琵琶湖 黎明20170830

f0050534_07250547.jpg

FUJIFILM GFX+FUJINON23mm


今、富士フイルムスクエアで展示中の「美しい風景写真100人展」の作品とカット違いの作品。展示作品はNikon F6+Nikkor14~24mmですが、同じ時間帯ですと、フィルムでの作品は露光時間が1分を超えてしまいます。相反不規がでて露光時間はさらに伸びる可能性がありました。そうすると露光中に夜明け前の光の状態が変ってしまうので、デジタルにしました。ISOは400でした。

そして黎明の淡いピンクが空にのってきた時に、その柔らかさを出すためにフィルムに変更しました。フィルムとデジタル、どちらが良いかと聞かれます。でもそれは間違いです。2つの表現方法はまるで異なります。僕はその状況に一番自分のひぉゆげんが近いメディアを選び撮影したいと思います。これはデジタルカメラの種類も同じです。デジタルになり、各メーカーあるいは機種ごとに異なる特色が出ています。フィルム時代が万能カメラが多かったですが、デジタルになりよりメーカーの哲学が出てきたと思います。仕事で使うので、被写体別に機材は選択しています。


アマチュアの方には難しいと思いますが、プロなのでなるべく満足が行く機材を選びたいと思います


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね






by masabike | 2017-12-25 07:35 | 日本風景 | Comments(0)
<< 紅白図 店にサンタが やってきた ya... >>