カテゴリ:クイーンズランド( 15 )

クィーンズランド州タウンズビル 夏の日に・・。

f0050534_14305720.jpg






f0050534_1431828.jpg


Nikon F2  Nikor28mm Zeiss 50mm  アクロス100

 真夏のクィーンズランドは日差しが日本の100倍ぐらい美しい。特に朝夕斜光になると涙が出るくらいに美しい。最近お気に入りの街タウンズビルをNIKON F2にZEISS 50mmと28mmで散歩してカメラと遊んでみました。かえってモノクロで見るほうが色が無いのに、夏の光がいとおしく感じました。夏の光の中、カメラと遊んで見ませんか?

夏の光がとても涙が出るくらいに大好きになります

遊んでみようと思ったらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-07-22 14:36 | クイーンズランド | Comments(6)

オーストラリア・クィーンズランド州世界遺産熱帯雨林 

f0050534_14265265.jpg






f0050534_1427442.jpg







f0050534_14271624.jpg








f0050534_14272834.jpg




PENTAX 645 35mm 45~85mm 120mm 
FUJI FILM ベルビア100 アスティア100F

東京に帰ってきたら熱い夏に参っています。でもこういうときはもっと熱いオーストラリアの雨季真っ只中の熱帯雨林を見ていただき、世界にはもっと熱いところがあるんだと思っていただきたいと思います。気温40~45度、湿度100%。巨大なミストサウナです。それから比べれば日本の夏なんてコタツぐらいの暑さです。

でもこの湿度感、表現するにはフィルムかな・・・。
撮影場所はケアンズ郊外のキュランダ渓谷、アーサートン高原などです。ケアンズついつい観光ツアーで行くとグレートバリアリーフやお土産屋さんめぐりになりますが、是非熱帯雨林体験してください。地球の命の密度が体感できます

熱帯雨林体験したくなったらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-07-22 14:25 | クイーンズランド | Comments(6)

処ちがえば・・。モスマン

f0050534_822138.jpg




f0050534_823644.jpg





f0050534_825025.jpg


FUJI FILM S5pro jpeg フィルムシュミレーション ベルビア &アスティアモード

最近は家の近くの板橋区熱帯植物店で撮影した写心・・・、じゃなくてオーストラリア・クィーンズランド州モスマンゴージでの写心です。1月に撮影したのですがその後バタバタしていまして1月の撮影写心が途中で中断していましてすいませんでした

撮影地はケアンズから北に1時間半ぐらいの世界遺産の熱帯雨林。雨季の熱帯雨林は自然のミスとサウナ死ぬほど蒸れて熱いです。撮影終了後Tシャツを絞ると汗が1tぐらい出ます(ほんとです)
だから1日4リットルぐらい水とオレンジジュース飲みます。また塩も沢山なめます。

今回は自分の汗でもって行った中判カメラに汗がたれすぎて壊れました。でもここの熱帯雨林
世界最古の熱帯雨林と言われています。是非ケアンズに行ったらモスマンゴージ行ってください。ケアンズでお土産買うのも良いですが、そのお金と時間があったらそこでしか体感できないことを経験していただき、それを自分の心のお土産にしてください。そうすればあなたも大のオーストラリア好きになります。本当のオーストラリア大陸を体感してください。

撮影協力 クィーンズランド州政府観光公社 カンタス航空 富士フイルム


オーストラリア体感したいとお感じいただけましたらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-06-29 08:16 | クイーンズランド | Comments(8)

世界一贅沢!世界遺産カレー!

f0050534_9145034.jpg


グリーントウの一番の名物はこれ「シーフードプレート」思わず無言で1時間食べてしまいました。たしか50オーストラリアドルです。目から海老がこぼれそうなぐらい食べられます。


f0050534_914445.jpg


f0050534_9163374.jpg





f0050534_9164519.jpg





f0050534_9165682.jpg







f0050534_9171030.jpg


グリーン島からヘリコプターで空撮をしながら向かったのがこの「ポンツーン」海に浮かぶまさにマリンスポーツ城。スキューバーダイビングから水中歩行体験まで何でもあります。ありとあらゆるマリンスポーツの設備が整っています。そしてここでもっとも素晴らしかったのが日本風カレーライス。まさにまさに涙物。南の海、しかも世界遺産の上でカレーが食べられる。世界地贅沢なカレーかもしれません。ぜひ食べに行ってください・・、もとへぜひ泳ぎにいってください。
それからオーストラリア世界遺産でウルル、タスマニア、カカドゥ国立公園は僕の写真を使用しております

世界遺産でカレー食べたいと思ったらクリックしてください。


by masabike | 2008-01-23 09:21 | クイーンズランド | Comments(7)

グレートバリアリーフ、最期の島はグリーン島

f0050534_7125337.jpg






f0050534_7324949.jpg







f0050534_7131630.jpg







f0050534_7132754.jpg







f0050534_7133723.jpg

FUJI FILM S5pro Zeiss50mm Nikor28mm jpeg


クィーンズランド・グレートバリアリーフ(世界遺産)の島の旅の最期はグリーン島です。日本からも比較的パッケージツアーで訪れやすい島です。

昼間は比較的人が多く少しざわついていますが、16時以降は島に滞在する人しかいなくなる(日帰りツアーのお客さんは16時に島を出る船でケアンズに皆戻ります)とものすごく静かで、黄昏のグレートバリアリーフが楽しめます。ここも要注意事項があります。決して男性一人旅で行かないように!!しっかり浮いてしまいます。

上の写真のプールを撮影していたとき面白いエピソードがあります。プール横のラウンジで撮影に後お茶をしていると、夜行便で日本からケアンズ入りして島に着いたOLさん3人組がいました。3人なんとなく、やっと休みを取ったらしく会社や上司の愚痴や悪口が始まり、そのうちエスカレートして彼氏の話からかなりきわどいエッチな話になっていきました。ちょうど僕はそのころ携帯でオーストラリア人の友人とつたない英語で話していました。そのときOLさんの一人が「ねえねえこんな話こんなところで話してやばくない?あの人日本人じゃない」と僕のほうをチラッと見るとほかのOLさんが「さっきあの人英語はなしていたし、あんだけ色が黒いからどこかのアジア系の人だよ」僕は笑を噴出しそうでした。その後ラウンジにあったPCでインターネットでYahoo Japanのメールを見ていました。メールを終わろうとすると、そのOLさんの一人が「このPC使っても良いですか?」と英語で僕に尋ねてきた。「どうぞ」と言い彼女がPCの画面を見ると日本語の文章があったので、顔面が真っ青になるのを僕は見ました。もう大笑いしそうでした。皆さんも海外に行った時は日本語の会話に気をつけましょう(笑)

OLさんの教訓身にしみたと思ったらクリックお願いいたします

by masabike | 2008-01-22 07:31 | クイーンズランド | Comments(5)

光鮮やか!ダンクアイランド

f0050534_6413145.jpg




f0050534_6415576.jpg





f0050534_642932.jpg






f0050534_6422322.jpg






f0050534_6423691.jpg





f0050534_643340.jpg






f0050534_6441948.jpg

FUJI FILM S5pro SIGMA12~24mm Zeiss50mm Nikor80~200mm
jpeg フィルムシュミレーションモード

ダンクアイランドに行くとだいぶクィーンズランドも北より(赤道近く)になるので光がだいぶ強くなる。ビーチで写真を撮っているとサングラスが欲しいなと思うぐらい。まさにサンシャインスティツ。そしてその分色も溢れている。

クィーンズランドの色を感じていただけたらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-01-21 06:48 | クイーンズランド | Comments(0)

カラーアイランド ダンク島

f0050534_8284044.jpg





f0050534_8285379.jpg


ミッションビーチから高速艇に乗り込み30分。ダンク島に着く。本土でも色彩が強いのにここも更に色が強い。色の宝庫クィーンズランド州を実感させられる。



f0050534_8251530.jpg





f0050534_8252821.jpg






f0050534_8253937.jpg

FUJI FILM S5pro SIGMA12~24mm Zeiss50mm Nikor80~200mm jpeg



ダンク島は比較的リーズナブルのリゾート。カップルやファミリーが多い。男一人で滞在は夜に寂しい思いをさせられます。くれぐれも男性の皆さん一人では行かないで下さいね(笑)

リゾート一人で行ったのとお笑いの方はクリックお願いいたします(笑)


by masabike | 2008-01-20 08:33 | クイーンズランド | Comments(0)

バイバイ、オフィウスアイランド

f0050534_8175027.jpg


FUJI FILM S5pro Zeiss Nikor20~35mm
オフィウスの桟橋からボートで水上飛行機に乗り込みタウンズビルに戻る。この4日間のいろいろな思い出いろいろな会話が思い出される。ここは豪華なだけではなく心に優しいリゾートだと思った。いいリゾートは土地とスタッフとゲストのリレーションシップによって作り上げられるのを実感した。日本資本にあるようなただ金かけました、しっかりマニュアルつくりました、では出来ない何かがあると感じました。昔に日本旅館のサービスに相通じる物も感じました。タウンズビルに近づくにつれ湿地帯に蛇行する川が見えました。シャッターを切りながら時々外の景色が雲って見えるのは窓の汚れだけではなく、僕の目が濡れているのに気がつきました

リゾート感じていただけたらクリックお願いいたします

by masabike | 2008-01-20 08:23 | クイーンズランド | Comments(2)

オフィウスアイランド 色彩

f0050534_801992.jpg





f0050534_803026.jpg






f0050534_804054.jpg






f0050534_805089.jpg


PENTAX645 35mm 75mm 45~85mm FUJI FILM Velvia100
オフィウスアイランドの滞在も3日目の夜になると悲しくなる。小さな島のリゾートはいつもそうだけどスタッフ皆と仲良くなれてしまう。ひょっとしたらリゾートで一番大事なのは食事でもなければ景色でもなく思い出作りなのかなと感じてしまう。以前フィジーのヤサワ島という高級リゾート
(昔ブルックシールズが映画「青いさんご礁」をロケした島)に取材で3泊した。帰りしな島の住人たちがセスナに乗るため島の原っぱに行ったところ飛行機の前に並んで「イサレア」という現地のお別れの歌を歌ってくれた。不覚にも真昼間南に島の原っぱで泣いてしまいました。

もうすぐオフィウスもおしまい。明日の朝が来なければ良いのにと思ってしまう。
オフィウス感じていただければクリックお願いいたします


by masabike | 2008-01-19 08:07 | クイーンズランド | Comments(10)

オフィウスアイランド  ホスピタリティー

f0050534_7382385.jpg






f0050534_7384679.jpg







f0050534_739464.jpg








f0050534_7392257.jpg








f0050534_7394989.jpg









f0050534_7401926.jpg


オフィウスアイランドは食べ物も美味しいし、景色も気持ちいい。でもここの一番の快適さはホスピタリティー。桟橋で撮影していると「冷たいものでもどうですか」とスタッフがさりげなくトロピカルドリンクをサーブしてくれた。そしてここのマネジャーのアランさんカップル。ボートの操縦、シュノーケルやフィッシンングのサポート、はてはサンセットワインテイスティングまでこなす。24時間働いてます。と彼は言う。そして更に彼が考えたのが島の丘から海を眺め午後のひと時を過ごしてもらう「レイトアフタヌーンティー」丘の上までスタッフでティーセットとスコーンを運び上げる。まさに脱帽。そんな彼も2月の雨季はシーズンオフ。「長野にスキーに行くよ」と顔をほころばせていた。


f0050534_740383.jpg







f0050534_741669.jpg







f0050534_7412271.jpg








f0050534_7413640.jpg



そしてこれがオフィウスのスイートルーム、何もしないオーストラリア時間を楽しみに行って見ませんか!

FUJI FILM S5pro SIGMA12~24mm Zeiss50mm Nikor14mm

オフィウスでサンセットワインテイスティングしたいなと思ったらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-01-18 07:50 | クイーンズランド | Comments(0)