度でした


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね







by masabike | 2018-02-08 07:52 | 日本風景 | Comments(0)

藻琴山 夕景

f0050534_07410116.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm


 マイナス15度の藻琴山。新生G9Proはタフでした。なんといってもバッテリー性能がすさまじく、機能低下は、感じられないです。さすが電機メーカーのカメラと実感しました


GH5が南極で動いているわけがよく解りました



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-02-08 07:43 | 日本風景 | Comments(0)

摩周湖 月食

f0050534_07372912.jpg

Nikon D5+Nikkor14~24mm


月食を摩周湖の風景に取り込んで撮りましたが、やはりアップで撮らないと月食の感じはわかりずらいです
若干だけかけているのがわかりますが・・・・・・




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2018-02-08 07:39 | 日本風景 | Comments(0)

凍樹

f0050534_07285394.jpg
FUJIFILM GFX+FUJINON32~64mm


GFXを導入して2週間、風景を撮った時に奥行き感が全然異なり、空間がのびているという感覚が撮れました
ただ残念ながら、SNS等の小さな画面ではわかりづらいです。40~60インチの大型テレビで見てみたいです


GFXシステム+100インチモニター+テクニクス リファレンスシステムでホームシアターで見たら、迫力だと思います



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-02-08 07:32 | 日本風景 | Comments(2)

ブルーストリーム FUJIFILM X Series Face bookより

f0050534_19203492.jpg

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「ブルーストリーム」北海道 根室半島
FUJIFILM GFX50S+FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR
フィルムシミュレーション ASTIA/ソフト
Super Fine ISO4000

厳冬の根室半島。夕暮れ。あたりを青い時が包みだす。気温はマイナス10℃。気温が思いのほか下がらないが、風がすごい。はるかシベリアから、波状攻撃のよう重く冷たい風が押し寄せる、風の大群は時として三脚さえ吹き飛ばす。

僕は根室半島の湾に敷きつめられた氷原と原生林を狙っていた。氷の冷たさを出すためフィルムシミュレーションをASTIAにした。そして高解像力を狙いSuper Fine。ISOは100。氷を撮り初めて10分後ぐらい、まるでブルドーザーが100台ぐらい同時に動き出したような、地響きがした。すると目の前の氷は一気に割れ出して、沖合に流れ始めた。風か潮目が変わったのだろうか?氷は徐々に加速をつけ流れ始めた。まるで夜のとばりから逃れるような勢いだ。だがISO100でのシャッタースピードは1秒~2秒。これでは流れ出る氷の迫力が捉えられない。そこ僕は思いきってISOを4000まで上げてみた。通常のデイライトの撮影では、かなり画面にざらざら感が出てしまう。結果は1/60秒のシャッタースピードで撮影ができた。画面の状態はほとんど荒れていない。

超高解像力のGFXならば、ISO感度をUPしても、画像の荒れは限りなく少ない。荒れ狂う北辺の風と空気と光の臨場感を写しとめることができた。かつ氷の質感も。高感度=画質の荒れという図式は、過去のものになった。これならば写真展のメインとするような、3メートルぐらいのプリントに耐えられる。GFXの高解像力とフィルムシミュレーションそして高ISO感度による画像の荒れの少なさは、風景写真に新しいチャンスを生み出してくれると確信した。




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



by masabike | 2018-02-07 19:21 | 日本風景 | Comments(0)

ジュエリーアイスby FUJIFILM X-T2

f0050534_12332172.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

夕暮、陽が沈むとほとんどの観光客がいなくなった

やっと氷の声が聞こえる静寂がやってきた


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



by masabike | 2018-02-07 12:35 | 日本風景 | Comments(0)