和歌山大学 観光学部講演 公開講座(仮称)のご案内

f0050534_22410542.jpg








f0050534_22410449.jpg











f0050534_22401872.jpg











f0050534_22401751.jpg

今年最後のイベントのご案内です

12月20日 16時半より 和歌山大学 観光学部 で講演会をいたします。この講演(授業)を外部の一般の方にも開放いたします

公開講座 実施日 12月20日 16時30~18時30分 終了延長の予定あり

開催場所 国立和歌山大学 観光学部

講演タイトル 光と色の処方箋


観光業、並びに観光広報広告のための写真のありかた。画像とPhotographyの違い。などなどインスタ映えする写真が本当に、良い写真なのだろうか?あるいはレタッチって本当に必要?今の写真の在り方に疑問を持つ方にお応えする公開講座です


2時間に渡り作品をお見せし、質疑応答を交えて行う公開講座です。ただし現状では外部参加者の討論&質疑応答に参加できるかは現在、検討中です
写真教室ではなく、メディアとしての写真の立場からお話する点も多くなると思います。8年間にわたる広告代理店AEの経験にもとずいたお話も致します



参加方法ならびに予約 お問い合わせは先  参加定員 など後日詳細を、ブログ並びにFBでお知らせいたします。




ブログランキング応援クリックお願いします。下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-07 22:53 | トークショー | Comments(0)
<< スペックに出ないことの大切さ 小石川植物園 紅葉撮影ワークショップ >>