カテゴリ:写真展( 444 )

相原正明写真展 音と光の間

f0050534_07365441.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm
繁昌亭 ・大阪
池田の猪買い
9月3日トークショウまだ若干お席ございます。桂花團治師匠もお越しの予定です

FUJIFILM X Series FBより転載

【イベント】
相原正明さんによる上方落語の写真展
8月31日から富士フォトギャラリー大阪にて開催!

当Facebookページでも雄大な風景作品や情緒あふれるモノクロ作品でおなじみの写真家 相原正明さんによる写真展「音と光の間 ~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」を 8月31日より、富士フォトギャラリー大阪にて開催します。

本写真展では、3代目桂花團治師匠の襲名を追いかけ、Xシリーズと共に見た落語の世界を A1サイズの大判プリントでご覧に入れます。Xシリーズの電子無音シャッターを使用することにより、従来撮影が許可されなかった高座のみならず、楽屋、舞台のそで、そして裏方の世界までお見せします。
8月31日から9月2日は毎日ギャラリートークも開催しますので、写真展とあわせてぜひお楽しみください。

さらに9月3日にはスライドトークショーも開催します。参加申し込みは8月20日(日)までですので、お申込みはお早めに!
※応募者多数の場合は抽選、トークショーは写真展会場と異なりますのでご注意ください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

写真展について詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044644/


トークショーについて詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044668/

トークショーお申し込みはこちら
http://bit.ly/2v3WOeo

<相原正明さん写真展「音と光の間
~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」>
日 時: 8月31日(木)~9月6日(水) 10:00~19:00
     (土日祝日は18:00まで、最終日は15:00まで)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
http://www.prolab-create.jp/gallery/osaka/

<相原正明さんギャラリートーク>
日 時: 8月31日・9月1日・9月2日
     ①11:00~ ②14:00~ (各1時間予定)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
参加費: 無料(予約不要)

<相原正明さんスライドトークショー>
日 時: 9月3日(日)
 1部: 13:00~14:30
     写真展 音と光の間 作品解説 撮影裏話
     桂花團治師匠もご登壇予定です
 2部: 15:00~16:30
     旅写真の極意 風景 スナップ 乗り物 Food
     全て見せます!教えます!
会 場: 富士フイルム 大阪サービスステーション
http://fujifilm.jp/…/repairse…/servicestation/region002.html


定 員: 20名(応募者多数の場合は抽選)
参加費: 1部 2000円、2部 無料


by masabike | 2017-08-21 07:39 | 写真展 | Comments(0)

相原正明写真展 「音と光の間 ~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」

f0050534_15364258.jpg









f0050534_15372590.jpg

FUJIFILM X-T1+FUJINON56mm 55~200mm

会場   富士フォトギャラリー大阪

会期   2017年8月31日~9月6日

開催時間 平日10時~19時(最終日は15時まで)
土曜、日曜、祝祭日 10時~18時(最終日は15時まで)

展示作品 桂花團治師匠襲名を通して見た上方落語の世界。モノクロA1サイズ 約20

アクセス  大阪市営地下鉄 御堂筋線 本町駅 2番出口

        四ツ橋線 本町駅 25番出口

541-0053
大阪市中央区本町4丁目617号 IS本町ビル1F
ギャラリートーク 会場にて、8月31日 9月1日 2日  いずれも11:00~14:00~

の各1時間の予定。予約不要 入場無料

相原在廊予定日 8月31日~9月4日

 20144月より X-T1の電子無音シャッターを駆使して撮影してきた、上方落語の世界をお見せいたします。3代目桂花團治師匠の襲名を追いかけ、それを通して見た落語の世界です。Xシリーズの電子無音シャッターを使用することにより、従来撮影が許可されなかった、高座の撮影のみならず楽屋、舞台のそでなど一般の方々が見ることが出来なかった落語の世界の舞台裏までお見せします。高座の上の笑いの陰に隠れた、厳しさや伝統、師弟関係。裏方さんの世界もお見せいたします。そして笑いの間に潜む「間」、舞台の光と影の間に潜む「間」。Xシリーズの電子無音シャッタープラス 高感度性能、小型性がなければ撮れなかった、観ることが出来なかった世界です。ぜひテレビやネットでは見れない、もちろん観客席からはわからない落語の世界お見せいたします。そして今回は来年、2018年春 四代目 桂春團治を襲名します、桂春之輔師匠の円熟の芸もお見せいたします。

ぜひ皆様ご来場のほどよろしくお願いいたします




by masabike | 2017-08-12 15:38 | 写真展 | Comments(0)

山口晴久氏 世界征服 個展 ? 

f0050534_18144368.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18mm


久しぶりに写真展らしい写真展を拝見した。シャッター押したらこんなの撮れてしまいました!とか、現場でうまく撮れなかったのでフォトショ頼みでした。ではない写真展。つまりコンセプト 哲学が心に存在するから、それを写真という表現手段で、一番ふさわしい形で具現化したもの。もしPSいじりまくるのであれば,山口氏が言うように絵を描いた方が良い。僕もそう思うし、ランドスケープフォトの中で言ったかもしれない


哲学 コンセプト 信念これを写真で表現出来たことを痛感した。そして写真展はコンセプトありきを表現してくれた



f0050534_18144340.jpg








f0050534_18144318.jpg











f0050534_18144426.jpg

山口氏は奈良在住のX Photographer。今回の個展は、カラーとモノクロ、鹿、巨木、風景、人物、奈良の日常の風景から氏が創りだした、彼岸の世界の風景。光を待ち呼びとらされた作品から、自分で光を作りあげた作品と、いたるところでその対比をうまくさりげなく作品の背後に忍ばせている。

普段、話をしていると、関西風の笑いを取る会話が多い。ただ一瞬にして静寂な岩石のような人格をにおわせる。やさしそうな眼の奥は、絶対に曲げない強い信念を感じる。この力があれば世界に通用する作品は撮れるはずだと思う。いやもうもしかしたら撮っているかもしれない。作品の素晴らしさもさることながら、プレゼン力も見事だった。カメラのこと、テクのことはほとんど言わない。地震の内面世界を1時間語りつづけた。久しぶりに聞き入るトークショウだった。そして久しぶりに強力なライバルの出現に、己の心を引き締め今の数千倍コンセントレーションして作品を作りあげねばと自分に言い聞かせた。

今朝会場で氏の記念写真を撮った時、この3日間で存在が大きくなったと感じた。山口晴久さん、ぜひ世界へ出て世界征服の作品を創りだしてください。出来るはずです。なぜなら僕はひょうきんな仮面の下に鬼を見ました。信念という鎧をまとった鬼をです。頑張ってください








by masabike | 2017-08-07 18:32 | 写真展 | Comments(0)

山口晴久 写真展  東京開催

f0050534_22362793.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18mm

今日から銀座 富士フォトギャラリーでHarQ Yamaguchi写真展「Introduction」がはじまりました。しっかりしたコンセプトワークの写真展です。初日、ご本人をいじめたくて・・・・もとへ、ご本人にお会いしてお祝いをのべたくて伺いました。大阪でも拝見しましたが強烈なインパクトな個展です。ぜひお見逃しなく
写真はお客様の棚橋さん(左)と山口さん、少しかわい子ぶった視線です 笑





by masabike | 2017-08-04 22:40 | 写真展 | Comments(0)

富士フォトギャラリー 銀座 山口晴久 写真展

f0050534_07362366.jpg


いよいよ8月、8月4日から山口晴久さんのモノクロームのコンセプト中心の写真展が、銀座1丁目 富士フォトギャラリーで始まります。撮る前の哲学、物の見方の大切さをぜひご覧ください。またただ彩度を上げればよいとおもっている方、淡いトーンの大切さもご覧ください



by masabike | 2017-07-31 07:46 | 写真展 | Comments(0)

ご縁

f0050534_11160701.jpg
PENTAX 645NⅡ+SMC45~85mm FUJIFILM Provia 100F
Kimberly Western Australia



昨日、17年ぶりに昔仕事でお世話になった方にお会いしました。2000年シドニーオリンピックの際に、デパートの高島屋さんでオーストラリア写真展をやらせていただき日本橋、横浜、京都、大阪、岡山と巡回展をした時の、僕の写真集&プリントの物販担当の方でした。彼女は18年前にお渡しした名刺をそのまま持っていてくれました。そして僕も家にそのかたの名刺があります。まさに名刺が取り持つご縁です


フリーランスの商売は何も、自分を守ってくれるものがありません。また自分の仕事を面倒を見てくれるものもありません。困った時、仕事を売り込むとき、相談する時、すべて人脈が大切です。つまり人脈という引き出しはフリーランスにとり、宝の鉱脈です。だから僕はサラリーマン時代からの名刺を今でもたくさん保管しています。ですからこの名刺ファイルがなくなることは、フリーで仕事をするときに海図をなくして、太平洋を横断して、補給地点を探すようなものです

自分が写真家になった後も、例えば後輩や新人さんのフォトグラファーさんとも名刺を交換する機会も多いです。もちろんきちんと交換し大切に保存しています。いつ何時、その新人さんに頭を垂れて教えを乞うときがあるかもしれません。また地方の方でしたら、何かの機会に再会できるかもしれません。だから名刺は宝なのでぜったにしてません。もしフリーランスのフォトグラファーやデザイナーで、お客様や同業者あるいはファンの人から頂いた名刺を捨てるような人があれば、その方はビジネスマンとしてぜったに痛い目を見ると思います。もし何らかの事情で処分するのならば、家で断裁して捨てるべきです。公の場で捨てる人を見かけたら、その人は完全にOUTです。もし一見素晴らしい作品を撮っていても、魂のない作品になっていると思います。僕らが仕事で生き残るのは出会いの運命が多いです。ぜひ皆さんも名刺を大切にしてください。ちなみにうちの名刺をカメラ店に持って行っても、カメラは安く買えません。ご理解ください 爆

今日の作品は高島屋さんで展示したものです






by masabike | 2017-07-14 11:32 | 写真展 | Comments(0)

相原正明 写真展 音と光の間 桂花團治師匠襲名を通して見た落語の世界(仮)

f0050534_07151048.jpg
FUJIFILM X-T1+FUJINON56mm


8月31日より、大阪・本町にある富士フォトギャラリー 大阪で「音と光の間 桂花團治師匠襲名を通して見た落語の世界」(仮タイトル)を開催いたします。2014年より撮らせていただいております、桂花團治師匠の襲名を通じて見た、上方落語の世界です。撮影はすべてFUJIFILM X-T1 T2 pro2の電子無音シャッターを使用しての作品です。高座だけではなく、一般の人が見ることはできない楽屋や舞台裏の世界もお見せいたします。

そして、来年2018年に4代目桂春團治を襲名されます、桂春之輔師匠の作品も新たに撮影して展示させていただきます。ネット上で見るのとは違い、写真展で生のプリントの持つ世界観でぜひご覧ください。撮影時にはプリントをしてどうなるか?それを考えて撮影しております。ぜひ、ギャラリーでの生の作品を見ていただければ写真家冥利に尽きます

また風景写真しか興味がないと言う方、ぜひご覧ください。日本以外のほとんどの国のプロフォトグラファーはあらゆるジャンルが撮れます。ネイチャーフォトグラファーというカテゴリーや言葉が闊歩するのはこの島国だけです。風景の僕の作品と違う世界観、視点をご堪能いただければと思います

期間中はギャラリートークとトークショウも予定しております。また期間限定フォトブックも販売予定です。ぜひお楽しみに!!
以下、エキシビションの概要をお伝えします

開催場所    富士フォトギャラリー大阪 
        〒541-0053
       大阪市中央区本町4丁目6番17号
       IS本町ビル1F
          TEL:06-6261-2323
       FAX:06-6261-3737
  • 最寄駅
    大阪市営地下鉄四ツ橋線 本町駅(2番・25番出口より徒歩5分)

会期      2017/08/31~2017/09/06

開館時間    平日10:00~19:00 土日 10:00~18:00 最終日 10:00~15:00

在廊予定    8月31日~9月4日

ギャラリートーク  8月31日  9月1日  2日 11:00~ 14:00~ 参加無料 予約不要

トークショウ   9月3日 富士フイルム 大阪 サービスステーションで開催予定 詳細は別記事で!


以上、皆様どうぞよろしくお願いいたします





by masabike | 2017-07-08 07:34 | 写真展 | Comments(0)

ワンダーフォトショップ 渡邊真弓さん 写真展

f0050534_17472211.jpg

FUJIFILM X30


今日は、独特の視点で写真展を開催している、富士フイルム ワンダーフォトショップ 原宿に渡邊真弓さんの個展を拝見に行きました。今北海道で一番旬なそして新たな流をつくりつつある写真家さんです。日常の心象的風景を撮った作品ですが、やはり光と色の捕まえ方が北の大地の人だなという感じです



f0050534_17472653.jpg
以前札幌のイベントでご一緒させていただきました。とてもパワフルな方です。明日の明日の18時からワンダーフォトショップでトークショウがあります。詳しくはリンクをご覧ください



by masabike | 2017-06-23 17:53 | 写真展 | Comments(2)

Tahnk,s

f0050534_07340310.jpg

FUJIFILM X30


 昨晩、2週間の相原正明 写真展 Earthrait無事終了いたしました。皆様本当にありがとうございました。上の写真は、会場に置いてあった芳名帳です。FUJIFILM WODER PHOTO SHOPのスタッフの皆さんが作ってくれたワンオフの芳名帳です。今回の写真展、新しいたくさんの発見と新しい試みをさせていただいた写真展でした

一番の発見は写真を楽しむということです。当たり前のことですが、プロでもついつい写真を楽しむことをわすれて、仕事だから仕方がなく撮るとかに陥ることもあります。アマチュアの方でもコンテスト入賞のために撮るとかもあると思います。やはり楽しんで撮った結果素晴らしい作品や思い出の1枚になるということが本末転倒になっていることが多いです。

でもワンダーフォトショップでプリントをしてコラージュをしているお客様を会場で拝見していると、「写真を楽しんでいる。」「楽しかった思い出や、一瞬あるいは人生の1ページを写真を通じてシェアする」ということを見せていただき、教えていただきました。ぜひカメラのスペック沼競争に陥っている、人達に、ここに来るお客様を見てもういちど写真を楽しむことを思いでしていただきたいと痛感しました


そして2つ目は、「写るんです」で撮影して、プリントをオーダーしにくる女子高生や大学生、OLさんたちの多さに、驚かされました。写メ~デジカメ~スマホ~と進化してきて、再び30年以上 変わらない「写るんです」に若い女性たちがはまっていくのを見ると歴史は繰り返す、それとスペックではなく楽しめれば、何でもいいんじゃないというのを感じました。またアウトプットの戦略を持っているFUJIFILMというメーカーの強さを感じました


次に今回の写真展は新たな試みをいくつかしました
1 展示作品をA3サイズの小さな作品にしました
2 キャプションを廃しました
3 作品は jpeg撮って出し


1について。1993に写真展を始めていら、すべの個展は最低でも大全紙サイズ+全倍 さらにはそれ以上の作品で展示してきました。今回はA3中心で額装なしで、コラージュする形で展示しました。小さいサイズ、全体での彩や流あるいは多くの作品で見せることで、自分ありの世界観を見ていただきました。

2キャプションも、今回はじっくり作品と見た方の心と対話していただくために、あるいは会場全体にすっきりさせるためにキャプションを廃しました。そして点数が多い割に展示をすっきりさせることもできました

3 1点 メートルクラスの作品はRAW~TIFEにして、若干 露出補正をしましたが、ほかの80点近い作品はすべてXシリーズで現場での撮って出しで、レタッチ等していません。今回は写真展決定から展示まで時間もありませんでしたので、セレクションして、テストプリントなしの本番1発出しでした。ここで撮影からプリントまでが1つのワークフローになっている、XシリーズとFUJIFILMプリントシステムの強さが出ました。

そしてなによりも多くの方が、また遠方からも遠く、ブラジルやロンドンからもお越しいただきました。そしていままで写真展に来なかった若い層の方もたくさんお越しいただきました。そして20代の方と写真をもっと撮りたい、写真家になりたいという方ともお話が出来てとても良かったです。新たなる自分の創作活動のページが開いた感があります。またお店のスタッフの皆さんも写真を楽しんでいるのを見て、自分ももっと写真を楽しまないとと教えていただきました

2週間の間お越しいただいたお客様 、スタッフの皆さんどうもありがとうございました。僕ももっと写真を楽しみます。



by masabike | 2017-04-21 07:56 | 写真展 | Comments(0)

Earthrait 相原正明写真展 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP  4月20日

f0050534_07203963.jpg

















f0050534_07203946.jpg


















f0050534_07204136.jpg





















f0050534_07204028.jpg
















f0050534_07203856.jpg
















f0050534_07203747.jpg


















f0050534_07203682.jpg


















f0050534_07203782.jpg




















f0050534_07212712.jpg





















f0050534_07212700.jpg






















f0050534_07212872.jpg



















f0050534_07212870.jpg






















f0050534_07212428.jpg


FUJIFILM X30

昨日 4月20日  原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOPでの相原正明 写真展 Earthrit無事 大盛況のうちに終了いたしました。昨日も伊勢やはるばるロンドンからもお客様がお越しになりました。皆様本当にありがとうございました。またいつかどこかで写真を通して皆様にお会いできる日を楽しみにしております














f0050534_07203982.jpg















f0050534_07203827.jpg














f0050534_07212483.jpg




最終日はサポートしていただいた、富士フイルムのスタッフの皆さん、WONDAER PHOTO SHOPの原宿48 wwwwの美女グループの皆さんと記念写真を撮らせていただきました。皆さんありがとうございました











f0050534_07212586.jpg
See you again somewhere on the rond



by masabike | 2017-04-21 07:31 | 写真展 | Comments(0)