2017年 11月 17日 ( 5 )

LUMIX G9Pro 色の時代

f0050534_08222170.jpg







f0050534_08223056.jpg


LUMIX G9 Pro+LEICA 42.5mm

昨日発表になったG9 Pro。色再現が大幅に向上しました。特に白が綺麗になり、白の抜けがクリアーで、従来のモデルで見られた白いお皿の濁った色が無くなりました。これで雪やブライダルの撮影でもjpeg撮って出しで使えます。さすがテレビやビデオでの色再現で培われた色のプロファイリングと技術を持ったメーカーさんと実感しました。そしてLEICA 42.5mm。G9Proは来年のCP+の大きな目玉になると痛感しました



色のプロファイリングというのは何十年もの経験値の積重ねです。日本のカメラメーカーはデジタル時代になりまで、富士フイルムを除き、フィルムを入れる箱を作っていたので、中身の色を作っていませんでした。富士フィルムがXシリーズを大成功できたのは、業務用レンズの技術の蓄積と、80年にわたる色のプロファイリングです。ですからテレビやビデオで色を作っていたパナソニックが色再現で、一気にライバルメーカーとの距離を縮め、台頭してきたのは、色づくりをしていたプロファイリングが大きいと感じます。フィルム時代、富士フイルムにするか、Kodakにするか、あるいはコニカにするか?デジタルカメラも、いよいよ本格的な色再現の強豪になると思います。どこが良いかではなく、どこのが自分の心の色にあうか?それを自問自答する時代です。ネット等でのカメラ対決テストでは比較できない、あるいはスペック競争が終わる時代が来たと昨日感じました。カメラは表現するための道具に時代が始まった





by masabike | 2017-11-17 08:30 | カメラ | Comments(0)

新東名高速 静岡SA

f0050534_07484660.jpg














f0050534_07485353.jpg








f0050534_07483929.jpg

FUJIFILM X30

大阪からの帰りは、地獄のような名古屋圏渋滞を抜けるのに2時間近くかかりました
この日は中央道集中工事と東名 関ケ原付近集中工事。道路情報でも新東名等に迂回を!!と言いながら迂回ルートの伊勢湾岸道で、やはり車線規制の工事で4キロ 渋滞を抜けるのに70分表示。どうして迂回ルートと工事を調整できないのか!疑問です。ネクスコ中日本、オペレーションがお役所仕事から抜けていない気がします

でも最近は名古屋圏の、事故や工事の渋滞がひどいです。西に行くときはいかに名古屋を上手に抜けるかがポイントです。いっそのこと、浜松からトンネルで名古屋をパスして、関ケ原まで行けるようにしてほしいです 爆


その大渋滞でおなかペコペコで、前回は浜松SAの餃子で痛い目を見たので、今回は静岡SAで麻婆定食。そこそこでした、とりあえず満腹にこれで1100円です




f0050534_07490466.jpg









f0050534_07490122.jpg
でも驚いたのが写真にあるとおりに、SAで田宮のTシャツやプラモデルも売っています。さすが模型の街です。Tシャツかなり買うかどうか迷いました






by masabike | 2017-11-17 07:57 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

湖北 20171113#4

f0050534_07414060.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm

派手さはないが、じっくり心に訴えてくる風景。じっくり見る心が必要と感じる




by masabike | 2017-11-17 07:45 | 日本風景 | Comments(0)

湖北 20171113#3

f0050534_07372439.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON50~140mm


日本の原風景と呼ばれる湖北。ここを撮るために一番大事で大切なことは、小さな変化と湖がもたらす湿度感を感じ取ること
Xのセンサーは湿度を感じ取ってくれる数少ないセンサーだと思う




by masabike | 2017-11-17 07:41 | 日本風景 | Comments(0)

神レンズ LEICA200mm+LUMIX G9

f0050534_23471555.jpg
LUMIX G9+LEICA200mm
海ほたるより横浜遠望


本日、LUMIX G9とLEICA200mmがパナソニックから発表された。GH5よりも静止画性能重視のモデル。そしてカラーもLモノクロームもよりブラッシュUPされている

特に今回発表されたLEICA200mmLUMIXのライカレンズで最高の画質だと思う。そしてその画質をサポートするのが、正確できちんとした、たてつけのレンズ。まじめに作られた、高い工作精度のおかげで、スペックデーターがスポイルされることなく100%発揮される。特にしっかりした三脚台座は強風の「海ほたる」でもフルサイズ換算400mmのレンズをしっかりホールドし、そのレンズのポテンシャルを充分活用してくれた

動物やスポーツだけではなく、風景や建築撮影にも新しい視点で使えるレンズ。フルサイズ400mmに比べて重量 体積も半分近くコンパクトになっている。日常使える400mmだ



f0050534_23581087.jpg
LEICA200mm+テレコンバーター1.4


LEICA200mmは1.4倍のテレコンが同梱されている。テレコンを使用しても画質の低下はほとんどない。夕方の斜光でもしっかりしたコントラストが得られる

僕だったらこのレンズで都内の建築、あるいはメカ物を撮りたい。ぜひこのLEICA Spiritのレンズお試しあれ





by masabike | 2017-11-17 00:03 | カメラ | Comments(0)