2017年 11月 30日 ( 4 )

ライフワーク

f0050534_12571298.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

何で砂漠や荒野をこのんで撮るのか?よく問われる。僕もわからない。ただ唯一いえることは、ここに来ると血が湧き、写欲が爆発的に増え、頭の中を絵コンテが飛び回る。だからライフワークでオーストラリアに通うと思う。もし、ここを撮ったらお金になる。そう考えて撮ったら、その心は作品に出てしまい、現地の感動は伝わるどころか、観る人に嘘をついて作品を出すことになる


プロだからお金のために撮ることがある。それは仕事の撮影、それでも撮っている時は、不動産であれば、少しでもこの街、この建物を美しく見せたいと言う気持ちが勝る。もしあなたがアマチュア、コンテストで入選するために撮るのであれば、事実は写っても、美しい感動した心は写らない。ましてや今までこれだけコンテストに入ったから、もっと入り、自慢したい。そんなおごりの写真は醜い。
 
コンテストに入選するためには、コンテストを忘れて純真な気持ちで撮ってほしい。あざとい写真、おごりのある写真 僕は嫌いです
ぜひ子供のような、こころで光と時と遊びながら撮ってください










by masabike | 2017-11-30 13:05 | 西オーストラリア州 | Comments(0)

FUJIFILM Facebookより  弧山荒海図




f0050534_12465296.jpg





















f0050534_12471890.jpg



北海道 利尻富士 稚咲内海岸より望む
FUJIFILM X-T2+FUJINON XF10-24mmF4 R OIS
 

いつもここで述べるように、荒れた天気の時ほどドラマは起こる。そしてそれは千載一遇の撮影チャンス。ではその荒れた天気をどう捉えるか?

今回も大胆な構図で狙ってみた。海と空の比率を9:1ぐらいまでに切り詰めた。その訳は、自分の存在を圧倒するほどの雲の量、厚み、そして変化。これを表現するために、利尻富士は大きさの尺度として使った。頂上が見えないからダメ?それも一つの意見だ。だが僕は山岳ガイドブックのために、山の説明で撮っているのではない。地球のポートレイトを表現するためだ。荒れ狂う地球の息づかいが、山の頂、島全体を覆いつくす雲の存在感によって表現したかった。かえって山全体が見えてしまったら、この世紀末のような雲の存在は薄くなってしまう。大胆な構図、ある意味 現代アートなどの抽象画につながるような組み方だ。そのためにも多くの美術の世界を見ると、自分に取り込むことができる。

しばしば「そんな大胆な構図や撮り方をして失敗したらどうしよう」とワークショップ等では参加者から言われる。でも写真は安全な趣味。露出や構図を失敗しても、死んだり怪我をしたり、ましてやカメラが「へたくそ」とか言って爆発することはない。モータースポーツなどと違い、どんなに失敗しても怪我はしない。だから日常のスナップや近所の公園などでの撮影では、大胆な構図や露出などの色遣いを練習しておくとよい。時間と光の変化に余裕のある時に、試しておけば、いざというときその感覚や経験がよみがえり、視点とカメラ設定が瞬時にできる。写真はある意味スポーツ、いや武道に通じるものがある。鍛錬と道を極めるための心。Xシリーズは多くのプロフォトグラファーの経験に基づいて作られ、かつ進化している。きっとあなたが作品を進化させたい、そんな気持ちに答えてくれる。もうすぐ12月、冬の光は予想外のドラマをあなたに届けてくれる。そのためにも、日々の練習を忘れずに!!




Facebookの掲載原稿に作品を1点追加しました








by masabike | 2017-11-30 12:54 | 日本風景 | Comments(0)

ケーニヒス クローネ ウエルカムドリンク

f0050534_08491471.jpg
四国旅の最後は、神戸 三宮のホテル ケーニヒスクローネに泊まりました。ここはチェックインするとすぎにウエルカムドリンクがあります。ジュースとシャンパンが選べます。



f0050534_08492263.jpg











f0050534_08502587.jpg











f0050534_08502603.jpg









f0050534_08502574.jpg














f0050534_08502495.jpg
更にそのあと、しっかりしたデザートとアイスクリームまで出てきました。すべての食器にくまちゃんマーク。女子にはたまらないのでしょうね

f0050534_08502330.jpg



f0050534_08502654.jpg


しかも椅子のソファーもくまちゃんです。食べ終えたお皿からも。女子を連れて行くならお勧めのお宿かも?ケーヒスクローネ、クリスマスにお勧めです www

でもこれだけ、ウエルカムドリンク&スィーツが出てきたら、夕飯が入らないので、夕飯の予約を夜の8時にしました

楽しい神戸にお勧めのお宿です


















by masabike | 2017-11-30 08:59 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

街中 ウォンバット 池田市

f0050534_08294042.jpg

昨日、池田駅近くにランチに行った時に、街中で遊んでいるウォンバゥットを見つけました!!いったいどこで遊んでいるのでしょうか?




f0050534_08292882.jpg
FUJIFILM x30

何と池田市のポストの上にはウォンバットがいます。みなさんぜひ、池田に行ったらまちなかでウォンバゥットを探してみましょう

そこでちなみにランチですが・・・・・


f0050534_08325284.jpg

阪急池田駅下青冥 阪急池田店。ここの焼きそばは絶品でした。でも美味しすぎてビールが飲みたくなりました www





by masabike | 2017-11-30 08:45 | 写真展 | Comments(0)