カテゴリ:マイガーデン( 163 )

みなさん、お久しぶりです ラッキーです

f0050534_08500716.jpg
FUJIFILM X30

ラッキーさんも仮設住宅にだいぶ慣れて、安心して昼のお散歩に出てくる世になりました
久しぶりにカメラの前で、ポージングしてくれました 笑


皆様行方不明の間、ご心配おかけしましたと言っています 多分




by masabike | 2017-02-19 08:51 | マイガーデン | Comments(2)

Afternoon by FUJIFILM X-T2+carl Zeiss Touit50mm

f0050534_17191917.jpg

FUJIFILM X-T2+Carl Zeiss Touit 50mm

自分の肌に合う機材、気持ちにシンクロしている機材はどんな時にでも、手が伸びる。たとえ家のソファーでけだるい時間を過ごしている時にでも、目の前の日常のシーンを本気で撮る気にさせてくれる。X-T2日曜の午後もフォトグラファーを休ませてくれない、困ったカメラです 笑








by masabike | 2016-12-11 17:23 | マイガーデン | Comments(0)

おじいちゃんの家 最後の日の朝

f0050534_09210027.jpg
Nikon D810A+Zeiss Otus 28mm


11月20日 この家を祖父にオーダーした父の誕生日。翌日からの解体工事を控えて最後の現存する姿を撮りました。父の誕生日が最後の日とは運命の巡り会わせです

どんな小さなことも、克明に撮りたかった。ダから3600万画素越えのD810AとOtusの組み合わせを選びました。我が家のファミリーヒストリーでありアーカイブです。






by masabike | 2016-11-28 09:25 | マイガーデン | Comments(0)

ラッキーさん行方不明

f0050534_10113644.jpg
引っ越しのさなかに、ラッキーさんが行方不明というか家出してしまい悲しいです。もともと野良ネコで、外猫として家のベランダにお家を作り飼っていました。この1週間、地震でおびえて22日の朝にどこかに消えてしまい、昨晩夜中に見つけて餌を上げたのですが、また行方不明です

引っ越し先が同じ敷地内の隣家なので来てくれると思うのですが、雪も降っているので心配です。また首輪も外れてしまい、なおさら心配です。早く帰ってきてくれるとよいのですが。もう16年生きているおばあちゃん猫なので、大変心配です







by masabike | 2016-11-24 10:14 | マイガーデン | Comments(2)

雪もよう おじいちゃんの家 その3

f0050534_09291063.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

おじいちゃんのお家の最後の雪景色です





by masabike | 2016-11-24 09:30 | マイガーデン | Comments(0)

おじいちゃんの家 最後の10日間 その2 雪

f0050534_09133672.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm


11月24日未明より、東京にも何十年ぶりの雪が降りました。解体準備中のおじいちゃんの家にも雪が積もりました。瓦屋根がきれいな模様になりました。瓦は100枚ぐらい保存して、新居の庭に使います。今回は解体のために庭の木の伐採の日、11月22日に、地震があり。お家の解体準備に入る24日に季節はずれの雪。家が幕を閉じる時、ドラマがもっとありそうです





by masabike | 2016-11-24 09:26 | マイガーデン | Comments(0)

おじいちゃんのお家 最後の10日間 その1

この1ヶ月、死ぬほど荷物を整理して、掃除をして、そしてリビングで多くに人たちと語らいました。お家に力をくれた皆さんありがとうございます

f0050534_19363519.jpg




f0050534_19363502.jpg
Nikon Df+Nikkor35mm

ニコンの鈴木さんが最後のカレーを食べに来ていただきました。これでしばらくカレーパーティーはお預けです

f0050534_19323096.jpg






f0050534_19323058.jpg









f0050534_19322944.jpg

うちの撮影アシスタントの皆さんも、引っ越しお手伝い来ていただきました。今は子育て、写真家休眠状態のみずきチャンも来てくれました。彼女はスーパーアシスタントで砂漠で遭難しかかっても、動じませんでした。今はスマホで、恐ろしくセンスの良い作品を撮っていますが、最近はXシリーズとGRで虎視眈々と現役復帰をもくろんでいます


高木君も倉敷でのエキシビションの合間を縫い来てくれました。そして山下君はいろいろプライベートが大変な時に来てもらい頭が下がります


f0050534_19323175.jpg






f0050534_19322801.jpg
これだけの梱包ダンボール(本だけで200箱ありました)とゴミの山、大変でした



f0050534_19323146.jpg
もう疲れ切っているのと、お家壊したくないなというのが顔に出ています 
撮影 Naoyuki Takagi



f0050534_19342836.jpg







f0050534_19342578.jpg
そして引っ越し作業中はパンなどの行動食ばかりでした・・・


f0050534_19342608.jpg

f0050534_19342702.jpg
f0050534_19342768.jpg

そして解体全日、11月21日夜。再び山下君がお手伝いに来てくれました。家内は仕事で泊りでしたので、本当の我が家最後の夜が山下君と一緒というのは不思議な感じです。彼が初めて、我が家へ来たのは1998年5月だったと思います。当時は写真のことは何も知らなくて、フィルムも入れられなかったです笑  それが18年たちニコンさんの広告に出たり、デジタルフォトマガジンで連載をしたりと驚きです。でも彼は18年間真面目に努力して、辛抱して、写真を撮りつづけました。僕に似て不器用な所もあるのですが、アドバイスをすべて聞いてくれて努力してくれたのでとても、師匠としてはうれしいです。そして最後の晩、アイスタント時代と同じようにリビングで寝袋にくるまり泊まっていってくれました。最後の夜、おじいちゃんの家に泊まってくれて山下君どうもありがとうございました。心から感謝いたします。



by masabike | 2016-11-22 19:54 | マイガーデン | Comments(2)

さようなら おじいちゃんのお家 


f0050534_15395379.jpg





FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm


とうとう東方太陽が昇り、悲しい朝、お別れの朝がやってきました。築70年以上、そして僕の生まれた家が今日から解体されます。お庭もです。僕の祖父が父と母の注文で作り上げた小さなお家です。モルタル2階建て、当初は平屋でした。


この5年間ぐらいは雨漏りがひどく、ゲリラ豪雨が来ると家の中にブルーシートをひかなくてはならないほどでした。そして老朽化とともにネズミなども入り、この10年以上はネズミとの戦いでもありました。そしてハクビシンの住みつき。311以降、少し土台も痛み、床がしなるようになりました。玄関の軒も落ちそうになって来ました。でもそんな老朽ボロ屋ですが、僕の58年の思い出、父と母が戦後の焼け跡から建てた思い出の家でした。取り壊したくはありませんでした。でも老朽家屋は漏電が心配です。そして地震の時の倒壊や火災も。耐震補強にすれば?とよく言われました。でも耐震補強は全壊が半壊、死ぬような倒壊からとりあえず、命だけが助かるそんなことらしいです。おりしも解体の朝、福島沖で地震がありました。被災地の人には申し訳ないのですが、こんな地震がたびたび来るとこのお家は大丈夫?取り壊すのをためらう気持ちを今朝の、災害が後押しをしてくれました。僕はこの思い出のお家を壊すことと引き換えに、自分がいままでの人生で全力を挙げて撮り続けた作品、フィルム、データーを残すための耐震耐火建築のお家を立てることを選びました。祖父のお家と思い出は、心と写真に残しお家にサヨナラをしました。それでも涙が止まりません。そして今朝、家じゅうと庭の切られてしまう樹たちに、お酒をかけお塩をまき、1本1本、さようならのご挨拶をしました。



f0050534_15395479.jpg

この2週間、お家の前でなんども写真を撮りました。でも最後の日にもう一度長年の相棒と写真を撮りました。高校1年の時に買った、まだ現役のNikon F2です。うちの家内よりも、どんな友達よりも付き合いの長い相棒です。いつも出かける時は、小さいころからこの玄関の前で撮りました。いろいろな時に撮りました


幼稚園に入った時、七五参のとき、小学校入学の時、中学、高校、大学の入学の時。いつもこの玄関の前で写真を撮りました。そして旅に出かける時も、北海道、沖縄、四国、オーストラリア、シベリア。いつもこの玄関の前でNikon F2と写真を撮り、何千回もこの玄関から門をくぐり日本全国、世界に旅立ちました。そして帰ってくると、遠くからこの門と玄関が見えると、「あ~~我が家に買ってきた」とおもい安堵しました。でも次の旅に出る時からは、もうこの門から出ることはなくなります。だから今日は、最後に次の未来に向けて、F2と一緒に記念写真を撮り、この門から出かかていきます。



僕のおじいちゃんが作ってくれた、父の母の想いの込められた、小さな暖かいお家、さようなら

f0050534_16042052.jpg





by masabike | 2016-11-22 16:04 | マイガーデン | Comments(2)

最後の宴会


f0050534_21022597.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16mm


昨日土曜日の晩、我が家でのリホーム前の最後の宴会をしました。我が家のリビングに一番寝泊まりしていた、元アシスタントの山下君と、高校時代からのバイク仲間K氏を迎えての宴会でした。この部屋で、喜んだこと落胆したこと泣いたこと、そして数々の写真展やプレゼンの打ち上げをやったのが、走馬灯のように駆け巡ります。


昔はうちでホームパーティーをしていませんでした。始めたのは93年の初の個展のあたりからです。当時、僕はプロダクションのやとわれフォトグラファー。手取りは10万5千円。生かさず殺さずのお給料です。そのお金で、オーストラリアへ行き作品を作り、機材を買い個展をするにはあまりにも少なすぎて、外で宴会は拷問のようでした。でもクライアントや写真関係の人にじっくり作品を見てもらいたい。しかも当時はすべてポジ。PC持って行きスライドショウで見せるのは不可能でした。プリントしてbookをふんだんに作る予算も厳しかったので、家に飲みに来てもらい、ライトボックスでじっくり作品を見ていただく。それと人が家に集うことで、自分にも家ににも活力がみなぎると思い、いろいろ宴会しました。カレーパーティー、シチューパーティー、チゲ鍋パーティーなどなど。ともかく一人でも多く、1秒でも長く作品を見てもらい、活力をもらうためにホームパーティーをしました。でも家で楽しく何かをやると、ビジネスがうまく行く気がしました。広告代理店時代に、クライアントさんの専務に、教えていただいた言葉に「商は笑にて勝となり」ということがあります。どん底、無名コネなしフォトグラファーの、いわば背水の陣の秘策でした。


そのパーティーも今の部屋でやるのはこれでおしまいです。少しさびしいですい、来年からはよりパワーアップし、料理のレパートリーも増やして頑張りたいと思います。そのパワーで皆様により素晴らしい作品がお届けできると思います。昨晩は宴会が終わり、心の中で「お部屋さん、どうもありがとう」とお礼を述べました




by masabike | 2016-11-13 21:16 | マイガーデン | Comments(0)

僕の王国

f0050534_14562091.jpg






f0050534_14562061.jpg






f0050534_15010523.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm


30年以上、ここでフィルムを編集し、文章を書き、未来を信じ、そして明日はもっといい作品をと思い働いてきた作業場です。もうすぐお別れです
部屋中、フィルムだらけです。まさに僕の王国です


そしてこの巨大なライトボックスに映し出される、ポジの映像に一喜一憂していました




by masabike | 2016-11-09 15:02 | マイガーデン | Comments(0)