2017年 07月 31日 ( 5 )

佳人礼讃 ホテルオークラ

f0050534_14532420.jpg








f0050534_14532312.jpg

FUJIFILM X30

本日は昼下がりの情事でした・・・・笑 というのもホテルオークラで開かれた毎年夏の恒例の美術展の今年のタイトルが「佳人礼讃」和洋の多くの美人画が集まりました。よりどりみどりの美人でした。
個人的にとてもはっとした美人は、キスリングの「スペインの女」 こんな人に見つめられたら、付いていってしまいます。そして見とれてしまい。作品名と作者を見るとやはりと言うのが。東郷青児の「ナース像」 藤田嗣治の「時計と蝋燭立のまえの少女」でした。でも今回一番食い入るように見たのが鏑木清方の「七夕」でした。女性の髪の妖艶さが、素晴らしく手でとかして見たくなるような作品でした
ぜひ夏のひと時アートでお過ごしください



f0050534_14532281.jpg

主催者ご挨拶は東京国立博物館の銭谷館長さんでした


f0050534_14532239.jpg
そして乾杯のご発声が、日本赤十字社 代表の近衛忠輝氏、品格の良さと威厳がある方でした。今回の美術展の収益は赤十字のチャリティーに回すそうです。とても良いと思います。やはりアートの収益を赤十字や自然や動物保護に回すのは良いことです。僕もタスマニアの写真展の収益は自然保護に回しました。カメラマンは自然と持ちつ持たれつ、恩返しをすることを忘れてなりません
自然や動物は喋れません、喋る代わりに小さなシグナルを出しますそれを感じとり、恩返しすることは自然を撮る写真家の義務です

ちなみに高校時代に現国の先生から、佳人とは最上級の美しい素晴らしい女性と習いました。そのランキングは
佳人 秀麗 美人 ……以下省略と習いました。



f0050534_14532335.jpg






f0050534_14532292.jpg
そしてやはり花より団子? パーティーはオークラ名物のローストビーフ。今日はなぜか、普段甲殻類あまり食べませんが、今日は無性に食べたくなり、たらふくエビ退治しました。

展覧会は8月24日までです












by masabike | 2017-07-31 15:10 | 写真アート | Comments(0)

名取 希望

f0050534_09220781.jpg











f0050534_09331258.jpg






Nikon D5+Nikkor24~70mm

閖上の浜の夕方 地元の若者が浜を散歩して釣り人たちと楽しそうに会話をしている。会話、人の息吹 この大地にも力が戻りつつありシャッターを押しながら微笑んでしまった。
今 セコムホームライフ グローリオレジデンス 名取駅前名取駅前物件のプロモーションで名取を撮影し続けております。そして名取を撮るには、地元名取が生んだ世界のブランド ニコンで撮ります。そしてどうせとるならばフラッグシップD5です。名取にあるニコン仙台工場ではD5を含め多くのニコン基幹商品が作られています

ぜひ名取のパワーを感じていただければと存じます






by masabike | 2017-07-31 09:33 | イベント | Comments(0)

富士フォトギャラリー 銀座 山口晴久 写真展

f0050534_07362366.jpg


いよいよ8月、8月4日から山口晴久さんのモノクロームのコンセプト中心の写真展が、銀座1丁目 富士フォトギャラリーで始まります。撮る前の哲学、物の見方の大切さをぜひご覧ください。またただ彩度を上げればよいとおもっている方、淡いトーンの大切さもご覧ください



by masabike | 2017-07-31 07:46 | 写真展 | Comments(0)

雨遊び 小石川植物園 3

f0050534_07375403.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON 56mm

いつもの風景の撮影では10~24mm 16mm Touit50Mが多かったが、今回はFUJINON56&90mmでまとめてみました

レンズの選択を変えると気分も変わります








by masabike | 2017-07-31 07:43 | Tokyo City | Comments(0)

雨遊び 小石川植物園 2

f0050534_07375330.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON56mm アスペクト 16:9


足元、あるいは通り過ぎたところにいろいろ思い白いものがある。雨の日はロングが撮りにくい分、細かい近距離の観察が大事になる





by masabike | 2017-07-31 07:40 | Tokyo City | Comments(0)