カテゴリ:Tokyo City( 220 )

FUJIFILM X series Facebook 1月25日より転載 


f0050534_10100107.jpg

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「二つの光」 東京 晴海
FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF10-24mmF4 R OIS
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

オーストラリアで個展をしている時に、お客様からもキュレーターからも「オーストラリアを撮影した作品なのに、とても「和」を感じる。和のオーストラリアですね」としばしば言われることがあった。

自分では、「和」を意識して撮影したわけではないのでどうしてなのだろう?と検証してみた。とりあえず自分で導き出した答えは二つ。一つは、空間に「間」を取った構図が多いためではないだろうか。やはりオーストラリアの空間の広がりを出すためには日本画的な「間」というのが自分には向いていると感じるのと、自分の日本人というDNAが自然とそのような構図を選んでいるのかもしれない。

もう一つが「月」だと思う。オーストラリアの風景は広くフラットな所が多い。「間」をとった空間にワンポイントが必要となり月をかなり意識したのと、あと日本人の持つ、月への季節感や美意識が働いたのかなとも思う。日本では月の名称は、200とも300とも言われている。それだけ日本の文化と月は密接な関係であると、海の外に出て初めて感じさせられた。そして「和」というのは、単に竹林や鯉やお寺、あるいは日本の風景を写せば「和」ではないと言うことも教えられた。その画面の中のありようで和にも洋にもなることを学習した。

今回は、近代的な建築と、その上に月をワンポイント置くことで少し不思議な、「和」のテイストのTokyo Bayエリアを表現してみました。そして立ち位置に制限のある建築や風景の撮影では、FUJINON XF10-24mmを含め、16-55mm、50-140mm、100-400mmが大きく作品作りに貢献してくれる。ほんの数ミリ立ち位置やフレーミングが思い通りにならないとそれが作品に出てしまう。そして大型プリントにしたときFUJINONズームレンズの進化により、クリアな抜けの良いプリントとして、レンズの真価が発揮させられる。月と建物の自分なりのベストのポジション。FUJINONズームレンズが大きな役割を果たしてくれた。ズームは、なんとなく食わず嫌いという方、ぜひFUJINONズームレンズをお試しあれ。





by masabike | 2017-01-31 10:11 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo bay 20170105 #4

f0050534_09072542.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

 お正月の間は普段あまり撮らない、東京の夜景を撮りました
でも被写体の見た目の良さで、ごまかすことが出来てしまうのが、夜景写真の面白さとずるさかもしれません




by masabike | 2017-01-28 09:08 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo Bay20170103#3

f0050534_16443567.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

自分が住んでいる東京。見過ごしいるアングルや被写体が山のようにあることを撮影に行くたびに教えられる




by masabike | 2017-01-26 16:46 | Tokyo City | Comments(0)

FUJIFILM X Series FB 1月25日 より 二つの光 修正



f0050534_07313406.jpg

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「二つの光」 東京 晴海
FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF10-24mmF4 R OIS
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

オーストラリアで個展をしている時に、お客様からもキュレーターからも「オーストラリアを撮影した作品なのに、とても「和」を感じる。和のオーストラリアですね」としばしば言われることがあった。

自分では、「和」を意識して撮影したわけではないのでどうしてなのだろう?と検証してみた。とりあえず自分で導き出した答えは二つ。一つは、空間に「間」を取った構図が多いためではないだろうか。やはりオーストラリアの空間の広がりを出すためには日本画的な「間」というのが自分には向いていると感じるのと、自分の日本人というDNAが自然とそのような構図を選んでいるのかもしれない。

もう一つが「月」だと思う。オーストラリアの風景は広くフラットな所が多い。「間」をとった空間にワンポイントが必要となり月をかなり意識したのと、あと日本人の持つ、月への季節感や美意識が働いたのかなとも思う。日本では月の名称は、200とも300とも言われている。それだけ日本の文化と月は密接な関係であると、海の外に出て初めて感じさせられた。そして「和」というのは、単に竹林や鯉やお寺、あるいは日本の風景を写せば「和」ではないと言うことも教えられた。その画面の中のありようで和にも洋にもなることを学習した。

今回は、近代的な建築と、その上に月をワンポイント置くことで少し不思議な、「和」のテイストのTokyo Bayエリアを表現してみました。そして立ち位置に制限のある建築や風景の撮影では、FUJINON XF10-24mmを含め、16-55mm、50-140mm、100-400mmが大きく作品作りに貢献してくれる。ほんの数ミリ立ち位置やフレーミングが思い通りにならないとそれが作品に出てしまう。そして大型プリントにしたときFUJINONズームレンズの進化により、クリアな抜けの良いプリントとして、レンズの真価が発揮させられる。月と建物の自分なりのベストのポジション。FUJINONズームレンズが大きな役割を果たしてくれた。ズームは、なんとなく食わず嫌いという方、ぜひFUJINONズームレンズをお試しあれ。




ベストのポジション。FUJINONズームレンズが大きな役割を果たしてくれた。ズームは、なんとなく食わず嫌いという方、ぜひFUJINONズームレンズをお試しあれ。


by masabike | 2017-01-26 07:31 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo Bay 20170103 Moon

f0050534_07521497.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm FS/Velvia


たった一つの月が画面を〆てくれます

by masabike | 2017-01-23 07:57 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo Bay 20170103

f0050534_16263868.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm


年末からお正月にかけての東京は、人がいなくて絶好の撮影地であり、空気感が凛としてとても良い
空気がきりりとしているのレインボーブリッジもクリアーに撮れる




by masabike | 2017-01-15 16:35 | Tokyo City | Comments(0)

暗雲東京

f0050534_16113090.jpg
FUJIFILM X30 RAW Lightroomで現像

昨日の新宿都庁方面の空。ものすごい暗雲の迫力でした。都庁の内部の方々の心のありようが天気に出たのでしょうか? 





by masabike | 2017-01-15 16:15 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo Bay 20170107#2

f0050534_08395055.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

都会での撮影ではいまや100~400mmが僕の中では標準ズームと化している








by masabike | 2017-01-08 08:41 | Tokyo City | Comments(0)

Tokyo Bay  20170107#1

f0050534_22545519.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON23mm

東京に住んでいても、見たことがない景色はたくさんある。今日それを久しぶりに痛感させられました。
Tokyoは新旧、和洋中いろいろまじりあった、ブレードランナーみたいな都市だと思いました



by masabike | 2017-01-07 22:53 | Tokyo City | Comments(0)

東京 豊洲



f0050534_07421215.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

東京は被写体にあふれている。古いもの新しいもの。和風なもの洋風なものコンテンポラリーなもの。この世界で類まれなきおもしろい街に住んでいる以上、それを撮らないのはもったいない


Carl Zeiss LENSPIRE Masaaki Aihara



by masabike | 2017-01-06 07:49 | Tokyo City | Comments(0)