2015年 01月 30日 ( 5 )

マニラでスパニッシュレストラン&FUJIFILM X30デビュー

f0050534_23370005.jpg

FUJIFILM X30

今回のマニラでは突然、X30デビューです。スーパーマクロモードなかなか素晴らしいです。でもやはりなんといってもカラーバランスです。名ばかりのデジイチはかなわないです

そしてそれからは・・・・

f0050534_23373055.jpg
f0050534_23370170.jpg
f0050534_23370146.jpg
f0050534_23370142.jpg
f0050534_23370182.jpg
f0050534_23370164.jpg
f0050534_23370022.jpg

f0050534_23370148.jpg
スペイン料理オンパレードです。特に美味しかったのは、4番目のウナギの稚魚の料理とパエリアです。マニラは面白いところです。みなさん超ポジティブシンキングです。日本人も見習いたい点です。世の中お金だけじゃないよ、パッションだよ!!!そんなとこです


カールツァイスOtus55mm




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-01-30 23:42 | 美味しい食べ物 | Comments(2)

JALのランチ

f0050534_23324961.jpg

FUJIFILM X-T1+35mm



マニラまでのフライトは久しぶりのJAL国際線です。予想はしていたけど、やはり日本人客の中で僕だけがCAさんから英語で話しかけられました。「英語ができません」と英語でいうと「スパニッシュですか?」と聞かれさらに困りました(笑)
でもJALのランチはかなり充実でした。でもカンタスさんのエコノミーみたいにメニューが選べないのが残念でした。味付けはでもおいしかったですよ





30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-01-30 23:35 | | Comments(2)

驚きのフィリピン Day1

f0050534_22523046.jpg
FUJIFILM X-T1


みぞれ混じりの成田から4時間半で常夏のフィリピン・マニラにつきました。でも心地よい暑さです


f0050534_22523020.jpg

ホリディ・インのコンプレックスでもようされているフィリピンカメラショウの会場です。明日はこのイベントの一環でトークショウいたします










f0050534_22523080.jpg


そして明日の午後は、フォトアワードアジアの中でワークショップを行います、でもそこで何と!!!!


f0050534_22523152.jpg

現地オーガナイザーはこんなもの、用意していました。驚きです。でも皆さんフレンドリーです。右から2人目は富士フイルムフィリピンの前田さんです。今回の僕のおもり役さんですお世話になります





30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-01-30 22:57 | | Comments(0)

FUJIFILM Xシリーズ facebookより

【和の「写心」By






Masaaki Aihara】

「冬夜惑星図」 北海道 湧別町 竜宮岬

FUJIFILM X-E1 + FUJINON XF14mm/2.8
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

深夜の流氷原。十六夜の月がこうこうと輝く。果てしない氷原と満天の星。
完全防寒装備でこの表現を眺めていると自分が冥王星かどこかほかの惑星にいる錯覚に陥る。ファインダーを覗いていると自分が地球にいることを忘れる。自分の頭の上に宇宙が存在していることを感じる。こんな時に撮っているのではなく、この星の大いなる意思に撮らされている気がする。その意思と、心の無い機械であるはずのカメラがシンクロしてくれている。 心に感じた世界がそのままカメラが映像化してくれている。Xシリーズは数字のスペックに出ないところが一番すごい。いろいろなデジタルカメラが存在するが、僕の心の中をそのままストレートに表現してくれるのはXシリーズしかない。

色と光の匠たちが作り出してくれた、センサーとエンジン。この色と空気感をRAW現像で画像処理ソフトを用いて作り上げることは不可能というか、風車に戦いを挑むドンキホーテに等しい行為だと思う。僕らに求められるのは、画像処理ではなく、心の中のイメージした光を見つけることだ。そしてその光を適切な画角のレンズで把握し、シャッターを押して捕獲すること。それがすべてだ。世界中の、いや宇宙の未知なる光を捕獲できるのはXしかないと思う。きっと僕は宇宙の果て、光の消えゆく彼方までXとともに旅を続けると確信する。

 
Photography by Masaaki Aihara
http://fujifilm-x.com/photographers/ja/masaaki_aihara_07/
http://aiharap.exblog.jp/


by masabike | 2015-01-30 08:28 | 日本風景 | Comments(2)

風雪

f0050534_08154875.jpg
FUJIFILM X-T1+50~140mm


厳しい風雪の吹き付ける崖に命の強さを見せていただいた
FUJINON50~140mmは繊細でかつ力強い線を再現してくれる。日本画的な作品を撮るときには使いたくなるレンズだ。これで建築やバイクなどのメカモノのモノクロの作品を撮ってみたい



30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-01-30 08:18 | 日本風景 | Comments(0)