2017年 10月 23日 ( 1 )

メルボルンの思い出 オーストラリアGP

f0050534_09234368.jpg
FUJIFILM S5pro+Nikkor14~24mm

世界でいちばん住みやすいと言われているメルボルン。昨日はこのメルボルン郊外の、フィリップアイランドでMOTO GPのAustralia GPが行われた
2003年にここに僕はMOTO GPを見に行った。クライアントのおかげで、HONDAブースとパドックでGPを見ることが出来たのは一生の思い出となった

GPで一番驚いたのが、まさにGrand Prize。メルボルンの空港からサーキットまで"Welcome GP"のフラッグが立ち並び、沿道ではGPに行くバイクに多くの人が手を振っていた。朝、新聞を見るとTOPニュースが、当時 HONDAになるロッシがポールポジションを出したことだった。日本との環境の違いに驚いた。やはり世界のTOPスポーツということを実感するとともに、日本の野球偏重報道に悲しさを感じた。HONDA YAMAHA SUZUKI KAWASAKIと世界4大メーカーがあり、四輪もTOYOTA HONDA SUBARU  MAZUDA MITSUBISHI だどのモータースポーツをしていたメーカーもあり、これらのメーカーの広告費がメディアに投下される金額は天文学的であるのに、今まで新聞やテレビのTOPニュースにモータースポーツが常時取り上げられることもなく、選手が一般メディアに出ることはかなり稀だ。


フィジカル的には彼らは、野球選手などよりもよほどハードに鍛えている。そして強いメンタル(何せ失敗したら死ぬので)があるのに、もうしこし何とか母国日本で陽が当たるように、してもらいたい。昨日のAustralia GP、近年まれにみるサイドバイサドのデッドヒートで、HONDAマルケスが1位 YAMAHA ロッシが2位 YAMAHAビニャーレスが3位。個人的にはHONDAユーザですが、GPではいつも、家内ともどもロッシを応援しています。だから昨日はケガか復帰したロッシが2位すごくうれしかったです

やはりモータースポーツ 最高です







by masabike | 2017-10-23 09:41 | Motor Bike | Comments(0)